<   2011年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

c0088941_2254677.jpg

今日は ドラム界の 神?
スティーブ・ガッド見に行きました。

元気もらいました。
やる気も。


ガッド見に行くのは、プレイうんぬんより、あの集中力、気合、感じたいのです。

グループも テクニックも 勿論凄いのですが。


いやぁ。
今日も 良かった。


ダイナミクスの凄いこと!
繊細かつ豪快。


今日は マリンバ奏者 よしだみか さんの ライブで、スティーブ・ガッドや、エディ・ゴメスが来日。

彼女が 昨日 スティーブ・ガッドと ジョギングしてた時、ガッドが、走るの遅いから、先にいってしまったら。、
後で ガッドに怒られたそうです。

一緒に いなきゃあ駄目だと。一緒に、側で、はしんなきゃあ!と。
先に行ってはいけない!

音楽も おんなじだと。


うーん、深い。

リズムの話しとしても 捉えられるけど、普段の ミュージシャンとしての
生活姿勢の話のように 僕は とらえました。


バンド仲間は、やはり、移動も 楽屋も 御飯も、ステージも、飲みも、なるべく一緒にいなきゃあ!


僕は 群れるのは 嫌いで、わりと 一人でいる時間 持ちたいタイプですが、最近 ライブの日は、皆と なるべく一緒にいるようにしています。

やっぱり 演奏も 違ってきますよ。

絶対。



昨日は、若林カフェシャンディにて、尾上サトシ君のライブやりました。

来てくださった方々 ありがとうございました!

満員御礼 ソールド・アウト!

おのちゃん 凄い人気者。

で、15時から 26時くらいまで ずっーと メンバー 一緒。

でも 居心地がいい。

おのちゃん せりちゃん まるちゃん 三人とも、演奏も人柄も素晴らしすぎ!

それに スタッフの かとう君 てつや くぶき なかしま君に、オーナーの、しのぶちゃんに、息子の、はやと君。

ビデオの、いしはたさんに、客で来てくれた ミュージシャンの、こいちゃん、りょうちゃん、ひろんちゃん、
仲間にも、本当に、ありがとうございましたです。

良き ボサノバな1日でした。



で、今日は 出ました 僕が大好きな、アメリカな 女性シンガー・ソング・ライター、 コルビー・キャレイの三枚目
All of You。

最初は、あまりに明るく ヒップ・ホップというか 打ち込み リズムで 少し戸惑いました。

やはり あの名盤 一枚目 CoCo な イメージ求めてしまいます。

女性版ジヤック・ジョンソン。


しかし、聞けば 聞くほど 今回のアルバムも あり!あり!

生ドラムの 曲は、やはり コルビー・キャレイには、ビクター・インドゥーリオ 最強!最高!

スティーブ・ガッド見に行った夜に 言うのもなんですが、僕は ビクター・インドゥーリオみたいな ドラミングが、今は一番好き。

すみません!

でも 自分の旬は 譲れません。

感覚なんです。


しかし、このての 女性シンガー・ソング・ライターでは、コルビー・キャレイが 今は一番 曲が良いと思います。

皆さん 三枚とも 全ていいですから 一度 聴いてみてください。

写真の 真ん中が 最新作。

左側 一枚目の CoCo。

右側が、二枚目のBreakthrough!。

常に 明るく 清純 前向き ラブラブな 音楽ですが、裏はないの?とは思いたくもありません。 いいんです。

それで!
[PR]
by to-ru_drum | 2011-08-30 02:25

欠けてたケーキ

c0088941_0104087.jpg

昨晩 家に 帰ってきたら
嫁さんが、冷蔵庫に ケーキあるから、食べていいよー!

じゃあ 明日 食べよかっかなぁー!

