<   2009年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ブラッド・メルドー

ここ何日か、車の中で、ブラッド・メルドーのピアノソロのアルバム elegiac cycle、聞いてました。はまってます。
冬の曇り空の 景色 と 合います。
今日は、雨でしたから、少し、違う感じでした、

スタジオで、ブラシで 一緒に演奏してみました。
ますます はまりました。
引き摺るような右手で、リリカルなフレーズ、ループ的 リズム 奏でる左手、ブラッド・メルドーの両手は、いったい どれほど 別々のリズム刻めるのでしょう!
ドラマーでもかないません。
で、崩しまくるコードに、危ないテンション、でも 落ち着く先は、わかりやすい。
冷たそうなのに、そのさりげない佇まいや、身のこなしで、いなくなった後でも好印象を残す、羨ましい男です。

感激なアルバムです。
名盤ラーゴの源泉があります。


今日 聴いたのは
レイチェル・ヤマガタの二枚組の最新作 エレファンツ。
数か月前 最初聴いた時は、メロディーが地味で ファーストのほうが、良かったな!と 思いましたが、何度か聴く内に、自分のサウンド ができてきたなと。
一枚めは、キャッチーでしたが、フィオナ・アップル的でした。

次は、リサ・ハニガンの昨年でた ファースト・アルバム、Sea Sew。
ファナ・モリーナ、ヤエル・ナエム的世界が好きな人には是非オススメ!の レコファンの文句に、まんまとやられ、即買いです。ジャケにインナー最高です。
昨年買ったアルバムでは、スカーレット・ヨハンスンのアルバムと、このリサ・ハニガンが、二大ナイスジャケ!
勿論 紙ジャケ デシタルパック。
このアルバムも レイチェル・ヤマガタのように、聴き込むうちに、どんどん好きになる音楽です。

あと 今日聴いたのは、 1976年にでた カントリー・ジョー・マクドナルドのラブイズファイヤー。ピーター・セテラの1988年のアルバム、ワンモアストーリー。
二枚とも ちょっときつい。まだ このあたりは、旬ではありません。
カントリー・ジョー・マクドナルドは、時代 音はいいのですが、声も含め 少し、 甘すぎます。

で 今は テナーサックス奏者 ベニー・ゴルソンの1957年録音の New York Scene。
しっかりアレンジされた ジャズです。

何か 他にやりたいことがあるとき バックに この手のバップなジャズが流れてると 一番 はまります。

よく 焼き鳥や 焼肉屋 こ洒落た居酒屋 ジャズ流れてますが わかります。そのセンス。

でも サン・ラや ローランド・カークでは、違いますが。

で 今日の最後は シュールズ・シアーの 1998年録音のデュエット・アルバム Between Us。

これぞ 元祖 アンプラグドの巨匠のなせる 名盤です。
パーカッションは、ジェイ・ベルローズ。
彼は こないだの矢野顕子さんのコンサートで来日していたとの事!見逃した!
今 一番 生でみたいドラマー。
で、このアルバム 色んなゲスト ロン・セクスミス、フレディ・ジョンストン!ポーラ・コール、キャロル・キング、ロザンヌ・キャッシュ 他。
でも 曲は、全てシュールズ・シアーの書き下ろしです。


あぁ 酔っ払ってきました。
おやすみなさーち!
[PR]
by to-ru_drum | 2009-01-31 03:16

最近聴いてたアルバム

フランク・ザッパの1969年の ホット・ライツ。
全然古くないです。
殆んどインストですが、譜面とアドリブが、絶妙なバランスです。そして グルービー。
電化マイルスよりは、かっちりしてます。
今時な ジャム・バンド フィッシュのトレイ的。


シー・アンド・ケイクの最新作 Car Alarm。
最近聴いたアルバムでは、一番 僕的ロック感じたアルバムでした。
ドラムの ジョン・マッケンタイァ、ルーツのクエスト・ラブと同じく、フュージョン的手法ではなく、新しいドラムの境地、示してくれます。

キャレキシコの2000年にでたアルバム Hot Rail。
トレモロ・ギターにアコーディオン ビブラフォンにマリンバ トゥワンギーギターに トランペット。
少し、アメリカのダイアー・ストレイツかも。 でも もっと映画的ですね。
深ーいバンドです。

