<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

キャサリン・フィニー

女性シンガーソングライターの キャサリンフィニーの セカンドアルバム、ハリケーングラス聞いてます。
昨年でたアルバムですが、日本盤は、でてないかも。

丸っこい 翳りのある声で 素直な曲を書き 歌います。

少し 地味ですが 飽きないアルバムです。

管楽器の使い方 ナイスです。
ブラスセクションとしてではなく 単体で ウラメロ ソロで。
ストリングスも 一本、二本くらいでの アレンジが、いい感じ。

そのあたりが、このアルバムの、ほのぼの、あったかい感じのキーポイントだと思います。

ここ 10年くらい 日本のポップス やたらストリングス豪勢にいれますが、 これからは、こんな 津々とした 細目なストリングス お洒落だと思います。

あとは、サックスでなく 木管楽器。クラリネットやファゴット。、あるいは、フリューゲルやフレンチホルン、勿論フルート。

いいアルバムです。


もう一枚 最近 僕が大好きな 女性シンガーソングライターのアルバムは、プリシラ・アーンの グッドデイ。今年 ノラジョーンズと同じブルーノートからデビューした、新人です。

僕は、プロデュースが ドラマーのジョーイ・ワーロンカーということで 即 輸入盤で買いましたが 最近 ジャケ違いで日本盤が出ました。
でも 輸入盤のジャケの方が 断然 彼女の世界に合ってます。白黒の写真に黄色い花模様のコラージュ。淡くて 乙女感あり。

このアルバムの凄さは、 普通であることです。
すべての演奏が さりげなく 控え目で、彼女のビュア&イノセントな歌 際立たせます。
恐るべし ジョーイ・ワーロンカー!
サウンドは、フォーキーですが、どこか 西海岸な特有な危うさあり!そして 少し サーフミュージックなムードもあり。
ナイス バランス。

ジョーイ・ワーロンカーは、ベックが一番勢いのあった オデェレイぐらいの時代の バックで 叩いてたドラマーです。
左利きで ボタンダウンシャツに ネッカチーフ首に巻いてた 金髪の 超お洒落 スタイリッシュ いいとこのお坊っちゃまドラマーです。

この人の凄いところは、 いっさい、俺はドラマーだぜ!的、フュージョン的ドラミング しないところです。

歌のためにだけ 叩きます。
ピート・トーマスに方向は近いかも。
手数が多くなっても 原始的で 教育受けた感じを、みせません。
グループが、スティーブジョーダンやラボリエルJr.や、マットチェンバレンみたいに 強力じゃないぶん 匿名性があって 歌に寄り添います。

泣けます。

全体を見ながらの、客観的な、プロデューサー的、観点でしか ドラム叩きません。


あと 今日 聴いたのは ジョニミッチェルの最新作。といっても 昨年でた シャイン。
実は、 半年前に買ったのですが 何故か 聞かずに 寝かしていました。
なんだか 僕には ジョニミッチェルは敷居が高い感じがして 気楽に聴けません。
正座してきかなきゃあと 構えてしまいます。

部活とかで、苦手な先輩いませんでしたか?

そんな感じ。

アルバム何枚も もってますが あまり愛聴してません。

でも このアルバムわりと 気さくでした。
本人が、自分でキーボード弾いてたり なんだか パーソナルでシンプルです。

相変わらず ジャージーなサックスも、やはり、はいってます。実は、少し飽きました。ジョニミッチェルの声に、ウェインショーター的サックス。素晴らしいのですが。が、 今回は、グレッグリーズ!の ペダルスティールが 絡んで来まくります。
すると

良かっ!良かっ!

