<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

c0088941_1461028.jpg

昨日 公園に もう ウメが!
いい匂い してました。

しかし こんなにまだ寒いのに。

頑張りますなぁ!


最近 聴いていたアルバムは、

アデルの最新作 21。
二枚目ですね。
ファーストアルバム大好きだったので、すぐにゲット。

またまた やってくれました!素晴らしい。

プロデュースに 数曲でリック・ルービン!
前作が、イギリスな 津々さとすれば、今回は わりと ロッキンなアーシー・ソウル。

しかし、やはりアデルは声が 凄いです。
21歳の声には聞こえません。

曲も 名曲揃い。
四曲目の Dont You rememberなんか 涙 涙。
いや どの曲も 涙 涙。

リック・ルービンの絡んでる 四曲は、生音がふかーい ふかーい ですよ。
音にも涙です。


で お次は 僕が大好きなシンガーソングライター、エイモス・リーの新譜 ミッション・ベル。

エイモス・リーは、ジェシーハリスくらいに いい曲書きます。
ジェシーハリスとエイモス・リーは、 対訳みたいから 日本盤買います。

前作の エイモス・リー、ミーツ、 ジェイムス・ギャドゥスン!!
ビル・ウィザースな フォーキー・ソウル路線 また期待していたのですが、
なんと 今回は ミーツ キャレキシコ!!キャレキシコの、ジョーイ・バーンズが、プロデュースです。

メイプル・ステイプルの ジェフ・トゥディーくらい 驚きました。。キャレキシコ 僕は大好きなのですが、少し 雰囲気出すぎて 難しい感じ あるいは、あまりに映画的になるのでは、と、少し心配しましたが。

結果 全く 大丈夫!

いい感じに 深み出ました。

キャレキシコの手にかかると 皆 普遍的な音になります。

ダニエル・ラノワを 少し 乾かして イギリス度合い 抜いた感じです。

基本 リバービーです。
前回のアルバムが、どデッドな音でしたから、わりと正反対な今回の音。

ただ エイモス・リーの曲 相変わらす 良か 良か です。

日本人には、少し ルーツ・カントリー&ソウル、過ぎるかもですが、 僕的には 的です。

ドラムは、キャレキシコのジョン・コンバァティーノと ジェイムス・ギャドゥスンの二人。

ジョン・コンバァティーノも 生で見ると 感動のドラマーです。
とても 不器用そうに見えますが 出てくる音に 間違った音は何一つありません。

すべてが 自然で 川の流れのようであり で 風が ヒュー ヒュー 吹いています。

そんなこと、常に感じさせるドラマーな なかなかいません。


で ジェイムス・ギャドゥスン。
今や 時代は ジェイムス・ギャドゥスンとラス・カンケルを求めているのではないかと 僕は思っています。

確かに ヒップな クエスト・ラブや、マット・チェンバレンや、スティーブ・ジョーダン。
神様 スティーブ・ガッドも 素晴らしいのですが、

暖かさ、 人間味溢れる 、 歌っているという点では、ジェイムス・ギャドゥスンとラス・カンケルではないでしょうか。

ジェイムス・ギャドゥスンが、最近 最先端のアーチストに 器用され始めています。

ジェィミー・アデルの新譜は、ベック!プロデュースなのですが、そこで!

次のディアンジェロのアルバムにも!という噂が!

ジェイムス・ギャドゥスンもう 何歳なんだろう?
70過ぎたくらいでしょうか。
かっこいい!


今は エディ・ブリケルの新譜 聴いています。
これがまた なんとも、いいのです。
久々のアルバムですが、曲が バリバリだった頃より いいのでは!と思います。

もう一枚 すかさず出るそうですが、そのアルバムは、スティーブ・ガッドがやっているそうです。
楽しみー!

おやすみなさーい!
[PR]
by to-ru_drum | 2011-01-31 01:46

ライブ

c0088941_0134346.jpg

明日 29日、土曜日の夜 19時半から 最近 毎月一回、やっている 近所の若林にある
カフェ・シャンディで ライブやります。
ソウルうたもの。女性ボーカルです。
ベースのフクシンに ピアノに 野崎洋一君に 僕。

くわしくは、カフェ・シャンディのホームページ
http://blog.goo.ne.jp/shandif

にて!見てみてくださーい!

で 最近 関西にライブに行っていましたが 写真は、 なら100年会館というホール。

あまりに 形が 不思議だったので 写真とりました。

最近 夜 部屋では あんまり音楽聴かず、サッカーの試合や、アメフトの試合 見ています。

音楽は、昼間 個人練習の時に スティック持ちながら聴いています。

最近 沢山 いい音楽と出会っています。

また ブログで紹介しまーすね。

明日は サッカー決勝戦。
頑張れ日本!
[PR]
by to-ru_drum | 2011-01-29 00:13

c0088941_1212078.jpg

今日は、愛知県春日井市でライブでした。

なんと 名古屋辺りは 大雪!
写真は、楽屋口からみた雪景色です。

おかげで 今は神戸なんですが、移動に新幹線 二時間半近く乗っていました。 ふつうなら 一時間かからないのに。

少し疲れました。

明日は、平松えりちゃんの 神戸震災復興支援ライブです。
ほぼ 毎年参加していますが、雪の1月17日の神戸は 初めてかも。

ますます 厳粛な気持ちになりますね。

しんしん しんしん。

窓からみると 神戸もだいぶ 雪が積もってきています。

もう少し 明日の予習してから寝まーす。
[PR]
by to-ru_drum | 2011-01-17 01:21

明けまして

c0088941_3142419.jpg

もう遅くなりましたが
明けましておめでとうございます。

今年も よろしくお願いしまーす。


リハーサルや、ライブで バタバタしていて 夜 のんびり ブログ書くムードに なかなかなりませんでしたが、
今晩は なんだか 仕事したくなし!のんびり、リスナーになりたし。。


