<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

泣ける

今日は 久々に ドラム叩きながら 泣いてしまいました。
昼間 スタジオで、ジョン・メイヤーの新譜に合わせてドラム叩いていたですが これが!やってくれました!ジョン・メイヤーにスティーブ・ジョーダン!
最高!!!

僕にとっては、ドラマー的にやられたアルバム、ブラッド・メルドーのラーゴ、ジョン・メイヤーの前作Continuumに、前々作のHeavier Things、ドノバン・フランクレイターの前作、エイモス・リーの前作のジェイムス・ギャドゥスン、 アルグリーンのLayitDownのクエスト・ラブ、少し遡れば フィオナ・アップルの真実の マット・チェンバレン、トム・ペティでのスティーブ・フェローニの全てのアルバム。、

また一枚 僕の指針になるアルバム 登場です。

ジョン・メイヤーの新譜 曲が素晴らしい。ソウルです。
最近 演奏力に気が行ってしまってるように感じでので、また戻ってきてくれて 嬉しい。
ぼくが、ジョン・メイヤーの好きなのは、曲の良さと声なので。

スティーブ・ジョーダンは、一曲目から、こんな乗り 待ってました!な 凄いグルーブ! ほぼフィル無しの ドンパン ドンパンの どシンプルな8ビートなのですが、バスドラとスネアのタイミンゲ、間を繋げるハイハットの絶妙さ、そして その3つの音色。
完璧です。他に何もいりません。

で 泣いてしまいまったのは ラストの11曲目の ハネたバラード。
少しビートルズにソウル・ミュージック。
そこまで、10曲目までは、ストイックにスタイリッシュに シンプルに きめてくれてた スティーブ・ジョーダンですが、この曲では、泣きながら叩いてます。きっと心が。
だから、僕も泣いてしまいました。

思い出します。高校生の時に見に行ったアルグリーンのコンサートで、ドラマーが、熱くななりすぎて椅子から後ろにひっくり返った姿。
あとは、オーティス・クレイのライブの熱さ。ステージ芸術。
最近 ついに ジョージ・ハリソンのトリビュト・ライブのDVD買って 頻繁に観てますけど、そこでの ビリー・プレストンにもおんなじ匂い 感じます。
演奏始まったら最後 無垢になりきる。なりきれる。
しばらく スティックおいて このラスト曲 聴いてました。


最近 音楽聞いて 泣いたのは 扇谷ケント君の結婚パーティーで、奥さんの花れんちゃんが最後に歌った短い曲。 人は 繋がり 出会いが全てなんだって曲
僕も 最近つくづく そう思ってるから、(涙)。
二人の、天然な素晴らしい人柄も相まって。
あとは、僕が、ここ数年 お手伝いしてる 財津和夫さんの8年振りのアルバム の一曲目聞いた時に 無性に 泣けました。

財津さんとは、普段 僕が 一方的にとても緊張して 会話殆んど できないのでいるのですが。ただ、コンサートで財津さんの背中をみて 歌声に耳傾けて、息継ぎも逃してはいけないと思い。で、今 どういう気持ちで、日々を過ごし 何故 歌い続けてるんだろうかと 想像を巡らせ、接してきたつもりなので、 その気持ちで、このアルバム一曲目の 愛の力 という曲を聞いた時にギャッフンでした。

ビアノの音色、タッチ、タイミング゛。映画的です。そして、解りやすい言葉で、人生の真実、正面斬って言い切る清さ。日本語っていいな。
本当の気持ち。
人生 年取ると どんどんシンプルに 核が定まって来ませんか?
生きる意味。幸せの形。
前もブログで書きましたが、最近の財津和夫さんは、凄い境地になってると思います。

アルバム自体は、とてもマニアック?かも。不思議な展開、不思議なコード。 ある意味 財津さんワールド全快です。
翳ってるのに 暖かくて しんみり前向き。
湿ってるのに 夢見心地。羽根がはえてます。


で、今は エルビスコステロとアラン・トゥーサンの2006年の共演ライブDVD観てます。
素晴らしい8ビート!
トム・ペティバンド、ジョン・フォガァッティ、もひとつ 忘れてました。
エルビスコステロバンド。
ドラマーのピート・トーマスは、僕にとっては ラス・カンケルや、ジム・ケルトナー級に 深い深いドラマーです。
ピート・トーマスの素晴らしいところは、いつも ドキドキしてるところ。
これだけ巨匠なんだから、もっと ドッシリ 余裕な表情でやればいいのに。
曲間では、常にメトロノームに眼をやり、次の曲のテンポ意識している。
僕もおんなじです。
絶対 曲がほっしがってる適正テンポ、歌の人が歌いやすい 心を込めやすい テンポあると思います。
ドラマーは、絶対それを 気分で逃してはいけない!

