<   2008年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

北海道

c0088941_0475564.jpg

今日は 函館から、電車で5時間かけて旭川にきました。
数日前 学校2 という感動の日本映画みました。 主人公の吉岡君 演じる 自閉症の養護学校生が 安室のコンサート 旭川市民会館までみにいくなシーンありました。

なので 旬です。僕的に。
北海道
やっぱり雰囲気あります。

で 今日は 夕方 時間があったので 三時間くらい散歩しました。

しかし 北海道には、街のはずれに きれいな公園ありますね。
札幌にも、たくさんありますが、ここ旭川にも 常磐公園という とても 美しい公園ありました。
その写真です。
このブログって 写真載せれるのでしょうか?
自分では、わかりません。

常磐公園の横は、石狩川です。昔は、鮭の遡上が、バリバリにあったみたいです。
川辺を歩きました。

夕陽がとても 綺麗でしたが 暗くなってから戻った 常磐公園もまた ムードありました。

一人で 見知らね街 歩くと 孤独なんですが ウキウキもします。
僕は 基本的に 一人旅が好きだし 一人で 未知な場所 寂しい場所に行くの好きです。
夜の漁村、陽がしずんだ湖畔、夕暮れの川辺、人気のない公園、暗い路地裏、廃墟 等々 大好きなのです。

僕は 人と 群れてばかりいると だんだん 心が 乾いてきて 冷たい気持ちになります。
現実的に、大好きな仲間なのに、ワイワイあまりできない自分に問題があるし、そんな自分、一人になりたがる自分が嫌いなのですが。こればかりは、なおりません。遺伝子かも。でも、たまには、いや、頻繁に、一人になって 孤独にならないと、なかなか やさしい気持ちとか、感謝の気持ち 思い出せないのです。

一人で旅したり、綺麗な景色見てる時に、いろいろ考えます。
そういう時に考える事、 結構 私欲から離れて 良いこと?思ってるよな。

なんて、
輪に入っていけない自分を強引に認めてしまう お気楽な僕は もう 寝ます。

おやすみなはれー。
[PR]
by to-ru_drum | 2008-09-30 00:47

Kaiser Cartel

いいの 見つけてしまいました。
何て読むんだろう?
カイザー・カーテルにしときましす。
男女二人組。コットニー・カイザーとベンジャミン・カーテルの二人。 殆んどの楽器 二人で演奏し、二人で歌います。

ニューヨーク・ブルックリン出身。

ありそでない世界。
少しだけ エレクトロニカはいってますが 基本は、素朴。
アコギ ヴィンテージなエレキのサウンド、最近では珍しい男女ハーモニー 口笛 タンバリン 生ハンドクラップ チェロ クラッシュシンバル全く鳴らさないドラム、曲調は、ママス&パパス風 ウ゛ェルウ゛ェット風、ソフトなパンク魂あり、ただのフォーク調、いろいろですが。
でも、なんか いい!
じわじわ いい!

メロも そんなに キャッチーでないのに 飽きません。

もっこりした音感も いいし、今時な
ロードムービーなんかの挿入歌に入ってたら 超はまりそう。

プロデュースは、アクアラングこと マット・ヘイルズ。
ミックスは、シガー・ロスで有名な、ケン・トーマス。

で ジャケットが最高。
ジャケットとデジパックだったので 買いました。
やはり 当たりでした。

僕は 男女ユニット 大好きなのです。

古くは リンダ&トンプソン。
グレッグ&コリスター。
エウ゛リシング・バット&ザ・ガール。 ギリアン・ウェルチ。
基本は、女性のアルトボイスに 男性のテナー・ボイス。

片方が歌わなくても ザバードオンザビーや ヤエル・ナエム ホワイト・ストライプス、すきやわぁー!

で 今は ハングリー・チャックの1972年にでたアルバム ハングリー・チャック、聞いてます。
カントリー・ロック、ウッドストックサウンドの名盤、アメリカン・ロックの真髄!とのこと。
噂でさ聞いてましたが 今 初めて聴きました。
今をトキメク いや ずーと ジム・ケルトナーの様に 40年近くときめき続けてる スティール・ギターのベン・キースや、 ギターの エイモス・ギャレットがいたバンドです。

曲自体には、そんなに 魅力は感じません。ザ・バンドとの違いです。でも 演奏の深み 楽しさ 勢い ジャンルを飛び越えたサウンド、実験精神、ジョン・サイモンのアルバムのようです。今 聞いても 古くはありません。
昔のジャズのアルバムのような 定番になっていくんでしょうね。もう なってますね。


うわぁ もう 三時半だ。
こないだ バンドで オールナイトライブやってから、生活が 逆転気味です。
ここ最近、僕には 午前が存在しません。起きて 7時間くらいしたら 陽が沈みます。
いけません。こんなことでは。
なので おやすみなはれー。
[PR]
by to-ru_drum | 2008-09-25 03:22