で、正月は ドラム合宿に一人で行ってきました。

天気が良くて 気持ち良かった!な、そこの施設からみた 元旦の昼!です。


で 今日は、自分のバンド イージーブルージーズのライブでした。
来てくれた方々 いつも 本当にありがとうございます。

今日は良かったみたいで 誉められました。
結構 僕らのバンドの 常連のお客さん、シビアなのです。
よく ダメ出しもらいます。
でも 嬉しい!それだけ 真剣に聞いてくれていて。

今日は、打ち上げに参加せず、家で 一人打ち上げです。

静かに過ごしたかったので。
ライブハウスは、空気が悪いのと 音が大きいのとで はっきり言って あまり好きな場所ではありません。
なるべく 中には居ないように 心がけています。


ライブ行く前は、マイルスの、BitchesBrew聴いて、テンション上げていきましたが、帰ってきて、家では、しんみりしたのが聞きたくて。 まずは、

メイビス・ステイプルスの 昨年でた You Are Not Alone。
このアルバム 地味ながら、聴けば聴くほど じわじわきています。

お次は、

ザ・スウェル・シーズンの2009年にでた Strict Joy。
このアルバムも 頻繁に聴いています。

歌は熱いですが バックは、シンプルで淡々。

ここ何ヵ月か、ダミアン・ライスとか アイルランドのシンガー・ソング・ライターに 惹かれています。

武骨で 感情的で 素朴。飾らない。

元祖は、バン・モリソンですね。

お次は、

ジョイスの、1976年に録音されていながら、30年以上お蔵入りになっていた アルバム、Vision of Dawn。
これは ド名盤です。
アシッドサイケ ブラジリアン フォーク!
たまりません。リンダ・ルイスのラーク級。

ちなみに パーッカションは、ナナ・バスコンセロス。

お次は、

イノセンス・ミッションの2008年に バンドのサイトでのみ販売されていた 8曲入りのミニアルバム、 Street Map。

ホント全ての楽器が きれいな音色で、本来の音。じかに側で聞いている音。

変にイコライジングされていない音です。
曲も素晴らしい。

お次は、

ローラ・マーリンの昨年でた セカンドアルバム、I speak because I can。

20歳の女性 ブリッシュフォーク シンガー・ソング・ライター。
このアルバムは、プロデュースにミックスが、天才イーサン・ジョーンズ!
イーサン・ジョーンズは、ライアン・アダムスや、レイ・ラモンターニュの名盤を作った人です。

ローラ・マーリンは、まず 声が素晴らしい。憂いがあり、湿気があります。
タイプも声質も 曲調も違いますが、どこか ダイアン・バーチのイギリス版。
若いのに、その国ならではの 伝統を感じさせてくれます、

まぁ 皆さん 聞いてみてください。
流行りな感じではないかもですが、染みますよ。

お次は、

僕が今 一番最先端なシンガー・ソング・ライターだと思っている Sufjan Stevensの最新作 the Age of ADZ。

今回も 凄いです!まずは、一曲目の美しさに、ぎやっふん!

二曲目からは もう どないなっとんねんな、あらゆるものが 詰め込まれた 彼の宇宙的 狂乱なサウンドの嵐。

でも うたものとして ちゃんと聞けます。

エレクトロ 古楽器 コーラス、ノイズ SE。 クラシック、フォーク 民謡的でもあり、アバンギャルドで、リズミカル。

ここ、何ヵ月か、刺激されまくりです。

昨年は、流行りの アメリカ、ブルックリン界隈のバンド、僕は 追っかけていましたが、やはり スフィアン・スティーブンスは、抜け出てます。
バンド的な ザラザラ感 猥雑感、は ないですが。
品はいいです。


で お次は、

Mumford&Sons の 2009年にでた デビューアルバム Sigh no More。
こんなバンド この時代に出てくるなんて!な 感動的なバンドです。

ロンドンのバンドですが、 なんだか 古めかしい格好して、バンジョー ウッド・ベース、アコギ バスドラ タンバリン アコーディオン等々。

全員で 曲作り、全員で歌う。

フェアグラウンド・アトラクションを 激しくしたような。

いやあ いいバンドです!

最後は

ジョアン・ジルベルトの 1960年に出た セカンドアルバム 愛と微笑みと花。

いうことなしな 名盤です。
というか ビートルズのアルバムみたいなものですね。
ここから始まった!な。ザ!ボサノバ!
全く古くない。

では、では、もう3時半でおます。。 おやすみなさーい。
[PR]
by to-ru_drum | 2011-01-15 03:14