<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ウォーキング

c0088941_20193225.jpg

最近 朝 ウォーキングしてます。
というか 散歩というか いゃ 自転車に乗らないだけというか、 朝練 下北沢に行くの 歩くようにしています。

いゃあ 気持ちいい。
僕の家からは 30分くらいで 着きます。
片道 3500歩くらい。

写真の道は 僕が いつも 歩く 遊歩道です。
桜が 綺麗。
この写真の頃は 満開で、昨日は桜吹雪、夢心地。今日は、葉桜で、緑とピンクと青空が すがすがしい!!
で、今は 武道館にいます。 ジェイムス・テイラー&キャロル・キングのライブ初日 今から始まります。
携帯で、ブログ書いてるから こんなことも可能。
客の年齢層 高し。僕が若い方かも!
BGMが スティーリー・ダンだ。

ステージセット、地味。 そこが、良か 良か。
では、そろそろ開演でーす。


という メール 一昨日は書いたのですが 送信し忘れてました。

今 気付きました。

で 今は またまた ジェイムス・テイラーとキャロル・キングのライブ みにきています。
一部と二部の間の休憩時間。

あぁ ラス・カンケル素晴らしい!リー・スクラーも凄い。はやりの音楽とか関係ない、時代を越えたリズム隊です。歌に寄り添う、二人のコンビネーション、たまりません。そんなに複雑なことはしてないんだけど。
でも、こんな演奏が一番難しいのですが。勿論 ジェイムス・テイラー、キャロル・キングも素晴らしい。

そろそろ 二部の始まり。

忘れないうちに 送信!
[PR]
by to-ru_drum | 2010-04-16 20:19

マイ・ルーム

c0088941_016332.jpg

こんな 感じで、夜毎 音楽聴いたり ライブDVD観たり、映画観たり 野球観たり! しています。

今 BSで ノラ・ジョーンズの最新ライブやってます。
す、すばらしい!

新しいアルバム 今一つな気がしてましたが ライブで 聞くと ええじゃない!ええじゃない!

で、その 大きな原因は、ドラムの音色の素晴らしさ! あの あの ジョーイ・ワーロンカーが、叩いているではありませんか!僕が、ここ最近追いかけているドラマーは、 マット・チェンバレン、ビクター・インズリオ、ジェイ・ベルローズです。この四人です。

勿論 ずーと、追いかけている、スティーブ・ガッド、スティーブ・ジョーダン、クエスト・ラブ、ピート・トーマス、ラス・カンケル、ジェイムス・ギャドゥスン、バーナード・パーディー、ジム・ケルトナー、スティーブ・フェローニ、林立夫さん、青山純さん、島村英二さんは、はずせませんが。、
あと ジェフ・ポルカロは、参加してる全アルバム 探し続けてます。
これは、ブロッサム・ディアリーと、ケニー・ランキンと、ジェフ・ポルカロだけです。

で、今月号のドラム・マガジンに やっと、ジョーイ・ワーロンカー 初登場です。
こんなに偉大なのに。遅すぎです。


昨年末 矢野顕子さんのコンサート行ったのですが、そこで初めて生で見た、
ジェイ・ベルローズが、衝撃的でした。
やはり!僕と一緒!だ!な、共感が、衝撃なのでした。
ベックで 観た、最初のジョーイ・ワーロンカーもそうでしたが。
勿論 僕は 彼らに比べれば ダメダメなのですが、心意気は、同じだ!と。

矢野顕子さんは、ジェイ・ベルローズと一緒にやってしまったからには、普通のドラマーとは、もう出来ないと MCで言ってましたが、同感です。

もう フュージョン・スタイル、バカテク、バークレー出身な、そういう人がやる うたものは、もう時代じゃないど、僕は思います。

フュージョンスタイル、それ以前の、ブルース、ソウル、古いジャズ、そんな臭いがないと もうつまんない!

スティーブ・ジョーダンが、ブレッカー・ブラザーズのアルバムで、やっていた超スタイリッシュな、テクニカルなパターン、教則DVDで披露。メチャメチャ凄い。でも、そのあとすぐに、今見せたような演奏スタイルは、もう二度としたくない!みたいな発言してましたが、
うーん!深い。

捨てることで、次の深みに行けるのですね。

勿論、ジョーイ・ワーロンカーだって、インタビュー読むと、幼少からドラム始めて、ちゃんとレッスン受け、 激しく ジャズを学び、1日、8時間練習し、バカテク目指した後に 今のスタイルとのこと。


で、で、今 こんなブログ書いていると、
なんと!BSで、ノラ・ジョーンズの次は、アリスン・クラウスと、ロバート・プラントの グラミー賞アルバムの曲やるライブ映像が。
なら、ドラマーは、 でたー!!!

ジェイ・ベルローズです。

こんな 偶然あるんです。
昨年の、ある日、 ブロッサム・ディアリーの持っていなかったアルハム ゲット。意気揚々、、部屋で聴きながら 、何気なく 雑誌読んでたら、ブロッサム・ディアリー死去な記事、見つけてしまったことありました。

今日は、嬉しい 偶然です。

しかし、アリスン・クラウスは年取っても 可愛い!少し ローリー寺西にも見えてはきますが。

で、このライブ 、メンバーが凄い、Tボーン・バーネットはいるし、マーク・リーボウも!