ちょっと 怖かった先輩が、大病して入院した後、、優しく 丸くなった感じです。

これくらいなら 頻繁に聴けるかも。

今回のアルバムの印象は、祈りですね。


で 今日の最後は、ジェイコブ・ディランの新譜 シーイング・シングス。
最近 毎晩聴いてます。
夜 涼しいので 窓開けると もう 秋の虫が鳴いてます。
と このジェイコブ・ディランの音楽と ナイスマッチング!
まるで アルバムに 秋の虫の声が入ってるみたい。
まあ そんなアルバムです。
旅先のモーテルの一室で ギター弾きながら 思わず録音しましたな。
とてもアメリカ的ですが。僕の琴線は、震えます。
でも 日本では、こういうアルバム 音楽は、全く、売れない のでしょうが。
トムペティ然り。

でも 好きな人は、好きなはず。


プロデュースは、リックルービン。

さすがの 歌パワー際立たす 音です。
凄い人です。

で ジェイコブ・ディランの曲 歌 じわじわきます。

ウォールフラワーズみたいな キャッチーさ ダイナミックさはないので 最初は、地味に感じましたが、やはり ボブディランの息子。
きけば聴くほどに 染みてきます。

おやすみなさい。
[PR]
by to-ru_drum | 2008-08-26 02:31

元気です!

皆さん 心配かけました。
お見舞いメールくれた皆さん ありがとうございます。
ありがたい!
感謝です。

毎朝 早起きして、接骨院に治療に行き、家では、湿布 一度に六枚くらいはって 胸にサポーター巻いてます。

夜は、お酒を飲めないので やることないので 早寝してます。

で 結果 健康的な毎日 送ってます。

今日は、何にもない日だったので 下北に 個人練習しに行き 帰りに レコード屋?にいき ぶらぶらしました。

肋骨折れているとはいえ、家で じっ としているのは、我慢できないので。

というか 自転車でこけて 肋骨ヒビはいる
は、 実は数年前にもやっている僕なのでした。
まあ、その時は、お酒はいってましたが。懲りない おっさん なのです。

で その時の経験上 治し方 わかっています。
大切なのは、 痛いと思う事しないこと。

痛い!と なる瞬間 減らす事。

咳きしない。走らない。くしゃみしない。体 ひねんない。深呼吸しない。大笑いしない。 逆に言えば、痛いと思わなければ 普通に生活できるということです。
自然治癒しかないので。
なので、普通に生活しながら、徐々に 治していきます。

ただ 頭打ったのは 初めてなので しばらく 気を付けます。むちうちと。

これまた 数年前 スーパーの出口で おじいちゃん、座り込んでいました。どうも、滑って 転けて 頭うった みたいで 車で偶然 通りかかった僕が 近くの病院にはこんだのですが。
その時は、まだ 喋れてたのに その日の晩には、亡くなってしまいました。

そんなこと 思い出すと 僕も 安心できません。

頭だけは、怖いです。


で 今日 買ってきたCD Mutleの Livin'it聞いてます。Gラウ゛、エイモスリー、ダリルホール、ゲスト参加で 思わず買ってしまいました。
なるほど ホール&オーツのバンドでお馴染みのベーシスト t-bone wolkが プロデュースなので、ダリルホールがゲストなんですね。
Mutle maralは、フィラデルフィアの アコギ弾きながらのシンガーソングライターです。
ハッピーな メロディアスな曲 書きます。
ただ ダニエルパウダーの新譜もそうでしたが、最近の僕には、少し甘口すぎるのと サウンドにひねりが無さすぎ 陰りが 湿り気がない。
なので 今日の僕的には、あまり グッとは きません。
また、違う日に 車の中とかだと いいのかも。

で 次は Donavon Frankenreiterの新譜 パスイットアラウンド。聴いてます。
最近 あんなにはまってた ジャックジョンソン界隈の 癒し系サーフミュージック全く 興味なくなってしまい、この ドノバンフランケンレイターの 三枚目になる新譜も 買わないでいたのですが、 ジャケ写真の良さと デジパック仕様に やはり買ってしまいました。