なんて 思ってて。


で、今朝 食べようと 冷蔵庫から出してきたら、

なんと 誰かが 少し かじった? のか 欠けてました。。。


なんだか 微笑ましくて 一人で クスッと 笑ってしまいました。
というか にやけて、しまいました。


多分 嫁さんか 娘が、少し 味見したくて ひとかけら 食べたんだと思います。


こういうの 僕は 好きなんです。

ちょっとした 可愛くて 笑えること。


道で 前 歩いている 子供の会話とか、友達の ちょっとした失敗談とか、散歩から帰って来たのに まだ 家に入りたくなくて、必死で踏ん張っている犬とか、
トイレしている最中に 僕と目があってしまった猫の顔とか。


こんなことが、1日に 一回でもあって、クスッてできたら、その日は、かなり 幸せです。


そんな日が、毎日続けば いいわけで。
[PR]
by to-ru_drum | 2011-08-28 00:10

最先端シンガー・ソング・ライター

c0088941_133595.jpg

今まさに 旬な 現在進行形なシンガー・ソング・ライター逹。
スファン・スティーブンスが、その代表だとは 思いますが、最近 良かった 最先端シンガー・ソング・ライター二人 紹介します。

写真の 左側 ボン・イベールの 二作目 Bon Iver。

一曲目の 出だしから やられました。

泣けてきます。

音だけで。


幽閉としてて 静かで ひんやりしてて。

裏声のようでいながら、暖かみがあり、少し 泣きそうな声。

ビートは、基本 二拍 四拍に スネアが常にある 凡庸な曲は殆んどありません。

アーケード・フィアーや、フリート・フォクシーズ、皆 そんな リズム作りしてきます。


いゃあ しかし 素晴らしいです。

ボン・イベール。本名ジャスティン・ウ゛ァーノン。 なにしろ 丁寧。
本当 丁寧。

コーラス いろんな楽器 それも かなり 生音 生楽器逹が 入り乱れて 立ち入っては 立ち去って。

その音逹が、 入ってくる入口、出ていく出口に、気品が 常にあります。

SEも多用。

意味がある SE。


外は寒々としてるのに、心が 凛としているから、 温かい。

アイスランドのシガー・ロスのアルバムや、ヨンシーの ソロ・アルバムなんかを 思い出しました。


やられました。

こういうの聞くと 今まで 自分は何を作ってきたんだろう?と反省してしまいます。 ただ 音楽好きなリスナーで、その経験 蓄積から、自分だけの オリジナル作品 何にも作ってないじゃない!

僕はドラマーではありますが、
凄い作品を聴くと、いつも そんな 飢餓感 危機感を、感じ、 考えてしまいます。

たった 一度の人生 自分一人の世界観だけで 練り上げた作品 やはり 作りたい です。

ドラムは 関係なく。


このアルバムは、三年 自宅スタジオで 練り上げたアルバムのようです。

スファン・スティーブンスのような 爆発的な才気とは違う、
歌詞 想い 情景に 寄り添える音 ひたすら 探して 当てはめていった 地味な才気?感じます。

名盤誕生!



で、これまた 凄いアルバム、
アイアン&ワインの 最新作
キス・イーチ・アザー・クリーン。

アイアン&ワインは、実は サム・ビームという アメリカ、オースティン出身の シンガー・ソング・ライターの別名プロジェクト。

なんとも マニアックで箱庭的でもありながら、ポップ!

ブリンスの、フォーキーなアコースティックポップ版。

少しヨレギミで、呼吸していますな生演奏主体、 コーラスは 70年代的な ハッピー、ハッビー!


一個、一個の音が、ローファイだけど、とても、いい音。


まぁ しかし、ボン・イベールも サム・ビームも 歌が、歌声が、やはり いいです。

二人とも 決して 声を張り上げ 歌い上げるタイプではありませんが。

声が 紳士。
タイプ的には ロバート・ワイアットの世界観。



アイアン&ワインの 今回のアルバムは、少し エスニックな要素もあり、少し ボール・サイモン的な曲あり。

ちなみに ボール・サイモンの新譜 かなり いいです!バリバリ現役感 今回のアルバム感じました。


アイアン\ワインが、キャレキシコと共演した 2006年のアルバム、In the Rain も 渋い アメリカーナ ルーツ オルタナ アルバムでした。
常に、ベダル・スチールが鳴っているよな、カントリー、フォーキーなイメージですが、どこか、怪しい。

フリー・フォーク、フリーク!フォーク。
ザ・バンドの ような曲逹が 少し 捻れていました。


それが、今回のアルバムで 納得。

やはり、サム・ビーム、アイアン&ワインの 頭の中は こんなことになってたんだ!