いゃあ よき晩です。
で エンゼルスの松井も 大活躍!
今から 録っておいた 試合観ようっと!
[PR]
by to-ru_drum | 2010-04-07 00:16

おNew

c0088941_23534471.jpg

昨日から 一泊二日で、またまた ドラム合宿に行ってきました。
今回のテーマは、注文してから、3ヶ月待たされ、、最近 出来てきた おにゅう!な バスドラ いじる!
カノウブスという高井戸にある日本のメーカーの バスドラ。20インチで、メイプルです。
良く行く 練習スタジオに カノウブスのセットがあり、そこで、気に入ってしまいました。
良く鳴り バチッ!という アタック音あり、叩いている耳の位置で、もうCDの音がする感じです。

今は大人気で、ここ数年で、世界的なメーカーになりましたが、やはり さすがな仕事してます。カノウブス!

DWの音を いい意味で、明るく はじけさせた感じ。
タムも 素晴らしいのですが、僕的には 鳴りすぎというか、いい音しかしない!? というか
一種類の音しかしないというか、、 まぁ 良すぎて 駄目なわけです。

僕は、タム類は 少し融通がきかなかったり、鳴りきらない感じ、日によって表情が 変わるくらいが 好きなのです。
なので、リムズ仕様も 駄目です。鳴りすぎだから。

で、バスドラだけ購入。
カノウブスのモニターやってる、カースケさんから、色々 教えてもらい、20インチいいよ!とのこと。
ありがとうございました。話してもらってから、一年たちましたが、ようやくゲットしました。

で、僕が30年近く前に買った 絶対名器!黒のソリッドブラック!ヤマハ9000RDのセットに取り入れようと思い、色や タムホルダー、それにリムも、ヤマハの色に丁寧に カノウブスの人 作ってくれました。
本当なら、嫌がりそうな仕事 他のメーカーに似せるなんて。
でも、喜んでやってくれました。
なかなか あの ヤマハの木リムのナチュラルな色 出ないんで もう少し待ってくださいなんて言いながら。

ドラム愛!!

カノウブスに行くと ひしひし感じます。働いている人、ドラム大好きな人ばかり!
ありがとうございましたです。カノウブスの職人さん。
[PR]
by to-ru_drum | 2010-04-05 23:53

トム・ウェイツ

c0088941_0385937.jpg

今 トム・ウェイツのライブDVD
No Visitors After Midnight 観ています。
本当に トム・ウェイツの曲 泣ける。
歌詞とメロディと、その姿と相まって、もう 映画みたいです。
僕が 一番好きな シンガーソングライターな立ち位置。 一曲が、小説であり、映画であり、舞台であり、人柄が見える。

で、 さっきは ジョン・フォガッティの ライブ観てました。超ドライブ、ロールしてます。
ケニー・アロノフ最高!
ジョン・フォガッティのリズムは、シャッフルと8ビートの怪しい狭間。
ザ・クルセイダースの、いつでも4ビートに行ける 16ビートのようです。


昨日は 財津和夫さんのライブが、名古屋でありました。 1月末から始まったツアーも、そろそろ折り返し地点です。
ドラム・セットはこんな感じです。
相変わらず スネアは、6台 くらいら曲によって取っ替えてます。
パール二個、、ソナー二個、ラディック一個、ヤマハ一個、です。
皆 いとおしい。
それぞれ 音色があります。
バッ。ダシッ。カッ! ダスッ。 バスン、等々。

でも、本当は、一つでも大丈夫なのですが、 自分の、ちょっとした、音楽的な、わがままですね。
回りに、 ステージ進行の 妨げに ならない程度に やらせてもらってます。

で 今日の最後は ジェイムス・テイラーのライブDVD, Pull Over 観てます。
ドラムは、ラス・カンケル!!

やはり、ジェイムス・テイラーには、ラス・カンケルが一番。

勿論、カルロス・ベガ、スティーブ・ジョーダン、スティーブ・ガッド。 皆 素晴らしいのですが、 やはり ラス・カンケルガ一番 ジェイムス・テイラーには フィット してると思います。

愛の塊。

ハイハットのオープンの、息遣いが、歌と一体化してます。
タム回しが、人生の起承転結のようです。

で、 乾いてます。

湿ってない。

ここが、他のドラマーたちとの 大きな違いです。

ラス・カンケルの頭のように カラッと、いゃ ジェイムス・テイラーの額と 呼応するかの如く。

そして ジェイムス・テイラー 来日ですね!

ラス・カンケルに、リースクラー、ダニー・クーチに キャロル・キング!
やばい!

僕は、 全部行きます。三回。
世界最高のうたばん 聞けるのですから!

前回の 20年近く前に見た、中野サンプラザのジェイムス・テイラーのライブの感動、忘れられません。出待ちしたくらいに!
あまりに 演奏、完璧で、なおかつ、 暖かいライブでした。

楽しみな 4月が 始まりました!
[PR]
by to-ru_drum | 2010-04-05 00:38