ある意味 変態ギタリスト デビッド・トーンの2005年録音なのに 2007年にECMからでた プレゼンス。
フリー・ジャズ、アンビエント、エスニックでグルービー。ミニマルミュージック。映画音楽なら、バッチリはまりそうです。映像が、二倍、いや三倍、深く、観客に感じさせ、あるいは、考えさせる、音楽です。NHKの昔の秀作ドキュメンタリーのバック・ミュージックみたい。新日本紀行のような。
グルービーに感じるのは、クレイグ・テイボーンの、ローズやオルガンが味噌かも。
掻き立てられます。


つぎは、ハービー・ハンコックの1980年にでたアルバム、モンスター。
うーん!ギリギリ 今年だから、楽しめる。5年前なら、少し、きつかったかも。
この後の フューチャー・ショックなら、5年前から、少し、旬でしたが。

下世話な、POPさに、人力ドタバタ ディスコ・ビート で、柔いボーカルに、 暑苦しいソロ。
一見 駄目駄目なのですが、なんか 楽しい。乗れます。
ドラムは、アルフォンソ・ムザーン。レオン・チャンクラー的 洗練されてないけど 確かにグルーヴしまくってる 土の香りがするファンクドラミング。

お次は ジョン・アーバークロンビーが、ジャック・ディジョネットとデイブ・ホランドとやっているトリオ Gateway の1996年にでたアルバム In the Moment。
ジャック・ディジョネットあんまり どっひゃん どっひゃん 叩いてません。
そんなに 相手のフレーズに、いちいちインタープレイしないけど、曲の構築をインタープレイ 即興してる音楽だと思いました。

で、今日の最後は ビル・エバンスの1973年の1月20日 郵便貯金ホールのライブ録音、ビル・エバンス・ライブ・イン・トーキョー。
最初の一音から、引き込まれます。
チェット・ベイカーや、アート・ファーマーと同じく 僕が一番 安心できる音色が、あります。
1日の最後は こんな音楽で 閉めにしたいのです。
エディ・ゴメスと、マーティー・モレルのトリオ時代。
スコット・ラファロとポール・モーシャン時代の、はかなさ 、ヒリヒリ感、宇宙的危なっかしさ、でも最後は 天使の羽根になる到達感は、このトリオにはありません。
でも、も少し 密度の濃いグルーヴあります。ねちこさ。引き摺るよな、音のまったりかん ふくよかさ。
名盤です。ライブですが、完璧。
日本人の客なのに この熱気は、凄い。
みんなが かたずをのんで ビル・エバンスの演奏に集中してる図が 想像できます。
日本人だって ほんとは熱いんです。
な、アルバムです。

いゃあ 全曲 素晴らしい。
幸せ おやすみなさーち!
[PR]
by to-ru_drum | 2009-01-29 03:00

いくつかの感動

今朝 下北にて、お母さんに 連れられて 歩いてる 3歳くらいの女の子が、あまりに 可愛くて 感動。

後ろ姿で 既に 胸キュン!
少し 髪の毛 クリッとしてて、思わず 立ち止まってしまいました。

で、横にいってみたら、なんと その娘、その手に 濃いピンクの薔薇の花 一輪もってるんです。
濃い赤でも、薄いピンクでも駄目だったかもしれない。絶妙な色だったんです。 で 薔薇の花 顔の前にかざして 自慢げに 受け付けの女性に 何やら 喋ってます。
また 受け付けの女性が素晴らしい笑顔で、それに答えてました。

ほんとに可愛いものは、誰をも はち切れんばかりの笑顔にします。

あぁ 孫が欲しい!!