今回のアルバムは、中期フリートウッドマックと 70年代エルトン・ジョン 意識したとのこと。

たしかに。

でも 僕は ファンク 感じます。


今日は、偶然ですが、エルトン・ジョンの 1975年のキャプテン・ファンタスティックと 2004年にでた43作目のアルバム ピーチツリー・ロード 移動中の車で 聞いていました。

30年の月日の流れ 関係なく 似たような世界観。音。演奏。びっくりしました!二枚とも、 以外と地味で バラード主体。

で、かなり アメリカ、な 音。カントリー、リズム&ブルースが、ルーツです!な曲に演奏。 で、歌詞が 大切。

曲は ハーニー・トゥピンとエルトン・ジョンの共作。

ドラムは、ナイジェル・オルスン!グレート。
まるで ラス・カンケルのイギリス版。

ギターは、ダベイ・ジョンストン。

30年たっても やはり おんなじ グルーウ゛ 世界観、匂い。

人って 変わんないもんですね。


少し感動。

最近のエルトン・ジョンは、イマイチ と いう人 多いと思いますが、この ピーチツリー・ロード しんみり とても いいですよ。

ヒット曲狙いはないですが、染みます。
[PR]
by to-ru_drum | 2011-08-27 01:33

ギター

c0088941_1434651.jpg

僕が 好きな ギタリスト 二人。

パット・メセニーと ビル・フリーゼルの 新譜 紹介します。

写真の左側 パット・メセニーの新譜
What's it all about。

有名曲のカバーを アコースティック・ギターのみで。

あまりに ベタな曲ばかりですが、 これが、素晴らしいカバー演奏になっています。

バリトン・ギターが殆んどのような。

温かい音。

サイモン&ガーファンクルの サウンド・オブ・サイレンス。

僕が大好きな アソシエーションの チェリッシュ!超名曲!

バカラックのアルフィーに、ベンチャーズのパイプ・ライン!

ジョビンのイパネマの娘に、カーペンターズで お馴染みの
雨の日と月曜日は。

カーリー・サイモンに、ヘンリー・マンシーニに、スタイリクティクスに ビートルズ。


全体的には 悲しげな 静かなアルバムですが、光が スッーと 射し込むよな、慈悲深い 世界観。

ヨカデス!



で 右側のアルバムが、ビル・フリーゼル&ビニシウス・カントゥアリアの、昨年でたアルバム ラグリマス・メシカーナスです。


これは、素晴らしい 歌ものアルバムになっています。

この手の ブラジリアン ボサノバテイストなアルバムは、だいたい カバーが多いのです。

ジョビン、ジョアン・ジルベルト、 イバン・リンス、カエターノ、等。

しかし このアルバムは、二人のオリジナル。

なのに とてもメロディーが美しくて、ポップ。

インストも 歌ものも、普遍的に 歌い継がれそうな 名曲 いっぱい!

たった二人で作ったアルバムですが、ビニシウス・カントゥアリアは、ギターも パーカッションも 歌も 凄腕なので 完璧な多重録音になっています。

ビル・フリーゼルの 怪しいループも 随所に見え隠れして オルタナ感もあり!


ビニシウス・カントゥアリアは、もともとは、ドラマーなのに。
彼の ソロ・アルバムも 素晴らしいので、また紹介しまーす。


こんなに 名曲づくしな この手のアルバムは、2009年にでた イタリアのシンガー・ソング・ライター、ジョー・バルビエリの 夢のような家で、君と!という邦題のアルバム以来かも。
[PR]
by to-ru_drum | 2011-08-25 01:43

ブルックリン系

c0088941_15582542.jpg

今日は、ブルックリン系?バンド、MGMT の 昨年でたセカンドアルバム、
コングラチュレイションズ。

写真の 右側。

ガレージロック、ニュー・ウェイブ、 サイケ、バロック・ロック、テクノ、ワールド・ミュージック。

とりあえず ごちゃ混ぜで、ドリーミーで、アマチュアっぽい、楽器の技巧ではなく、組み合わせ、ムードが大切。


このあたりが、僕が、ブルックリン系と 言われているバンドの 好きな所。

アソシエイションズや、カート・ベッチャーみたいな 6曲目、シベリアン・ブレイクス、かなり、転調 リズム 変態で、たまりません。
7曲目は、曲名が、ブライアン・イーノ!

