リチャードジュリアン

リチャードジュリアンのライブ 先日 丸の内コットンクラブに見に行って来ました。
こないだも ベンシドランとジョージフェイムの共演ライブ コットンクラブで観たのですが、実にいいライブホールです。
大きさが 丁度いい。
ブルーノートみたいに ガチャガチャしてなくて、 どの席に座っても ミュージシャン達の表情がみてとれて、で 何より他のライブホールと違うのは、 客が 他の客を見て暖かい気持ちになれる おそらく ステージに立っているミュージシャンも 客の表情が見える 見たくなるよな 不思議なオーラ コットンクラブは持ってます。

言葉では 説明しにくいのですが、実際 行くと解ると思います。
一体感あります。
東京の中心なのに 夜はひっそりしてること。
店の内装が 暖かいこと。ホッパーの絵画みたいです。 茶色がたくさんに、緑と赤 少し 黄色。
店員が 感じいいこと。
ブルーノート系と 曼陀羅系は ほんと すばらしい!

あと 飲み物 食べ物 高いのですが とてもちゃんとしていること。

まぁ すばらしい 夜でした。
で リチャードジュリアン 相変わらず 媚びがなく 男気ありました。
ジェシーハリスの曲の方が 僕は好きですが、 ステージでみたいと思わせる 花 があるのは リチャードジュリアンの方です。

で またまた ドラムの DanReiserに やられました。
歌いまくり!ほぼブラシでしたが、 なのに リズム滅茶苦茶タイト、おやっ?っていう瞬間全くなし!
これみよがしな技 いっさいなし!
そして あまりの 曲への 集中力 大正解の解釈 遊び心 ジャズマンの自由に レボンヘルムな歌心、僕は釘付けでした。
で あらためて 思ったのは リズムはタイトであるべきで タイムキープはしっかり、そして ミスは醜いということです。

どんなに ハートがあっても そこは 失ってはいけない! ドラマーの仕事です。
再確認!

で 今 会場で買った リチャードジュリアン本人 持ち込みの メジャーデビュー前の インディーズ ファーストアルバム 2002年にでた Good Life 聴いてます。
ぶれてません。

プロデュースは ブラッドジョーンズ!さずがに しっかりしてます。
少し ポップロックなアレンジもあり。
明るい。
いい曲いっぱい 入ってます。


で 昨日 久々にプールに行って 游いできました。
最近 無性に 体 動かしたいのです。

ブヨブヨした 自分の体が ホント ダサく感じ、醜いと!
ここ数年、男たるもの、見た目より 中身でしょ!
と思っていたのですが、やはり 見かけも大事!
何より 自分が 自分の見かけが嫌いなんだから!
それは 治さないと 精神上 よくないと!

しばらく がんばります。歩く、自転車、泳ぐ、この3つだけですが。ガソリンも高いし。で、 運動すると 素直に 気持ちいいし、前向きになれますね。
そして 水の中は、僕の居場所だと 昨日 潜った瞬間に感じました。
自転車に乗るように 泳ぐ事は とても 自然で 下手になっておらず いつでも 僕の心を無邪気にさせてくれます。
やはり 前世は〓かも。
アメンボくらいだと思いますが。

今日も游いできました。 泳ぐと 今 自分のどこが 悪いのかと 教えてくれます。
膝 肘 腰 背中 心臓?

長時間 泳いでると、 自分が 今 一番 弱ってる場所が、 疲れてきたり 痛み出します。

泳ぎは 体の不調箇所を知らせる、いい警告灯の役目にもなってくれます。

おやすみなさい。
[PR]
by to-ru_drum | 2008-06-11 02:17


<< 体調 きたー!ベニーシングス! >>