心は、老人です。
雑誌は、サライが ここ5年くらい 僕には 胸キュンなのです。
人一倍 僕の心の老化は、早いのです。

朝イチに こんなに幸せになれたら、全てが 楽しくなれた1日でした。

今日も 何にもない1日でしたから、スタジオで個人練習。

今日は ロン・セクスミスの昨年でた 新譜に感動!
大復活です。一枚目とは、また違った、大傑作だと思います。10作目で、またやってくれました。
行き当たりばったりなエンディングにも 大好感。
この人は、天然なのです。
一緒に叩いてて、幸せ 幸せ!ブロデュースのMartin Terefも凄いです。

で そのあとに聴いた ヘイリー・セールズのアルバムに、がっかり。
いや 曲 声 才能、素晴らしいのに アルバムとしてだしてはいけない プロデュースだったので 怒りすら感じました、
最初のドラムのフィルから はまってないのです。
暴力的な、シズルシンバルの押し付け。
誰かダメ出しをするか エンジニアが、プロトゥールスなんだから なおさなきゃあいけないのです。

ジェシー・ベイリンのアルバムで、感じた おんなじ 気持ちになりました。
プロデューサーって 本当に大事ですね。

ヘイリー・セールズは、自分ブロデュースでした。まだ 無理なんだと思います。そんな ファーストアルバムから。

凄い才能があるからこそ、違う プロデュースだったらと 残念でなりません。

一緒に演奏してて、途中でやめました。
なんか 汚れそうで。
というか 暗い気持ちになりました。

ロン・セクスミスの後だったからかも。

今、聴いてますが そんなには 悪くないなとも、思えてきましたが。


で、今日の第二の感動アルバムは、ブレッド・デネンの2006年にでた ソー・マッチ・モアー。
スティーブ・フォーバットのような 初々しさ感じる シンガーソングライターに出会いました。

プロデュースは、ジャクソン・ブラウンのバンドのベーシスト ケビン・マコーミック。
いい仕事してます。中庸の美学です。

で、つぎは、シカゴ発 アカデミー・イズの2007年にでた セカンドアルバムに 心躍りました。 プロデュースは、ブッチ・ウォーカー。
さすがのトータライズです。

5曲目のEverything We Hadは、コールドプレイ級の名曲だし、7曲目のNeighborsは、久々にPOPなロック?の名曲だと思いました。


で 今は チェット・ベイカー&エンリコ・ピエラヌンツィの1980年にでた ソフト・ジャーニー聴いてます。
超名盤だと思います。
ここ 数ヵ月 夜遅くには、頻繁に聴いてます。

最近 1988年に ブルース・ウェーバーが撮った チェット・ベイカーのドキュメンタリー映画 レッツ・ゲット・ロスト、久々に観ましたが、素晴らしい映画です。
ラスト・ワルツや、真夏の夜の夢級な、音楽ありきの 映像美です。でも音消して ただ流してても 何か感じれるドキュメント・フィルムです。
チェット・ベイカーが死ぬ直前の、しわくちゃで、ボロボロな時期なのに、観てて幸せになれる。不思議ですが。痛そうで、痛くないのです。
ダニエル・ジョンストンの映画と一緒な感覚です。
人生って素晴らしいな!!
無垢に突っ走ってる 天然な人に 僕らは救われるんですね。

レイ・ラモンターニュ、ロン・セクスミス、ジェフ・パックリー、ダニエル・ジョンストン、ブライアン・ウィルソン、エリオット・スミス、シド・バレット、痛いけど 暖かい。

で、つぎは、 ジミー・スコットの1970年のアトランティックからでた 一度は、お蔵入りになったアルバム、The Source。 ジミー・スコットもある意味 痛い人ではあります。
男性なのに ホルモン疾患で、女性の成長をしてしまった人です。

このアルバムは、少し過剰なストリングスアレンジが失敗だったようですが それが今となっては、不思議な退廃感かもしだして 安っぽさと、深さが、入り乱れて 得も言えない 珍名盤になってます。

で、明日は、娘の 初めての受験です。
頑張れ!
でも 今までも 頑張ってたから、それが一番。
人生は、結果がすべてではない!と 僕は、断言したい。
アメリカ的な勝ち負けは、大嫌いです。

過程が 全てなのだと 僕は思います。道程とも言えるかも。

娘が 頑張るんだから、同じ時間 僕も 早起きして、スタジオに練習しにいきます。

娘に失礼のないように。 彼女と同じように 今 自分がやらなきゃあいけないことを やるのみなのです。
おやすみなはれー。
[PR]
by to-ru_drum | 2009-01-27 01:59