ビート・トーマス Bossのメトロノーム二台も用意して 曲はじまるまえ 頑見で、テンポだし。

いい意味で ビクビクしてます。
素晴らしい緊張感です。
パンク精神です。

僕の ドラムスタイルに一番近いかもピート・トーマス。偉そうですが。

あと、多くの 素晴らしい8ビートグルーブドラマーは、実は底知れない バカテク、ジャズからフュージョン、本当は、できまっせな、匂いあるのですが、ピート・トーマスには、それがみえない。
リンゴ・スター的な ムード感じます。
だから、好きなんですね。エルビスコステロも 音程は外れますし 勢い 大切な 人。 ピート・トーマスも 渋くて深いのに いつも 少年。

おやすみなさーい・
今日もいい音楽に出会い幸せ。
[PR]
by to-ru_drum | 2009-11-22 02:30

タインヨンダイ・ブランクストン

タインヨンダイ・ブランクストンは、バトルズのギタリストですが、最近でた、ソロアルバム、 セントラル・マーケット 聴いてます。

ビンビンです。
オーケストラと へんな リズムと、サンプリング逹と、生楽器と 入り乱れて、この人の 小宇宙 グショグショになってます。

バトルズのライブ ユーチューブで観てますけど 肉感的で、乗り乗りになります。

解りにくいのに 疾走感あり!

で、今は ジョン・フォガァッティーの 最近でた ロイヤル・アルバート・ホールのライブDVD観てます。

ドラムは、ケニー・アロノフ!!復活!
ジョー・モロも良かったけど、やはり ケニー・アロノフでしょ。
笑えるくらい イケイケです。アメリカン・ロック界の巨匠ケニー・アロノフ。
この いききった感 大切。
凄い8ビートは、ファンクと一緒です。
まるで ヨギ・ホートンみたいに ケニー・アロノフ 最初から全快!
ジョン・フォガァティのバンドは、 いつも トム・ペティのバンド級の 8ビート 聞かせてくれます。
そして、より ロッキン・ロール!ドライブしてます。
渋さは、トム・ペティのほうがありますが。

いゃあ 凄い。

おやすみなさーい。
[PR]
by to-ru_drum | 2009-11-21 01:18

神戸

今 神戸にいます。
リハーサルと本番の間 あまりに暇なので、こんな昼間からブログです。

雨だし 寒いし 近くに繁華街もないし、部屋から、港や、目の前のポートタワー 見てるのも 飽きました。
最近は、パソコンを地方に行くときも持ち歩いているので、ホテルの部屋でもなかなか音楽的に過ごせます。

午前中は KDラングの ライブDVD観てました。
オーケストラとやっているやつです。以前にもブログに書きましたが。
彼女は、歌 ホントうまい。バンドもドラムの人以外 コーラスとるのですが 完璧。

で、このライブの いいところは バンドが歌の為だけに 歌を引き立たせる為だけに存在して、演奏していること。 シンプルに。決まりきったフレーズを。
でも 単純な四分音符を、単純な八分音符を、皆 心を込めて 必死に演奏しています。
顔を見れば わかります。 オーケストラもバンドも 波のように歌ってます。

僕はこんなのが やりたい。好き。

そして 今は トランペットのクリス・ポッティの最近でた、ライブDVD観てます。

これもオーケストラとバンドの合体ライブです。
超スイイリッシュ豪華ライブです。ゲストに スティングに ジョン・メイヤーに ヨーヨーマ、スティーブン・タイラー他多数。

ぁあ でも この続きは また書きます。

昼間から、お酒飲まないで ブログ書いてると、なんだか いやに 疲れますし、無駄に時間使ってる気になってきました。

まだ 昼の3時。
しかし けだるく 寂しい 雨の神戸です。
[PR]
by to-ru_drum | 2009-11-17 15:21

京都

先日 京都に行ってました。
ホテルの近所のスタバに行って、席についたら、窓際 全面に お寺が!
さすが、京都。天然にお洒落でした。

で、最近 あの悪評高かった 京都タワー なんだか、馴染んできたよな気が。
ここにきて やっと。

京都って ホント 時間 止まってますね。
何かを熟成させるには 落ち着いて 取り組める街?
優秀で 独特なミュージシャンや、学者 沢山輩出してます。
そして 皆あまり京都を離れない。

東京や大阪 広島に名古屋、福岡 なんだか 焦ってる 気負ってる。

札幌 金沢 京都 しんしんとしてます。深々 しみしみ。

で今は、Meshell Ndegeocelloの新譜 Devil's Halo聴いてます。歌ものアルバム。
生々しい音。隙間の美学。故に、声の力が、全面に。
80年代な匂い、アレンジ多し。リズムは、シンプル。そこに、少しのエレクトロニカ。ポリス的な早急なビートも多し。で、音は少しジョン・マッケンタイア的 歪みあり。心は ニューヨーク・パンク、歌は、ジョニ・ミッチェルみたい。
あとは、70年代へたうまなブログレ色。

やはり 異質なドキドキ感あり。
毎アルバム。
何度も聴いてしまう ノンキャッチーな、37分間です。
おやすみなさーい!
[PR]
by to-ru_drum | 2009-11-14 00:52