で、良い 良い!
まず 音が 素朴で 暖かい。
曲は 一枚目のように 名曲ぞろいではありませんが 雰囲気やっぱりあります。

で 歌声が、断トツです。この筋の人の中では、僕は ドノバンフランケンレイターの声が一番好き。 哀愁。

曲は、全体的には、ソウル路線です。
ドラムは、ポスト マットチェンバレンな Victor Indrizzo!が殆んどの曲で叩いてます。
彼は、カチカチしたイメージありますが、このアルバムのまるっこい暖かい録音では とても緩く やわらかいドラムに聞こえます。
ドラムは、 録音によっては、同じ人が叩いても、別人に聴こえてしまいます。
やはり 音質で 劇的に変わりますね。ドラムは。
で いつものビクターインドゥリゾーも素晴らしいのですが、このアルバムの彼も 素晴らしい。

で 最近 聴いてたアルバムは、
メロディーガルドーのファーストアルバム Worrisome Heart。邦題は、夜と朝の間で。
ノラジョーンズやマデリンペルー的 ニーナシモン ビリーホリディの再来と言われています。
アコギ弾きながら ジャズスタンダードみたいな、オリジナル曲 歌います。

最初 聴いた時は、少しジャージー過ぎかなと思いました。あと、ノラジョーンズの初期のような、世紀の名曲みたいなの、一曲もないやん!と思って、第一印象は、ガッカリだったのですが、 何度か 聞くうちに ハマってきました。

歌詞 わかりたくなります。近々 日本盤でるので 買い直そうかなと 思ってます。
このアルバムは、グレンバラッド!が共同プロデュースしてます。しかし、グレンバラッドは、どんなサウンドでもやりますね。カメレオンみたいな人です。で、結果、キャッチーで聴きやすく売れるアルバムつくります。アルバムに統合感、中庸の美学あります。
次のアルバムは、ラリークラインがプロデュースするとの事。
名盤の予感。

次は、ゴンザレスの新譜、ソフトパワー。ゴンザレスは、ファイストのプロデュースで知られる フランス人です。
なんとも 可愛らしい ある意味 ギリギリ許される チープ感。
ファイストのアルバムにも ぎりぎりの アマチュア感ありましたが、彼の仕業だったんですね。
これしか できないのか 計算なのか。
70年代中盤から80年初期の ポップスの解りやすさ 満載です。

笑えるのが 何故か 中ジャケに 1978年 グラミー賞の一覧 が載せてます。
というか それのみ!
清い。その時代をトリビュートしてるのでしょう。
ギャグにしても。

ファイストの深みは、ありませんが、まあ 気楽に聞けば それなりに楽しめるし、盗みどころは いっぱいです。日本人のアレンジャーには。 僕には、関係ありませんが。

次は シガー・ロスの新譜 残響。
前作は、古い曲のリメイク盤で、深々とした感じでしたが、 今回は、わりと 力強くて 壮大な曲おおしです。
でも アイスランド 一度 行ってみたい国です。

やっぱり 感覚 なんか違う。宇宙的視点で 世界観れてるよな、ビョークとか、やはり 妖精の国?。

今回も ジャケ素晴らしい!淡い色調の写真で メンバーがスッ裸で 走っている。
今は懐かしい ストーリーキング!です。
でも 全然やらしくない。ガードレール飛び越えて 山に向かって いや 空に溶け込まんばかりに走ってます。
曲もそんな感じです。
前半は、まだ地上 走っててるよな激しい曲がならび、 後半の曲では、もう 空に溶け込んでしまってるよな 清々とした 曲がならんでます。

たまりません。
聞けば 聞くほど 染みてきます。

最近 僕は、つくづく 自分は、バンドの1ドラマーになりたかったんだと、というか、セッションドラマーみたいな仕事は得意ではない、ということです。
不器用なのです。
そして 同じ曲を試行錯誤しながら何回もやることが好き。飽きない。

シガー・ロス聴いてると こんなバンドに入って 一つのバンドだけで 一生終われるなんて 理想だなと。

でも 奇跡的に難しいのですが・
頑張って!U2!
サザン亡き後は、頑張ってスタレビ!