スフィアン・スティーブンス

今 スフィアン・スティーブンスの2006年にでた アウ゛ァランチ聞いてます。
一曲目は、 いきなり 金延さちこの み空 のようです。
しかし 凄い才能。噂では知っていたのですが 初めて 最近聞いて びっくりしてます。

何風と言い出すと きりがなくなります。

民謡 クラシック 変拍子 ビートルズ ストーンズ フリー・フォーク、バーバンク・サウンド、カントリー、エレクトロニカ、ラウンジミュージック、あらゆる、ジャンルが楽器が 万華鏡のように!で スコアが そこそこ譜面の指定がある音楽。

ジャズも そうですが スコアがある 譜面があるロック これもまた 魅力があります。

今 テレビで サンボーンが キングカーティスのカバー 演奏してます。見事な 肉感的な 感情な 表現。

スフィアン・スティーブンスとは、対極ですが どちらも 僕の心を揺さぶる訳で 両方 ありです。
でも 僕が やりたいのは、スフィアン・スティーブンスの方ですが。

今日は、夕方 太陽が 雲の隙間からでてきて それは それは 陽射しが濃くて 綺麗でした。

僕は 雨上がりの陽射しが とても好きです。

きっと 雨で空気が洗われて 汚れがないことと まだ 太った雲が いっぱい残ってるぶん 陽射しが 濃くなり 色彩も 艶やかになるんでしょう。

僕は最近 何か 綺麗だったり、おもしろいものみたら、携帯で娘に 写メールするようにしてます。

まぁ 迷惑なんでしょうが。

今日も 綺麗な空の写真 娘に 送ったら 返信が、それで?的 冷めたメールが。
いや いや めげないよ。 暑苦しい父の 押し付け いつか 可愛く感じれるから。
しゃあないなぁ ぐらいにはね。

秋がきましたね。もう、クーラーや、扇風機とも、お別れだな、半パンたちとも、草履たちとも。

窓から 秋の虫の鳴き声 さすがに蝉の声 いなくなりました。

で 今日の締めは、ブロッサム・ディアリーの1998年にでた I'm Hip。
リラックスできます。
ライブの編集盤です。
声だけなら 20歳代のピチピチギャル?
でも ほんとは、もう おばあちゃんなのです。

かっこいい 歳の取り方してますね。ブロッサム・ディアリー。
もう少し飲んで
寝ます。

おやすみなはれー。
[PR]
by to-ru_drum | 2008-09-23 03:19

ニュートン・フォークナー!!

きたー!!
いい音楽に出会いました。
なんか ジャケットがださい? サウンドトラックみたいだったので 不安だったのですが 当たりでした。

白人版 ラウル・ミドン!くらい 曲が全曲 素晴らしい。捨て曲なしの メロディーメイカー。
スタジオで いきなり 大音響でながして ドラムあわせたのですが、もう 次から次に いい曲の応酬なので びっくり。17曲もあるのに 全然飽きません。

基本は、アコギ主体の 爽やかポップスです。
えっ!と 思うほど 普通ですが、簡素な演奏がまたよし。
ドラム ベース ほとんど 存在感ありません。打ち込み?
ギターひとり オーケストラに近い。確か イギリス人です。
なんだか 品がいい。
ブリィティッシュ・フォークな曲も入ってます。

軽い ジョン・メイヤー、ジェイソン・ムラーズのソウル色抜いた、そんな感じ。
声 いいです。ライブみたい!

つぎは ジェイミー・リデルの新譜 JIM。

これまた ご機嫌。ファイストのアルバムにも たしか絡んでました。
ゴンザレスに ジェイミー・リデルなに ベニー・シングス 皆 イギリスではないヨーロッパ在住ですが、この辺りの集団が、僕が今 一番気になる 潔い ボップス作る人達です。

で ジェイミー・リデルは、モータウンや オーティスやサム・クックな R&Bですが、新しい。
エイミー・ワインハウスのやり方に近い。
もともと ハウス テクノな世界の人らしいのですが、このアルバムは、超ポップな ソウルです。
いゃぁ 最高に楽しい。ドラム一緒に叩いてて ハッピー!になりました。
こんなに 楽しいだけの音楽のどこが悪いー!