このアルバムには、ロキシー・ミュージックな曲 二曲入っていますが、かなり、バンドメンバーは、ロキシー・ミュージック、ブライアン・イーノ 好きみたいです。

まぁ 面白いバンドなのです。

MGMT。



で、写真の 左側が

そのブライアン・イーノの 最新作

Drums Between the Bells。

歌のメロディはなく 詩の朗読が 入っていますが、 うたもの として 聞けます。


でも 声無しの スペシャルバージョンの CDもあるみたい。

正直 そちらの方が 聞きたかったかも。



ぐらいに なんとも 音の 余韻が、美しいのです。

音を出すまでよりも、出した後の事を 大切にしている音楽です。


少し前に 母と 教会で ミサに出た時。

神父さんの 説教が、

旧約聖書についてで。


で、旧約聖書 ユダヤ人の 考え方は、過去を振り返りながら 過去を見ながら 前に進む思想が、基本にある!という 話しでした。

体は 後ろ向きなんだけど、進行方向に歩く感じ。

よく 部活で やらされた あれです・

で、その後、普段、ドラムと格闘している僕は、
思いました。
なるほど!!


演奏も一緒だと。


ついつい 音を出すまでに 必死になりすぎて、

今、自分が 出した 奏でた 叩いた 音が、その後 回りの音と どう混ざり合い、響き合っているかを 確かめずに、もう 次の音出してる、奏でちゃう。
やりっぱなし。


勿論 ドラムだったら、バスドラ踏み スネア ここでしょ!
あいだは、ハイハットで、上手くつないで!

確かに そこも大事ですが、


バスドラ踏んだ、ドスッ。

この音が、他の演奏と、どう馴染み、どう響いてるかな?いい感じかな?と 思いきや もう スネアの叩く時間だ!

タンッ!


この タンッ! 回りと 溶け込んでるかな?混ざり合っているかな?

ハイハットの余韻、今、この瞬間、回りの演奏に、溶け込み、推進力になり得てるだろうか?
わぁ!もう バスドラ踏む時間だ!

ドスッ!


この 繰り返し。

が、いい!


最初 こういう気持ちで、演奏したら、考え、感じてる間に 次の音符 叩くの遅れるんじゃないかな?
という 恐れ ありましたが、

意外と そんなことはなく

ストン

と、いい場所に 体が勝手に 反応。


そのために 普段 練習しているわけで。
体は 勝手に動いてしまうのです。



こんな 気持ちで 演奏 常にできれば 本当は、いいのですが、実際は なかなか難しい。

精神的に 余裕があり、自信があり、回りへの愛がないと なかなか 。。


でも この考え方を 指針に置くことができただけでも 良かったと 思っています。


普段の 生活も おんなじですから。

自分の 言動 態度 表情 に、責任を持ち、自分がいることで、回りの人達が、いい気持ち、楽な気持ち 幸せな感じに、なってくれる事が、

まぁ 僕の生きている意味だと 思います。



来月 僕は 50歳に なります。

最近 つくづく思うのですが、いい年こいてまで ミュージシャンやっている仲間 連中 本当に いい奴ばかり!

とりあえず 皆 優しい。
人のミスを 責めず

いや 人のミスは、自分の責任のように言い、かばい 影ながら、励ます。


たまに 一般の人達の ひどい言葉や 態度に びっくり することがあります。
そんな風に 言っては ダメ!おしまいになるよ!
みたいに 感じること あります。

そういう人は、本当には 自分の仕事と戦っていない人だと思います。


僕が 甘いのかもしれませんが。


こんなに 年取ってるわりには 劇的に下手くそな僕と、 普段 一緒に演奏してくれている 優しい仲間に、今よりも 少しでも 気持ち良くなってもらえるように!

僕は ドラム 練習しないと!です。

勿論 自分のために も大切ですが、
最近は、仲間への感謝や、お客さんへの感謝や、

なんだか そんな 仙人のような 気持ちも 少しでてきました。

もう 死期が近いのかも? 冗談ですが、

そんなこと考える 年頃なのでしょうか?