あと イウ゛インリンスの1970年代後半にでた 今宵楽しく、と ある夜、の二枚が一枚になったCD聴きました。
イバンリンスは、この時代が最高です。まだブラジル録音の頃です。
アメリカ録音で 英語で歌いだしたころも レベルは高いのですが、初期の頃の曲は、はち切れんばかりの ぶっ飛びメロディにコード リズムの多彩さ、圧巻です。
少々素朴で、荒っぽい演奏がまたいいし、音もよし。
で 今日のラストは、テキサス出身の南部野郎クリリネット&サックス奏者の ジミージュフリーの 1959年にだした 7Pieces。ドラムレスで ギターが ジムホール、ベースが レッドミッチェル。珍盤でもあり、名盤でもあると思います。
スインギーな曲もあれば、摩訶不思議な曲もあり、シュールな映画に使われそうな曲もあり、僕には、旬なジャズです。

これ持って スタジオ行って 流しながら ボソボソ ドラム叩いてみよー!


明日は、抜糸 デビューです。
痛いのでしょうか?
少し不安ですが、早く湯船に浸かりたかったので そっちの方が喜び。

おやすみなさい。
[PR]
by to-ru_drum | 2008-08-21 00:44

救急車デビュー

ついに 自分の為に 救急車を呼び 乗り ERに運ばれました。

先週の木曜日 朝のプール帰りに 300メートルは続く 急な坂道で 猛スピードで 自転車かっ飛ばしてて 電信柱に激突!

後頭部打ち 肋骨骨折 足首切り 意識不明。

ここまで 聞くと 皆に 心配かけますが、今 こうやって ブログ書いてるくらいなので 大丈夫です。
やっと 笑い話しにできるかもですが、まだ この先 安心はできません。

激突したあと 頭を地面に打ったので しばらく 不思議な感じでした。
娘がやってるバンド 今日はリハなんだったなとか 、親を思い出したり 昔の光景が 走馬灯のように 駆け巡り、痛いはずなのに ふわふわしてる感じでした。
子供の頃に プールから帰ってきて 畳の上で 扇風機かけながら うとうとしてる、縁側で 風鈴が、チロチロ 白昼夢な、そんな 気持ちでした。
死線さまよってたのかも。
で しばらく 道路のはしっこで 頭かかえて座り込んでたのですが、だんだん これは なんだかやばいぞと。
普通じゃないと。

で 自分で 近所のお寿司屋さんに行き 救急車呼んでくださいと頼んだのでした。

そこで 安心したのか その後のことはあまり覚えてません。

検査の結果 頭は、大丈夫だったようで ひと安心。でも
巨大なたんこぶ 人生一でした。

で 生まれて初めて 傷を縫う よく何針縫った なやつですが、やりました。
最初は、いやドラム叩くので 突っ張ったりしたら嫌なのでなどと言って 抵抗したのですが 先生に説得され しぶしぶ承諾。


で 意識不明と 病院から 家族に伝わったので なかなか 後で話しを聞くと 壮絶だったようです。
まあ 意識不明イコール重体な感じにとらえてしまいますから。
意識はあるけど 頭打ってますというのも 逆にこわいのですが。

で 今日は 事故から5日目で ドラムを叩きにスタジオにいったのですが、大丈夫そうなので ちょっとほっとして こうやって 報告しているのでした。
そう!僕は、不死身だぁー!!
まあ クヨクヨしてても しょうがないので なんとか怪我の功名になるように がんばります。

利点があるとしたら ドラム的には、
力抜いて リラックスして叩ける。
僕は、いつも力入りすぎて 駄目なタイプなので。 肋骨おれたり ヒビ入ってる状態では、経験ある方は わかるでしょうが 力いれれないですから。
げっぷ が痛いぐらいですから。咳き込む くしゃみなん、とんでもない!
寝る時 起きる時 勇気いります。寝返りはありえません。
微動だにしません!