で 昨日 ルーファスのファーストアルバム 1974年にでた Rufusizedに合わせて ドラム叩いてたのですが、 いゃあ!いいですね。
リズムが パッツン! パッツン! プリプリしてます。

ドラムは まだジョン・ロビンソンではなく アンドレ・フィッシャーです。
この時代のソウル ファンク AOR ロック やっぱり どれも いいですね。

もう 古典?です。


で さっき 娘から パパこれ聞いて!と
コンビニ。
という曲 聴かされたのですが、
心がなごみ、笑えました。
皆さんも 要チェック。

おやすみなさい。
[PR]
by to-ru_drum | 2008-09-20 03:26

エリック・カルメン

今 エリック・カルメンの1977年にでた ソロになってからの二作目のアルバム 雄々しき翼 聴いてます。

高校生の頃 エリック・カルメンの曲 バンドでコピーしてました。僕はキーボード担当でしたが。
一枚目の サンライズには、オールバイマイセルフや、恋にノータチ、などの 大ヒット曲ありましたが、このアルバムにも 地味めですが、いい曲入ってます。

ドラムには、ナイジェル・オルソンとジェフ・ポーカロ。
ナイジェル・オルソンは、エルトン・ジョンバンドで有名です。イギリスのラスカンケルです。
ゆったりした乗りに スペーシーなタム回し。
あと このアルバムには、エルトン・ジョンのストリングアレンジで有名な、ポール・バックマスターが参加しているので どこか エルトン・ジョンの二枚目の超名盤 、EltonJohn,邦題は、僕の歌は君の歌、にはいりそうな曲あります。

最近 聴いてたアルバムは、ヨーロピアンなジャズ ロブ・マンダトリオの 1977年にでた I got it bad and that ain't good。
日本人の 澤田みのるさんプロデュース 澤田工房製作のアルバムです。澤田工房の アルバムは、とても センスがいいのです。日本人の琴線に触れるアルバムつくります。そして 音がいい!
主に ヨーロッパ発の ジャズですが。


スピリチュアライズドの最新作 ソングス・イン A&E。
イギリスです。楽器の 上手さではなく 何がやりたいのかが大切 という 初心を思い起こさせてくれる音楽です。
そんなにはキャッチーではないけど 最高!シガーロスの兄貴ですね。
ストーンズばりのロックもありますが、後半どんどん
スピリチュアルになってきて、さすがの一枚です。。。。。次は、200年にでた
ジョアン・ジルベルトの カエターノプロデュースのアルバム。
声とギターだけです。
たまに 無性に聴きたくなります。

ジェシー・ベイリンという アメリカ ニュージャージーのシンガーの 最近でたアルバム フィイヤーサイト。
ジェシー・ハリスが4曲で共作していたので 即日 買いましたが 少しがっかり。
いろんなタイプ カントリー ジャズ ロック なんか統一感なし。何がやりたいんねん!
声 ハスキーで ルシンダ・ウィリアムスみたいでかっこいいし 歌もうまいから、つぎは ちゃんとしたプロデュースでやってほしいー!

ピンク・フロイドの1977年のアニマルズ。
これは 僕は、高校生の時 現役で聞きました。狂気は、後追いでしたから。

ピンク・フロイドは、この スペースがふんだんにあるのがいいですね。隙間 音色 景色、心の中に じわじわ はいってきます。
で キーボードのリック・ライト亡くなりましたね。残念。 ニック・メイソンのドラム、好感持てます。まさに バンド・ドラマー!

マイルスの 1970年にでた ビッチェズ・ビリュー。
スタジオで 大音響で聴きました。
いつ聴いても 魅力があります。音楽的な発見だったり、演奏中の 心の持ちようだったり、流して聴いてもかっこいいし、集中して正座してきいても はまります。
一緒にバタバタ ドラム叩いてましたが、意外にリズムがタイトなのに驚きでした。
で マイルスは、この時期 先程もでてきた エルトン・ジョンのストリングアレンジのポール・バックマスターに ぞっこんだったみたいです。
鬼才は、鬼才を刺激するのですね。
ポール・バックマスターのアレンジ どこか 普通じゃないですから。

2004年にでた エリック・クラプトンの ロバート・ジョンストンのトリビュート的アルバム セッション・フォー・ロバート・J。
結構、激しめです。
セットでついてた DVDも 楽しめます。


ポール・マッカートニーの 1971年のラム。
今聴くと、粗削りな 印象。

で 今 聴いているのは、 1968年にでた パーシー・スレッジのアトランティックでの四枚目の テイク・タイム・トゥ・ノウ・ハー。

そろそろ 寝ます おやすみなさい。
[PR]
by to-ru_drum | 2008-09-19 03:04

キャロル・キング

キャロル・キングのライブDVD Welcome To My Living Room 観ました。
感動。
もう何歳なんだろう?おそらく60は越えてると思いますが。
でも 元気で、無邪気。
顔 くしゃくしゃにして歌い、ピアノガンガン叩いて、 跳び跳ねてギター弾いてます。

こんなに 凄い人 きっと億万長者な余裕な人生なのに、ドキドキしながら、必死にライブしてる姿に、
ホントのシンガーソングライター根性 感じました。

枯れてないわー!キャロル・キング。

本人のピアノが主体で あと ギターが二人入るよな ドラム無しの編成ですが、曲がいいから、十分 伝わります。

で やはり アルバム 綴れ織り からの曲が、たくさん やっているし 客の受けもいいようです。

今日 タぺストリー 流しながら ドラム叩いたのですが たまりませんね!
あのアルバムは!
ドンカマ使ってない録音だから、リズム よれよれなんですが、 全然 大丈夫!というか あり!