50歳。


ブライアン・イーノの音の 余韻の美しさから、話が こんなに とんでしまいました。

でも ブライアン・イーノの音楽は 人に 何かを考えさせるのです。
考えさせてくれる 隙間も 用意してくれているんですね。きっと。ブライアン・イーノ。
[PR]
by to-ru_drum | 2011-08-24 15:58

シスターズ

c0088941_154143.jpg

今日は 凄い 天気でしたね。
外は 涼しいくらいです。

今日は 二組の 女性コーラス・グループを。

写真の右側が 昨年でた ザ・シークレット・シスターズのファースト。

古いカントリーソングや、トラデイショナルを 歌う姉妹二人組。

ビル・モンローや、ハンク・ウィリアムスの曲に混じって 彼女達のオリジナルも入っていますが 違和感なし。


まぁ アメリカ・カントリー側からの キティー・デイジー・ルイスみたいな存在かも。

ムードは、素朴なカントリーで、ヒネリは一切なしですが、心 洗われます。

とても ビュアな声、ハーモニーな 二人組。



で、写真の左側が イナラ・ジョーンズが 参加している ザ・リビング・シスターズの 昨年でたファーストアルバム 、Love to Live。

シークレットシスターズよりは、ソウル色あり、ドリーミー。

で、少し 怪しい感じも オルタナ感もあり。

でも 曲は 至って レトロな 三人の オリジナル。

でも、ベッシー・スミスのカバーもあったりします。


本当 時代は レトロ・ブーム。
というか 感覚が 合うんですね。やっぱり 今の僕らの気持ちと。


ラファエル・サティークの新譜、素晴らしいのですが、これも レトロ ロッキン・ソウル!

死んじゃったけど、エイミー・ワインハウスや、マデリン・ペルーや、勿論 キティー・デイジー・ルイスなんかも。

1940年代 50年代 で
まだハネたそうな初期ロキン・ロールに、熱いころのローリングソウル。



で、僕的に、最近の好みは、この路線以外には、

フォーキ−なソウル。

例えば、ビル・ウィザーズの流れを持つ エイモス・リー。


ディスコな甦り。ブラコン的なアレンジ復活。

ジャミロクワイの素晴らしい新譜、ゴンザレス。エレック・ベネイの新譜。



A&M的な 中庸ポップスサウンドやっぱりいい!、
ルーマーや、ニッキ・ジーン。

他には、ブルックリン系?、70年後期から680年代、ニュー・ウェイブな雰囲気もったバンド。。。。。あとは、やはり 津々 深々 シンシン とした音楽。

ギリアン・ウェルチの新譜や 最近の イノセンス・マカミッション、イーダや、国は違え シガー・ロス。

ちなみに、シガー・ロスの ドキュメンタリー映像DVD ヘイマ 感動しますよ。

バンドをやること 音楽に生きることの 素晴らしさ。この シガー・ロスのメンバーの姿勢みて、また やる気 出させてもらいました。


最近みた ライブDVDの中では、

フリー・フォーエバーも良かったし、レボン・ヘルムのライブ、ニール・ヤングの トリビュート・ライブも。

で、シェリル・クロウの最新ライブDVD これは 凄い!

ばんます、ドイル・ブランボール 超クール!

そして、ドラムの ビクター・インドゥーリオ!
あなたが、今、世界で 一番 ドライブしています!