休み

今日は、1日 何もなかったので スタジオ10時間 個人練習 どっさり やりました。
勿論 途中 ご飯食べたり 寝たり!しましたけど。

いゃあ 盛り上がりました。
途中、風邪気味なのに、裸になってましたから。いゃあ!上半身だけですが。47歳、ブヨブヨなのに、お盛んなのです。 まずは、ジェイムス・モリソンの新譜 Song For You,Truths For Meに合わせて ドラム叩きました。
だいぶん前に買ってたのですが、この日の為に 聞いてませんでした。
初見で せーので たたくのが 気持ちいいのです。
曲を 瞬時に解釈する いい練習にもなります。

ジェイムス・モリソン どんどん オーティス・レディング化してます。ブリティッシュさは、失って欲しくはないなー!
でも やはり 良い良い。
次は 何故か シャーデーのベスト盤に合わせて。
何かループ感のあるオケと一緒にやりたくて。
でも 意外と 生々しかった。

つぎは、ナットキングコールのボーカル・クラッシックに合わせて。
楽しい!全然古くない。歌ものの基本の基があると思います。

で 皆さん キティー・ディジー&ルイスという 3兄妹のアルバム聴きましたか?
まるで 1950年代の音なのですが、滅茶苦茶 新鮮でヒップに僕は 感じました。
アナログ機材のみで録音。で 音楽の内容も 50年代 ロカビリーやスイング ヒルビリー、ブキウギ、ジャズ、カントリー&ウェスタン。 ドラマー的にいうと ベタがない 8ビートや16ビートがまだ出現する前の 跳ねた音楽 3練が主体のビートばかりです。

いゃあ 旬です。僕的には。
最近 思うのですが はっきり言って 60年代 70年代のドラマーって グルーヴ凄いです。
リンゴスターにチャーリー・ワッツにボンゾにイアン・ペイス。バーナード・パーディーにジェイムス・ギャドスン、スティーブ・ガッドにジェフ・ポルカロ。アル・ジャクソンにレボン・ヘルム。ラス・カンケルに、リック・マロッタ。他、一杯のグレート・グルーヴドラマー逹。でも、 皆 幼少の頃は、50年代のハネたビートの音楽 浴びるように聴いてたわけです。勿論 ジャズも含めて。
ジェフ・ポルカロも 子供の頃は、マイルスのバグズグルーブを プレイヤーにかけて 地下室で ずっーと 一緒に練習してたそうです。

だから、僕も どうしても そのあたりのドラマーが好きなわけだから 絶対 時代を遡って 50年代 40年代の スイング感 身に付けなくてはいけないのです。

で 今日は キティー・ディジーが選曲、編集した、その時代の二枚組コンピレーションアルバムに合わせて ドラム叩きました。
リズムとかは、少々よれてますが、 関係ありません。
それが またいいんです。 ご機嫌!の一言な音楽でした。

で 昨日 買った ジェイムス・テイラーの最新作 カバーに合わせて。
スティーブ・ガッドです。
真似できません。この ゆったり感。
スティーブ・フェローンや、スティーブ・ジョーダンならもう少し 合うというか 近づけるのですが、ガッドの まろやかさは、深すぎます。
でも 真似できないし、しないのですが、大好きなのです。
3月に ジョー・サンプル&ランディー・クロフォードのライブで ガッド来日します。
三日間とも 行きまーす!おっかけです。
仕事入ってなかったので、スティーブ・ガッド浴びてきます。
以前 スティーブ・ジョーダンが スティーブ・カーン&アイウィトネスで来た時、ヨギ・ホートンが、ボブ・ジェームスで来た時、すべて 見に行きました。
お金じゃないのです。毎日 同じドラマーが、ほぼ同じメニューで どんな気持ちで演奏するのかを見るのが また感動なのです。出来 不出来。 トラブル、 上機嫌 不機嫌。すべてが ありなのです。
そして 毎日が、違う演奏なのがポイントです。気持ちは、ジャズのインタープレイなのだと。 いいドラマーの条件です。
形 フレーズではなく。
リズム、フィル、おんなじでも 感情が。