皆が 顔 見合わせて 耳をそばだてて キャロル・キングの手元や 息をすう瞬間 肩があがり 下がる瞬間 感じながら、演奏しているのが 想像つきます。だからの名盤なんだとも言えます。
こんな レコーディング 僕もやりたい!

こないだ スティーブ・フェローニもドラムクリニックの時 言ってました。
ただ演奏して それが そのまま 普通に録音されてレコードになる 音楽的な時代は良かったと。いい時代だったと。今はプロトゥールスで、何でもできて、リミッターかけて音圧揃えて、BPMに支配されて。これには、賛否両論あるでしょうが 気持ちは、解ります。


最近 みた 音楽DVDは、
ノラ・ジョーンズの最新ライブDVD ライブフロムオースティン。2007年6月のライブです。
ノラ・ジョーンズ なんだか 少し痩せて また いちだんと綺麗になった気がします。映画デビューもしたし。
あと あの オドオドした目線の落ち着きのなさが なくなりました。
堂々として 余裕がでてきました。
でも それが 逆に寂しい。あと 細かく言えば その オドオドしてた初期の方が 歌 完璧でした。

でも やはり ノラ・ジョーンズの世界は、大好きです。Soundもふくめて。
そういえば ノラ・ジョーンズのアルバムも ノードンカマ、一発録りが基本。


アントニオ・カルロス・ジョビンの1991年11月のライブ。
名曲オンパレード。
おいしい水、ワンノートサンバ、コルコバード、ウゥーブ、デサフィナード、三月の雨、イパネマの娘、等々。貴重です。本人 バリハリ歌い ピアノ弾いてます。

2006年 こないだの エリック・クラプトンの福岡公演の 隠し撮り お宝映像。
音は、マイク録りですが ナイスバランス!に 美しい映像。これは ヤバいです。ずっと スティーブ・ジョーダン観れます。
市販の映像は、抜きが多いので、 逆に隠し撮りの方が ドラマーと全体の関係見れて 参考になります。
いやぁー しかし 凄いバンドだ!
ドラム界三大スティーブは、皆 クラプトンバンドに在籍してるのです。さすが クラプトン!

次は ジャクソン・ブラウンの1978年のツアー。これは、凄い。 一番 ジャクソン・ブラウンが 乗っている時期。常に 完璧なんですが、ジャクソン・ブラウンは。
で、このライブ、メンバーが凄い。 僕が世界一の8ビートを弾くベースマンだと思ってる、ボブグロウブ!キーボードが クレイグターギー!ギターがデビッドリンドレー!で、ラスカンケルの代役で なんとジム・ゴードン!!!
動くジム・ゴードンをこんなに たっぷり観れる映像は、他には無いのでは。
貴重ですが 素晴らしい演奏です。
こういうの観ると つくづく思います。
僕はこっち側の人間だと。やっぱり こんな歌の後ろで 歌に寄り添い支えるドラム 叩きたいと。シンプル・イズ・ベスト。

ジム・ゴードン 超クールに 不機嫌そうに 軽く叩いてます。あの豪快でイケイケなジム・ゴードンではありませんが、これは これで流石のかっこよさ!日本人だと、林立夫さんが、手数が多めで、ウネウネしてた時代から、ユーミンのパールピアスやボイジャーの頃に 時代の波に押されて シンプル ソリッドになった感じに近いかも。
そして 二人とも その後 すぐに引退してしまうのです。
ある意味 二人は 似てるかも。
もともと ジャズあがりというか ジャズ好き。
微妙な 装飾音符や、人間味溢れる グルーヴ 跳ねた感じ スウィングテイスト。
そして 時代は、装飾いらない 80年代に。
つまんなかったのかも。
でも シンプルな 林立夫さんや、ジム・ゴードンが 実は 本人は 違うと思うかもですが メチャクチャ かっこいいのです。深みがあります。

僕が 上京したての頃 1984、5年の頃 引退寸前の林立夫さん生で見て ぶっ飛びました。あまりの かっこよさに。ここぞというポイントにグルーヴがあり、そして 横揺れな乗りが有りながら タイトでシンプル、で いちいち フィルインがお洒落。 そして 涼しい表情。
いやぁ かなわない お坊っちゃまドラマー!