話がそれましたが、

リビングシスターズ 聞けば 聞くほど はまりますよ。。


しかし、イナラ・ジョーンズって、なにやっても センスいい。

ザ・バード・&ザー・ビーのライブ映像みてください。

なんか 雰囲気美人です。

ギターもっても さまになるし、キッチュで、カラフルで、ドリーミーで、天然なのに 少し セクシー?です。


イナラ・ジョーンズの ソロ・アルバムは、生々しくて これまた めちゃくちゃよいです。



あと この系列だと、

She&Himの 昨年でたアルバム、volume two 。

このバンドは、ユー・チューブで、プロモ・ビデオや、ライブ映像みてください。


CDで 聴く以上の オーラ 魅力あります。


この 二人組は 実は、渋いシンガー・ソングライター マット・ウォードが、女優 ズーイー・デシャネルの書いた曲をやる!な 二人組。

いいですよ。


あぁ しかし 眠い。

娘が、受験勉強中な ここ最近。

やはり 追い込みで 夜中 2時 3時まで、勉強しています。

なかなか 先に 寝るのは、可愛そうだから 僕も 毎晩 必死に 起きています。よっぽどのことがないかぎり、娘が、布団に入るの見届けて、おやすみ、って言うようにしています。僕が、ふとんに入るときは、娘は、スヤスヤ
熟睡しています。
かなり 体調的には 僕も 辛いのですが、娘は、もっと 辛いはず。

僕よりも 早起きしていますから。


あと 半年 頑張るぞ!!

おやすみなさい。
[PR]
by to-ru_drum | 2011-08-20 01:54

間違い

c0088941_005986.jpg

昨晩のブログ、写真の説明、間違いでした。写真の左側が、ニッキー・ミナージュの 昨年でた デビューアルバム、ピンク・フライデーです。


写真の 右側が、ジョス・ストーンの つい最近でた 五枚目のアルバム。LP1

でした。

すみません。

最近は、 夜 家に 帰り お風呂はいった後、 まずは、オリックスの 録画したビデオ見る!が、習慣です。

昨日の 延長 サヨナラ 思わず テレビの前で、よっしゃー!と 小さく 叫んでしまいました。

勿論 椅子からは、立ち上がって。


今日は、月曜日 試合なし。
なんだか 寂しい。
[PR]
by to-ru_drum | 2011-08-16 00:00

ニッキー

c0088941_265251.jpg

写真の右側が、判りにくいですが、ニッキー・ミナージュの 昨年でた デビューアルバム、ピンク・フライデーです。

僕は ラップや、ヒップ・ホップ そんなには 詳しくないし、あんまり 聴かないのですが、
ニッキー・ミナージュのデビューアルバムは、大好き。

元気がでます。

なんか 切れがいい!
音も 本人の歌も ラップも。

ぱっつん ぱっつん!

いつも 持ち歩いて、たまに、スタジオで、大音量でながしながら、一緒にドラム叩いています。。



写真の 左側が、ジョス・ストーンの つい最近でた 五枚目のアルバム。LP1、 という題名

ジョス・ストーン 大好きで 特に ファーストは、最高!

今回は、なんと プロデュースが、デイウ゛・スチュアート!

ドラムは、ニール・ヤンクのアルバムにも参加していたりする 白人ドラマー チャド・クロウエル。

一曲目から ジョス・ストーンも バンドも全快です。

ジョス・ストーン 最初の頃は マイアミ・ソウル、で、だんだん メンフィスな感じ。

チャド・クロウエルは、弾けた アル・ジャクソンなドラミング。


白人ドラマーが、ソウル大好きなくらいのドラミングが、僕には 粘りけが 丁度いいのです。

黒人ドラマーが、ソウル大好きだと 弾けすぎて なんだか 大道芸的に思え 軽い リズムになってしまうような。

僕の 趣味ですが。


ジョス・ストーン 今回も 相変わらず 歌 若いのに ふかーい です。

ただ 節回しの巧い 若いボーカリストとは、違う気がします。

エイミー・ワインハウスみたいに 早死にしないで!ジョス・ストーン!

大丈夫とは思いますが。
[PR]
by to-ru_drum | 2011-08-15 02:06

大物新人?

c0088941_2433115.jpg

今日の オススメアルバムは、ニッキー・ジーンの ファースト・アルバム Pennies in a Jar。

彼女は、ピアノ弾き語り系な シンガー。

ライブとか見ると まだ 荒い?緊張していますが、 可愛い。
少し アジアが入ったような 顔立ちしています。



ただ このアルバムのいいのは、曲。
バリバリ有名な 作曲家が ニッキー・ジーンと曲を一緒に作るなアルバムなのです。。詞がニッキー・ジーンと思いますが・

どの曲も その作家達のカラーが、もろ!出ていて、良い 良い。

バート・バカラック!

キャロル・キング!

カーリー・サイモン!

トム・ベル!

ボブ・ディラン!

ポール・サイモン!

ラモン・ドジャー!