あと、今日やったのは、 ドラムでの 筋トレです。
今年のテーマは、クールに叩きまくるですが、スピードがある練習してます。
手や足が、つりそうになる寸前まで追い詰める。
そして 一つの基礎練習でも グルーヴパターンでも 3分間以上は絶対続ける。
砂時計 久々にゲットしました。
どんな練習でも、短い時間いろいろ やるより 同じこと長時間やるほうが 結果 ドラムは、上手くなります。
でも それが 難しく 辛い。一人だと飽きますから。 でも やるしかないのです。 そして 続けること。
続けてないと、体が忘れます。特に僕みたいな、才能がなく 不器用なドラマーは。
今年は 元旦から、まだ1日も叩かなかった日 ありません。
そんな年にしようかな。移動日であろうが、実家にかえってようが、病気でも とりあえず スタジオ探して 叩く。
なんか やってみたい。

で 今は インディゴ・ガールズの 1999年にでたアルバム Come On Now Social聴いてます。
どのアルバムも レベル高い インディゴ・ガールズは。
ゲストが豪華。シェリル・クロウや、ジョーン・オズボーン。ベースで、リック・ダンコにミッシェル・ンゲンチェロ。

で 今日の締めは、Hope Sandoval&The WarmInventionsの 2001年にでた Bavarian Fruit Bread。
少し 幽閉的で アコースティックで、ブリティッシュな香り 。
バート・ヤッシュが二曲弾いてますが、その二曲が また格別です。というか バート・ヤッシュが、特殊で異端の美しさありますね。何にも アバンギャルドじゃないんだけど 誰とも違う。
これは、隠れた ちょっとした 名盤だと思います。1999年の作品なのに、1970年代の、リンダ・ルイスや、バニシティ・バニヤンのアルバムみたい。
わぁー
白ワインに 赤ワイン、焼酎に 日本酒、もう ぐるんぐるんになってきました。
お お おやすみなはれー。
[PR]
by to-ru_drum | 2009-01-26 02:09

神戸震災ライブ

先日 17日に、平松愛理ちゃんが、毎年 続けている 神戸ミーティングという 復興支援ライブに参加してきました。
僕は、今年で、7回目くらいの参加になります。

もう 14年も経つんですね。
新神戸駅から 会場までの タクシーのおじさんに話しかけたら その人も 家が半壊し 仮設住宅に避難していたとのこと。
その後も 会社が震災の影響で倒産し 今 タクシーの運転手をしている、そして いまだに 完全には治っていない家の耐震対策の援助金を兵庫県と神戸市に申請しているけど 財政難で なかなかお金がおりない、
必ず起こるだろう 南海大地震があれば、家は、倒れるから、早く修繕したいとのことでした。

うーん。今でも たいへんだったり 負債かかえてしまったり 身近な人を亡くして涙している人 たくさん 神戸にはいるんだなと 実感しました。

東京にいると あまりわからないですから、その感覚が。

タクシーのおじさんの 南海大地震を 病的にまで恐れる気持ち あの阪神大震災で 何か 変わってしまった人にしかわかりません。
でも 僕でも、やはりこの日は、毎年 ホーリーな気持ちにはなります。
特に 神戸の地に足を踏み入れると。
皆さんも そうでしょうが 直接 震災にあってない人でも あの日以来 何か 変わったはずです。
おそらく 他人が、隣人になる。な、感覚だと思います。あるいは、人がいとおしい。
神戸に ボランティアにいかなきゃあ!行くべきだし、行きたい!と 個人主義な僕でさえ 思いましたから。

でも 実際は、そんな勇気 も行動力もなかった。
自分の故郷なのに。

こうやって 平松愛理ちゃんのライブに 参加することが 自分の中での 罪ほろぼしであり、日常で ついぞ忘れがちな、他人をいとおしく思う気持ちを思い出させてくれる 大切な行事なのです。

風化させては、いけない気がします。
サリン事件もそうですが。
理不尽な暴力にあった時 、僕らは 結束する気持ち思い出すのでは。

真面目な話しになってしまいました。

で 今は、ジョン・アバークロンビー・トリオの1996年のライブ盤 タクティクス聴いてます。
オルガントリオの形態。
硬派なECMです。でも どこか サラッとしてます。 ジミースミスには なりません。

今日は ジェイムス・テイラーの昨年でた カバーアルバム聴きました。
バラード多いかなと思いきや 意外にもリズムがある ソウル ブルース多し。明るい。 ドラムは、スティーブ・ガッド。深い!