確か 佐藤ひろしさんの ライブでした、何度も見に行きました。六本木ピット・イン。林立夫さん確か タムは、シモンズでしたが、関係なく音楽してました。

林立夫さん 最近 復活してます。年内 僕は二回くらい 林立夫のライブ見に行く予定です。大 大 ファンなので。

しかし ジム・ゴードンはこのジャクソン・ブラウンのライブ のあと 1980年代には、精神に破綻きたしてしまい 最後には 自分の母親を殺してしまうという 悲しい結末になってしまいます。まだ 生きているのでしょうか?
ジム・ケルトナー、ガッドやジョーダン、スティーブ・フェローニや、バーナード・パーディー。最近では、ジェイムス・ギャドゥスンやエド・グリーンも大復活。
1970年代のドラマーは、やはり 凄い!な時代になってきたのに ジム・ゴードンがいないのは、寂しい。

で今は
1986年にジャクソン・ブラウンがドイツでやったライブ映像観てます。
メンバーの振り付けが ニューウェーブな 二拍 四拍 ネックを振るな感じ 微笑ましい。 しかし ドイツでも日本でも ジャクソン・ブラウンの世界 皆 解るんですね。熱狂的な観客です。
音楽の良さは、国境関係なく伝わることですね。

ドラムは、イアン・ウォーレンス。パワフルですが、ジム・ゴードンの方が暖かいな。時代なドラミングで、しょうがないのですが。
あと キーボードで 現在のトムペティ&ハートブレイカーズの 重要なサポートメンバー、スコット・サーストンが参加しています。 トムペティのバンドでは、ギターと、ハーモニー担当ですが。才人ですね。歌も 相当うまいですから。

今日 娘が修学旅行から帰ってきました。
なんだか 嬉しい。

嬉しいついでに 今から Jules Shearの新譜 more'聴きます。
えらい ロックやわー。
結果報告はまた。

おやすみなさい。
[PR]
by to-ru_drum | 2008-09-18 03:30

ダニエル・ジョンストン

ダニエル・ジョンストンの 伝記映画、悪魔とダニエル・ジョンストン、最近 観ました。

ダニエル・ジョンストンは、精神病を患っている シンガーソングライターです。

最初 聞いた時、あまりのローファイ感に 驚きました。
演奏は、粗いし、歌もよく外れるし。録音はカセットテープだし。
でも 歌詞読んで あらためて歌声に耳をかたむけるて もう 涙。

ブライアン・ウィルソンやシドバレットみたいに 危うくて 純粋で、これしかできない清さ あります。


で、 この映画観て ますますファンになりました。
バリバリ 本人がでてくる、ドキュメンタリータッチの映画なのですが、ダニエル・ジョンストンの若い頃の映像が、残りまくってることに まず驚きました。
本人が、自分がつくったもの、感じたもの、何かの形に残す事、とても好き。そして 誰かにきいてほしい!みてほしい!

自意識過剰。

そこが 大切だったりします。造る人は。

ダニエル・ジョンストンの曲 ビートルズやブライアン・ウィルソン級にハッとするよな美しい曲もあれば、ただのロックンロールなのに その歌詞と歌声の無垢さに やはり美しいと思ってしまうような曲もあります。後者のような曲は、なかなか出会えない。
彼の書く 絵も グロテスクなのに愛嬌があり、たまりません。

興味のある人は 是非 映画みて、曲聞いてみてください。好きな人は好きでしょうが、解らない人、生理的に受け付けない人も大多数いると思います。
壮絶で危なくて、悲しいのに、 おかしくて ラブリーで 勇気づけられる 人生が 楽しくなる、そんな映画です。
[PR]
by to-ru_drum | 2008-09-16 23:37

スティーブ・フェローニ

僕の中での 偉大なる三大スティーウ゛!ドラマー。ガッドとジョーダンと そして フェローン!
ただ 読み方は、フェローニだそうです。
でも もう 30年近く フェローン!って読んでるんで 今更 フェローニと言われても。

その スティーブ・フェローニの ドラムクリニック 渋谷エッグマンに 今日 見に行ってきました。
超間近で 僕が最も 好きなグルーウ゛が 惜し気もなく! 感動!

いゃぁー、僕の思い描く 予想通りの スティーブ・フェローニが そこにいました。

勿論ビデオや 音は、死ぬほど聞いてきたのですが、 これ程までに やっぱりこうだったんだ!と 確信。
完璧なリズム感、ソリッドでタイト!
でも 踊りたくなるよな のり。乗りの良さ。

最初 普段 僕はアンサンブルドラマーだから、まず やらないんだけど、と言ってはじめた ドラムソロ。

でも その リズムの気持ち良さに 本人すら 思わず 何小節も リズムパターンをキープ!フィルしないでー!お願いー!
と 僕は 心の中で 叫んでました。
そして 本人も ほとんど 派手な技見せず ドラムソロ終了。
僕は号泣。素晴らしすぎる!
この姿勢に、拍手。

で スティーブ・フェローニは言ってました。
日本には、禅の心のがある。
僕は 禅ドラマーだ。
自分のエゴを捨て 人のためにドラムを叩く。
ボーカルが歌いやすいように メンバーが演奏しやすいように、お客さんが 踊れるように。

僕も そうは思ってはいますが、どうしても まだ自信がないからなのでしょうが、エゴがでるし 自分のために演奏してしまいます。
スティーブ・フェローニは、ほんと に その言葉通りのドラム叩いてました。
クリニックなんだから、客が喜びそうな 派手な技見せるかと思いきや 一切なし!
きよい!