あとは、あんまり 練習できないので たまには、ドラムから離れることが 何か 自分のドラミングに 逆プラスになるかも。

まぁ 回りの先輩などから 徹は、練習しすぎじゃないの?なんて よく言われてましたから・。暗に だから 駄目なんじゃないの、的な意見。

僕は、全く そうは思わないのタイプなので わりと 聞き流してたのですが、
実際 たまに 叩くと 客観的に自分の姿 遊体離脱して みれます。後 周りの音も よく聞こうとする 感じはあります。
練習しすぎると わりと 決めつけて叩いてしまう 変に自分に自信がついて 周りの音 聞かずに独りよがりな演奏になりがちではありますから。

てなふうに 体の不調を 無理やり いいふうに 考えます。
しかし (涙)。

あと人生的には、人の 親切が ありがたい。 感謝の気持ち 思い出しました。特に家族に。

あと、最初に 病院に駆け付けてくれた 姉が 徹!大丈夫!と叫びながら 手を握ってくれたのですが、
その瞬間 なんだか 心底 ホッとしました。

本当に弱ってる時に 手を握られると 安心しますね。スキンシップって すごいなと。

まぁ 自分が 今回してもらったように 誰かが 本当に困っているとき 弱ってる時 僕も自分がされたように 誰かの為に とことんやんないと!


で なぜ 自転車で 電信柱に激突したかなのですが。
これが、 実に哀しい原因なのです。

ここ 何年か、髪の毛のばしてて 普段、ほとんど帽子をかぶって外出してたのですが、それが どうも 最近 僕の髪の毛の量が減っている、禿げ気味の最大要因だと 僕は考えてます。
要するに 頭の中が、帽子かぶることで 蒸れる!
これが良くない!

なので 最近は、髪の毛も短くし あまり 帽子かぶんないようにしてます。

ただ プール帰り あまり 頭ビショビショのまま 街中を 自転車で走るの カッコ悪いなと思い プールの時は、キャップかぶって行ってたのです。

ただ その日 坂道を 滑走してるときに ふと。。。ここからは、エンタの神様の最後に出てくる人風。 やばいやばい 濡れた頭にキャップ 今 頭の上、むちゃくちゃ蒸れてるやん!太陽照りつけてるし、これが 一番 禿げる要因ちゃうん!
あかん!あかん!
脱がんでもいいから、少し ひさしをあげて おでことキヤップの隙間から風いれて 髪の毛 蒸れんようにせな!

でも 待てよ、
この坂道で、この猛スピードで 片手運転 危ないんちゃうん?未だ かつて やったことあらへんで!
うーん、うーん
どないしょぉー?

どちらを選ぶかは、自由だー!!

なんですが、僕は、前者を選んだわけです。

そぅ 老いに抵抗したわけです。
46歳なんだから、少々禿げてきても仕方ないのに、 見た目を大切に いや 大袈裟にいえば 世間体、いやいや もっと大袈裟にいえば 女の子にもてたい!そんな深層心理が゛。 いい歳こいて 情けない!!

まぁ 前日くらいに 娘から、パパ 絶対 禿げないでね!と言われてたりもしたのが、伏線であったのかも。
そんときは、いや!男は、中身だ!なんて、娘には言ってたんですが。
見た目じゃないぞ!
なんてね。

左手 で ひさしを少しあげて 風を髪の毛の中に入れて、
そこまでは、良かったのですが、

そこで 予期せぬ出来事がぁー!!!

なんと キャップが 風に飛ばされて 脱げてしまったのですぅー!

わぉー!脱げてもた! ひらいに行かなぁ!
とりあえず ブレーキかけて 自転車止めて。

なんて 流暢な事 考え、ブレーキかけなたのですが なんしか 猛スピードで急な坂道、
見事に自転車横滑り で 自分でも かつて味わったことのない スピードで何かにぶつかる!