ジェフ・バリー!

ポール・ウィリアムス!

ジミー・ウェッブ!

バリー・マン!

どないなっとるんでしょう!!

会社の力か!!?

はっきり言って 彼女の実力には、疑問符が つきますが。次どうするの?
しかし、ジョス・ストーンも最初はカバー・アルバムだったような。しかし、できた アルバムは、良いから まぁ それが一番!

バート・バカラックの曲 まさに バカラック節な 素晴らしい出来。

フィル・スペクター関連で お馴染みの ジェフ・バリーの曲が また ドリーミーで 素晴らしい。
1960年代なムードありながら、バリバリ 今風になっています。

最近は サウンドが レトロ・ブームですが、このアルバム 曲も レトロ。しかし、いい!

これは ディレクターの 力かも。

きっと レコード会社の社長が、作曲家達に アノ時代の あなた風の曲を書いてくれればいいから!と 要請したんだと 思います。

大正解!

皆 のびのび 書いてます。


ソウル風な ジャケットのムードですが、内容は 1960年代 1970年代風な ポップスアルバムです。

リズムは、今なR&Bな音ですが、アレンジは 昔風。

ボブ・ディランの曲は、少しゴスペル的で、メイシー・グレイの持ち曲みたい。

ジミー・ウェッブの曲は、やはり 物語り調。


ラモン・ドジャーの曲は、もう 、もろシュープリームスな モータウン!

キャロル・キングや カーリー・サイモンの曲は、 ならではの、女性讃歌な ポジテブソング。

ポール・ウィリアムスと バリー・マンの曲は、 見事なポップ・ソングになっています。

バリー・マンの曲は、カントリー・バラード風な ティラー・スウィフトが歌いそうな曲。




なんて 書いてると このアルバム 全米ナンバーワンヒットが、一つのアルバムから、何曲も出てしまうな 昔よくあった そんな風になるかも!



で、同じニッキーでも こちらは 最新サイボーグ調な ニッキー・ミナージュの、ファースト・アルバムが、素晴らしいのですが、紹介は また 後日。

お休みなさい。
[PR]
by to-ru_drum | 2011-08-09 02:43

ああなんて

c0088941_0182151.jpg

あぁ なんて 気持ちいいんでしょうか!
ザ・ミーターズ!


今日は 戻り日で、家に着いたのは 14時くらい。

最近は 地方から帰ってきた日は、もう 体が ボロボロで 使い物になりません。

まあ ツアー先での 飲み過ぎ 食べ過ぎ 寝不足が 原因なのですが。


でも 旅先での バンドメンバーや、スタッフとの、夜の時間は、とても 尊いのです。
おろそかには できません。

というか、ライブ終わった後の バカ話しが、人生の醍醐味でもあるのです。
僕には。



で 家に 帰ってきてから 昼寝してたら 起きたら 18時くらい。

やばい このままでは、今日の意味が!


で、下北沢に 夜 個人練習行ってきました。


そこで、ザ・ミーターズの ライノ編集の二枚組のベストに合わせて ドラム叩きました。

楽しい!

7月は、僕の、ドラムのマイブームは、 アフロ、トニー・アレンでしたが、
8月は、 ニューオリンズ セカンド・ラインなファンク、ザ・ミーターズ、ジガブー研究!に 費やしまゎーす!


前から ジガブーや、セカンド・ライン ニューオリンズ系のドラマー好きで 僕の ドラミング?の 少し 根っ子には あると、自負していたのですが、
今日 ジカブーの ドラミング聴いてて これは 徹底的に 匂い 吸収したくなりました。

美味しすぎです。

グループ、 リズムパターン、 他の楽器との絡み、隙間の大切さ、ミニマル感、曖昧さ、ハネと ベタの共存、で、何より パッション、喜びに満ちたジガブーの心の中。

やはり ドラマーは、自分が、自分のリズムに 喜びに、楽しさ、いけてる感、自信、持ってないと 生きてる意味ないなと、今日は、ザ・ミーターズ聴きながら ジガブーのドラム聴きながら 思いました。


今日、しんどかったけど、練習 行って 良かった!

お休みなさい。
[PR]
by to-ru_drum | 2011-08-08 00:18