僕が 世界で最高だと思ってるエイトビートは、スティーブ・フェローニがトム・ペティと一緒にやっている時なのですが、彼は 一緒に歌いながら叩いているそうです。

そう言えば コステロの後ろでも ピート・トーマスが 歌詞 一緒に歌いながら叩いてました。
いい 8ビートたたく ドラマーの条件かも。

あと 今日 驚いたのが 客が 何十年も前に スティーブ・フェローニが叩いた アベレージホワイトバンドや ブライアンオーガーの曲の質問したとき。
なんと、歌いながら そんな昔にやった曲 完璧に再現するんです!!頭からエンディングまで!

信じられないその記憶力、体に一度入ったものは抜けない。そこに 驚嘆。

あとは、 音の美しさ。音量のバランスの良さ。これは、大きなライブ会場や CDでは解りませんから。
目の前で 生音で確かめないと。
で まさに 何の加工もなく あのリック・ルービンが作るドラムの音になってました。 やはり、スティーブ・フェローニ本人があの音出してたんだと 実感。
あとは、 音の粒立ちの一定さ。
これは、ガッドも ジョーダンを観ても思いましたが、そこに グルーヴ以前の 基礎体力感じます。

多分 かれらは、 一時間でも 二時間でも、同じ音量で、同じテンポで 同じタイミングで、同じスティックの振り幅、軌道で、そしてノーミスで、叩き続けれるんでしょうね。 そういうのが、僕が思う一番難しい技術なのですが。
凄い集中力と、音楽好き!リズム大好き愛も必要。 ただ それならコンピューターでもできる。。。。。そこに グルーウ゛!!が、ポケットに入るとドラム用語で言いますが、その両立ができるドラマーは、世界でも とても少ないのではないでしょうか。

リズムが 少々よれても 気持ちのいい乗りを持っている ポケットドラマーは、何十人も いますが、 完璧なタイム感に ポケットドラマーで、音色が美しいドラマーは、ホントに少ない。
僕的には、三大スティーウ゛以外だと、゛ジェフ・ポーカロ、ラス・カンケル、ジム・ケルトナー、リック・マロッタ、マット・チェンバレン、ピート・トーマス、マヌ・カッチェ、バーナード・パーディー、ジョン・ロビンソン、ヨギ・ホートン。
デニスも ウィックゥェルも ビニーも、少し違う。

素晴らしきバンドドラマーやジャズ・ドラマーも 少し違う。

でも スティーブ・フェローニも レボン・ヘルムも サイモン・カークも、ガッドも、ケニー・ジョーンズも、エルビンも、ジョーイ・ワーロンカーも、同じに大好きなのですが。


まぁ よき 1日でした。

なんだか 最近 20代前半の頃のように、ドラマー追いかけてます。
でも 以前は、食い入るように 観て コピーしなきゃぁ! 真似するぞー!な 目線。

今は ただ 涙。拍手。
生きざまに乾杯!で 自分は自分。僕は、何者?
僕には、何ができるのか 僕は、何がしたいのか。

この歳だからこそ、いいライブ 演奏見にいかなきゃあ!


で 今は サジタリアスの1969年にでた ブルー・マーブル聴いてます。
サジタリアスは、ゲイリー・アッシャーのスタジオプロジェクトです。
僕は、このあたりのの ソフト・ロックは、永遠に旬なのです。
ゲイリー・アッシャーは、あの ど名曲!インマイルーム!ブライアン・ウィルソンと共作した人です。

あぁ スティーブ・フェローニ見た夜に、ソフト・ロック聞いてしまう僕なのです。

つぎは、 1971年にでた UKアシッド・フォークの名盤と言われている Phil Sawyer の Childhood's End。
ギリギリ 微妙な アシッド・フォークです。本人の計算はない感じです。
当時のサイケSoundや プログレ的アプローチ、普通のアメリカ好きフォーク少年の、ギター弾き語りに乗せたアレンジ。
で、イギリス的、ラルフ・マクテルや、ボール・サイモンのイギリス放浪時の曲な、悲しげ、曇り空感あり。
そして ジャケ写真的 夕陽のベニスビーチ?見つめるな、カリフォルニアな夢。
アルバムは、当時、オーストラリアから発売。

なるほど。

フルート、タブラ、プロコル・ハルムなオルガン、まあ 絶妙な時代が生んだ 珍盤 名盤。

あぁ、スティーブ・フェローニの グルーヴな1日の 締めくくりが 真逆な ユルユルな アシッド・フォークです。
ドラマーな気概で1日が終われない、終わりたくない、いつもそうなんです。 これが 僕なんですね。
だから、ドラム 相変わらずたっても イマイチなんでしょうが。

おやすみなさい。
[PR]
by to-ru_drum | 2008-09-16 02:27

ブライアン・ブレイド

今は 奈良にいます。
初めて 京都から奈良への 近鉄に 乗りました。
関西人の僕でも新鮮!