電信柱そこにありー!!
てな 話しです。

悲しい、哀しい話しでしょぉ? 惨め。

皆さん 男は、ルックスなんか気にしてはいけません。
老いも受け入れましょう!
一度 決めた事は、貫きましょう!
キャップは 深く被るなら かぶる!そのまま いじんない!
嫌なら、最初から被るな!キヤップ!
[PR]
by to-ru_drum | 2008-08-18 19:19

Gラブ

今日 G.Love&special sauceの新譜 スーパーヒーローブラザー聴きました。
やっぱり 好きです。
こんなかんじのバンド やりたい!
と 新譜 聞く度に思いますが。
僕が、ドラムセットに座って 最初にパッと叩くのが、Gラブみたいな リズムです。

今回は、ソウルっぽくて 明るい!アーチーベルみたいな曲もあり キーボードがメンバーにはいってて カラフルなサウンドになりました。
しかし やはり こんなバンド 他にはない。
ビッグストライプスや 近いバンドは ありますが こんなにルーズなのに、グルーヴしてるのは、Gラブだけです。
一枚目から 今まで ワン&オンリーな、サウンドです。継続力、凄い!


で 自宅に帰ってから オリンピック見たあと ジェイムステイラーの1998年の アットザベーコンシアターのライブ観てます。何度も観てます。
ここ最近の 歌ものライブの 僕の指針な演奏です。
クラプトンの スティーブジョーダンも凄いけど 僕は、このスティーブジョーダンが 一番好きかも。

で 僕の部屋には、テレビが二台あるのですが、 もう一台は、なでしこジャパンが 三点目 入れました。よっしゃあ!
わあ 4点目がはいった!どうした!なでしこジャパン ここにきて 強すぎ!!
谷本 えかったよ!
目が 眼力すごい。パッツン パッツンの 笑顔です。

内柴のひょうひょう振りに びっくり。北島の(涙)にもらい泣き。
マイケルフェルプスの アメリカのリレーの大逆転の 雄叫びに 感動。

で もう一台のテレビでは、1997年のジェイムステイラーの アメリカのテレビで放映されたスタジオライブ ライブバイリクエスト ニューヨーク。
観てます。
あぁ 忙しい。

これは、 猟銃自殺した、ドラムのカルロスベガの最後のライブ映像ではないでしょうか。

ジェフポーカロ亡き後の アメリカ西海岸の 大切な歌ものドラマーだったのに。
残念。

しかし ジェイムステイラーのバンドは、いつも 最高です。 ベースは、リースクラーからジミージョンソン。ギターは、マイケルランドゥからボブマン。キーボードは、亡きドングロニックからクリフカーター。コーラスには、ウ゛ァレリーカーターやデビッドラズリー。二人とも 名盤残してる シンガーソングライターです。
パーカッションは、レニーカストロ。
ドラムは、カルロスベガからスティーブジョーダン そして西海岸の巨匠ラスカンケル!そして 現在は、これまた東海岸の巨匠スティーブガッド。
メンバーが いつも最高。
で アメリカのミュージシャンは、ステージ 自分の立ち位置に 絨毯ひきます。靴文化なのかな?落ち着くのでしょう。

池袋に デデスタジオという バークリー帰りのドラマー 吉川くんが経営する レコーディング&リハスタジオがありますが そこが 絨毯 敷いてます。
いいかんじでした。
リラックスできます。

で 今は、ボサノバギターの巨匠 ルイスボンファとマリアトレドの1965年にでた Braziliana 聴いてます。
いいわぁ。
ルイスボンファは、黒いオルフェの作曲した人です。

このアルバムは、どれも 2分から3分の 短い曲が14曲 たったの35分ですが 十分 幸せ。
今から 車飛ばして、葉山か逗子あたりの、海辺の深夜のカフェに 軽く飲みに行きたくなる音楽です。
が、しかしー!そう思っても、家族の手前とか、明日の仕事に差し支えるからとか、 してもいいのに できない やんない 自分が、少し情けない。
イメージや想像で 自由を味わっているのです。
実際は、思い立っても なかなか 行動できない 人生。
うーん。

うーん。

永遠の 僕の 小さな 葛藤です。

でも ボサノバ 聴いてると、なんだか 自由味わえるのです。
たそがれ。あり!

おやすみなさい。
[PR]
by to-ru_drum | 2008-08-13 00:48