で 最近は 古いロック ジャズよく聴いてます。
ジミヘンのライブ、イエスのこわれもの、クリームやディープ・パープル、グランドファンクのライブ、キッスのアライブ、エアロスミスのロックス、ベッグ・ボガード&アピスのライブインジャパン1973。
オールマン・ブラザーズの1970年のラッドローガレージライブに 1973年のブラザース&シスターズ。

いやぁ 皆 濃い 濃い!

僕が 中高時代に ヘッドフォンして 狂気乱舞してた音楽です。が その当時は、僕は、どちらかと言うと ギターやキーボードやっていたので 勿論 バリバリ 広く浅く 趣味の範囲ですが、こうやって 今 ドラマーな気持ちで聞くと いっぱい発見あります。
キッスて 意外と16ビートやん、オールマン・ブラザーズは、もうジャズやん、
ディープ・パープルって サンプリングして ループで使えそうなファンキーグルーヴありまくり!など。

いやぁ たまりません。1970年代ロック。

で 今日の締めは、レイ・ラモンターニュの新譜。
歌詞解りたかったので 日本盤出るの待ってたのですが、なかなか店頭に出ないので 昨日 輸入盤で購入。
いゃあ さすがの三枚目です。
今回は ソウル色強し。
プロデュースは、イーサン・ジョーンズ。やはりすごい!
ドラム、ギター、ベース、キーボード、ウクレレ、バンジョー、 ストリングスアレンジ何でもやってます。天才。

でも レイ・ラモンターニュが やはり普通じゃない、凄みあります。
一人ぼっちで完結してる音楽です。

ではー おやすみなさい。
[PR]
by to-ru_drum | 2009-01-24 02:19

明けまして

おめでとうございます!
今年の元旦は、長崎のハウステンボスで 迎えました。
僕は 三回目ですが、ハウステンボス 相変わらず 美しい場所でした。
完璧に作られた 偽装の町ですが、浦安のディズニーランド同様 これだけ徹底してると やはり 気持ちいい。

アトラクション的には たいしたものは何にもないのですが。

で、 音楽仲間と迎える正月も なんだか いいですね。三日間 とても 楽しい思い出になりました。

で 長崎みやげは、岩崎本舗の角煮まんじゅう、福砂屋のカステラ、みろくやの長崎ちゃんぽん、五島列島の魚の練り物 で 完璧でした。 どれも あたりでした。

で ライブは野外だったんですが、リハーサルから雪が舞う 霰が降るで、生涯で一番寒い中でのライブでした。 札幌の雪まつりの野外ライブより寒かった。

ライブが進み、盛り上がってくるにしたがって、逆に手がどんどん冷たくなってきて、体が もう無理!もう無理!と叫んでました。
ただ 今回のために買った ノースフェイスのアンダーダウンなる上着が、超優れ物でした。
久々に洋服に感動しました。超薄くて 超軽いのに 風を遮断 暖かいのです。都内なら 長袖Tシャツにこれ 一枚でも大丈夫な感じです。
ドラマー 冬の野外ライブには、絶対オススメアイテムだす!


で、東京に帰って来てからは 昼間は下北沢にドラム個人練習しにいき 夜は、音楽聴いたり、テレビ観たり、百人一首したり、お酒呑んだり、本読んだり、家で のんびりしてます。

今 テレビで アーセナル対リバプールの試合観てますが 滅茶苦茶面白い。思わず、聴いていたCD止めてしまいました。昨日の マンU対チェルシーも凄かった。一大スペクタクルです。
速い 速い!そして一生懸命。全員が、スティーブガッドや、テリーボジオみたいになってます。
いい音楽聴くのも楽しみですが、僕にはスポーツ鑑賞?が、人生においては、大切な喜びなのです。

で 今年の僕のテーマは、ただ ただ 叩き、そして 少し考えて また 叩き で 聴いて 聴いて やっぱり叩くです。

体で 覚える。しか ないな と 最近とみに思います。
どんどん 体の衰え、きてますが やはり ドラマーは、どこかアスリートな気持ちないと やばいと思います。

叩きまくりな一年にしまーす。
今年もよろしくお願いしまーす。
[PR]
by to-ru_drum | 2009-01-04 23:40