奈良の駅に 降り立つと!大袈裟ですが いい匂いが しました。
木の匂いのような お線香の匂いのような 古風な匂いです。
街の中心地に 古い建物 ガンガン残ってて 京都以上です。

僕は 京都より奈良の方が 日本らしさ感じます。
どこか原始的な趣を。

かつて 上の姉と 飛鳥路 歩いたことがありましたが、いい思い出です。
姉と二人きりでどこか行くなんて 長い人生で おそらくこれ一度きりです。

下の姉とは、 神戸の三ノ宮に 明石焼き 二人で食べに行った、それくらいです。

で、昨日 丸の内のコットン・クラブに、ブライアン・ブレイド見に行きました。

ブライアン・ブレイドは、 ここ15年くらい 最も注目されている ジャズドラマーです。
そして ジャズ以外、ボブ・ディラン、ジョニ・ミッチェル、スティング、ピーター・ガブリエル、僕が好きな、エミール・ハリス、ダニエル・ラノワ、インディゴ・ガールズ、ノラ・ジョーンズの一枚目。
勿論 ジャズ界隈では、ジョシュア・レッドマン、デビッド・サンボーン、ウェイン・ショーター等。

生で 初めて見ましたが、ぶっ飛びました。
天才です。
流れるような 歌い倒す ドラミング。
ダイナミックで 繊細、で スピードありながら、タイム乱れない。

何でしょう!マックス・ローチな構築美から、エルビンな、野性さや、豪快なポリリズムに、ビルスチュアートな粋さ。
そして ソウルフルで、ニューオリンズスタイルに、アフリカン。

全ての要素が、はいってます。
野性と知性が いい感じで同居してます。

ブライアン・ブレイド生でみたら、誰だって一度は、共演 したくなるはずです。

ただ 結果は、わかりませんが。
ちなみに デビッド・サンボーンや、インディゴ・ガールズでは、 果たして 完璧なコラボレーションでは、なかったきがしますが。僕の趣味ですが。
ブライアン・ブレイドは、とても 流動的なプレイするので、ある一定のバターン繰り返すのが必要なグルーウ゛には、向いていないよな気がします。

でも 昨日は、自分のバンド おそらく ブライアン・ブレイドの曲に、アレンジだと思いますが 最高でした。
ずーと観てたい。そばにいたいと思いました。
全く 真似できないし、タイプは、僕とは、正反対ですが だからこそ 見習いたい、身に付けたい感覚 音色 空間 ダイナミクス、スピード感ありました。

行って 本当に良かった!
また 日本に来たら 必ず 見に行きたい。


おやすみなさい。
[PR]
by to-ru_drum | 2008-09-07 02:25

ソロモン・バーク

今日は、休みな1日でした。
最近 午前中は、ほぼ毎日、医者通いです。
近所の接骨院に 肋骨の治療に行ってるのですが、両脇の骨折は だいぶん楽になりましたが 胸中央の ろく軟骨は、なかなか治りません。

で、まだ自転車には乗れないので トボトボ歩いていくのですが、これが なかなか いろんな ご近所発見の旅で 楽しいのです。
こんなところに こんな 渋い三味線屋さんが! 木工所が!金魚屋さんが!
飲み屋が!仕立て屋が!
幽霊屋敷が!朝顔が!ひなびた路地が!行き止まりが!お地蔵さんが!
あまりに色艶やかな館と 不思議に思って 覗くと 沖縄出身の人が住む建物だったり!そんなのあるんだ!
歩いて 5分くらいなのですが 新たな出会いだらけです。

普段 車 自転車 走る道 通る道 決まってますから。
たまには、 のんびり歩くのも いいですね。
胸が 痛いので 早く歩けないのも また いいんですね。余裕ができるというか。


で 昼から 下北に 個人練習に行きました。
そこで ソロモン・バークの新作 ライクアファイヤーに合わせて ドラム叩きました・
ソロモン・バークの新作 だいぶ前に買っていたのですが 聞かずに 寝かしてました。
リズム グルーウ゛ガ凄そうなアルバムは、家や車では聞かず、最初にスタジオで 大音量で聞きます。そして同時に、初めて聞く曲には合わせてながら 即興でドラム叩きます・
これが とても 僕には、素晴らしい時間なのです。
で ソロモン・バークの新作 感動でした。歌も 曲も ドラムも。
なんといっても プロデュースとドラムは、ステァーブジョーダン!です。
クラプトン、ケブ・モ、ベン・ハーパー、ステァーブジョーダン、ダニー・クーチ達が曲書き下ろしてます。そして!なんと!ジェシーハリスが二曲も。

全体的には、カントリーブルース、ソウルな感じです。
あまり コテコテに濃いソウルじゃない これくらいが ソロモン・バークには あってると思います。

で、 今日は、ドナボン・フランクレイターの新譜、緩くて ソウルで 最高!
ザ・ルーツの新譜 ライジングダウン。クエストラブのリズムには、ほんと ドキドキします。
今 最高にヒップです。
アルグリーンの新譜での、クエストラブは 素晴らしい感動のドラミングでしたが、この ザ・ルーツのクエストラブには、新しい事に お前も、挑戦していけよ!的な、応援歌なドラミングに、僕には聴こえました。

あとは、 エイモス・リーの新譜 last days at the lodgeに合わせても ドラム叩きました。
聞けば聞くほど (涙)の暖かさ、ジェイムスギャドゥソンのドラムです。
これからは、こんな 暖かいドラミング、レボンヘルムや、最近ならケニーウォルセン、ジェイ・ベルローズ、ピート・トーマス、古くは エドグリーン、ポールハンフリー、旬です。
で、生々しい録音で リックマロッタ聞きたい。絶対凄いはず。 分厚すぎない音質なら、リックマロッタの重さ そして繊細さ 最高に引き立つと思います。
後は、ラスカンケルです。
常に 暖かい。
で 最後は、そぴえたつ ジムケルトナーです。
ジムケルトナーは、暖かいというより 年輪 200年の巨木というよな、全てあわせ持ってますが。

てな感じで 今日は、とても 幸せな1日でした。
途中 叩きながら 泣いてましたから。
あまりの 良さに。
ソロモン・バークに ザ・ルーツに ドナボン・フランクレイターに エイモス・リー。

で 帰り道、思ったのは、 僕の生きる力は、こんな瞬間が あるからなんだと。
最高の趣味でもあり、ひょっとしたら 自分もその仲間に入れるかもしれない!という期待と希望。それ目指す気力がまだあるんだと再確認して、また嬉しくなりました。

一昨日 スティーブガッド ブルーノートに 見に行った時も 思いました。

あまりの素晴らしさに、 自分が楽しくなったり、 (涙)したり。
一人で行ってたのですが、シャイな僕?が、曲終わると 両手あげて拍手し、手足バタバタさせて聴いてて、たまには、泣きながら、 端からみたら、不思議なオジサンに見えてたと思いますが。

さらに 引っ込み思案な僕には、ありえない行動まで!
なんと、スティーブガッドに 握手まで おねだりしてしまいました。
登場の時は無視!されてしまいましたが 引っ込む時は、ゲット!
太くて 柔らかくて ひんやりしてました。

年取ると あつかましくなりますね。
いろんなことが どうでもよくなります。

頭 打ったからかな?

そういえば 昨日も 夜 4時間くらい スタジオ個人練習で予約してたのですが、急に 娘と一緒に 居酒屋に行きたくなり、実行しました。スタジオ、キャンセルして。
かつての僕ならあり得ないことです。
でも どうしても そうしたかった。

で 以前なら罪悪感 あったのでしょうが 昨日は、幸せ感のみが残りました。娘と一緒に、居酒屋にいくのは、ぼくが最も幸せ感じれる時なのです。少し
お酒が入った状態で、娘のいろんな話、ふんふん聞いてるのが好きなのです。 いゃあー!良き夜じやった!!、、なんか天然の感じで、 日々 生活すると 以外と 今よりもっと幸せになれるのかも。
どこかで 僕は、明日に備えてとか、将来のためにとか、すぐに考えてしまい、どこかで 無理に感情や、行動を押さえ込みすぎてたのかも。

本来 ラテン的気質なのかもー!!わてはー! !

頭 打って 意識不明になったのを 契機にして、一丁 ガラッと人柄 変えてしまおう!
なんて、
ほんの ちょっと 考えてます。

で 今は アイダの新譜 マイフェアー マイダーク聞いてます。
レボンヘルムが ゲストでドラム叩いてます。
そんなに キャッチーな メロディーや ご機嫌なグルーウ゛あるわけではないのですが、が なんだか 引き込まれます。押し付けがましくて うるさい音楽が 多い中、 たまには 何にも事件が起こらないよな、じわじわ染み込んでくるよな音、歌、気持ちいいのです。

で 今日の締めは、 クリス・コナーの1958年、半世紀!前にでた クリス・クラフト。
和みます。
クリス・コナーって まさに ジャージーな歌だと 僕は思います。クールで 陰りがありながら、前向き。

おやすみなさい。
[PR]
by to-ru_drum | 2008-09-02 02:53