<   2008年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

イナラジョーンズ

今、ザバードアンドザビーのボーカル イナラジョージ゛の 2005年にでた ファーストソロアルバム All Rise、聴いてます。

ザバードアンドザビーの 雛型があります。キーボードで グレッグカースティンが参加してますから。

ザバードアンドザビーより、生楽器の割合多いのですが、エレクトロ色もあり、不思議ちゃん感あり。どこか、白昼夢 桃源郷感あり。

イナラジョージ゛は、リトルフィートの ローウェルジョージの娘ですが、 ルーファスウェインライトも ジョーイワーロンカーも ノラジョーンズも ジョニー吉長さんの息子逹にしても、親以上に オールジャンルにまたがって、恐れを知らず ぶっ飛んでます。
ロックも 何気に進化してるんですね。

親の代で、不動のニュアンスに ムード完結してる 世界遺産なのですが、そうではない何か 生まれてくるから 面白い。

で イナラジョージ、歌詞が、 等身大というか 説得力あります。久々に、歌詞に感動です。なかなか、日本人ではない人の歌詞にぐっとくることないのですが。ジョンレノンみたいに大きくはないですが。 リサローウ゛や、トレイシーチャップマン スザンヌェガ、古くは ジャニスイアンな 匂いあります。

8曲目の Pull Things いい曲。
この ギスギスした 最近の世の中、勝ち負け それも お金持ちが勝者で 貧乏が敗者な 感覚。
そんな時代だからこそ そんな風潮に関係なく ロマンチックに生きてやる!
自分のやりたいことしかせず、なおかつ 回りも幸せにする!そんな 奇跡的な人生、難しいけど、僕の目指す道です。
で、そのためには、自分が、本当にロマンチックで ドリーマーでないと 難しいのです。
でも それくらい 突き抜けたい。
が、最近の僕のテーマです。
[PR]
by to-ru_drum | 2008-06-30 01:25

レッドボタン

今 レッドボタンという スウィートギターポップバンド聴いてます。アルバム名は、she's,aboutto crossMyMind。ジャケットが、昔のフランス映画のサントラのように お洒落で、なおかつ デジパックだったんで、内容度外視で かってしまいましたが、
大当たり!

やはり ジャケ買いに 外れはなしです。

初期から中期くらいのビートルズの明るい部分を 、現代によみがえらせた感じ。ありそうで、ここまで清く再現しながら、今時なキャッチーさと、美メロの応酬を持ち合わせたバンドないのでは。ただ、ただハッピー! 少し、モンキーズやラウ゛ィンスプーフルの匂いもあり。リッケンバッカーの音、アコギ 12弦ギター タンバリン コーラスふんだん。逆回転。
バサバサした ドラムの音。

レッドボタンは、セススワスキーとマイクルークバーグの二人組のバンドです。
相当 オタクとみた!

なんしか 全曲 いい曲。僕みたいな ビートルズ大好きおっさんには こたえられまへん。


で、 明日 早起きだから、もう今日は ジャズ聴いて 心 沈めます。
ハーブゲラーの1959年にでた ジプシー。
これは、その当時流行ったブロードウェーミュージカル、ジプシー の曲を録音したものです。

ハンク サド エルウ゛ィン のジョーンズ三兄弟に ベースは、スコットラファロです!
こんな お茶目な曲逹での エルウ゛ィンジョーンズ また よろしいなぁ。

では、 おやすみなさい。
[PR]
by to-ru_drum | 2008-06-29 00:04

ベンズブラザー

今 ベンズブラザーというバンドの 2007年にでた Beta Male Fairytalesというアルバム聴いてます。

ジェームスモリハソン絶賛!との 謳い文句に、即 買い!

相当 いいです。
地味だけど、暖かい アレンジ。飽きが こないかんじ。

曲よし!全曲、シングルできれそう。マルーン5の一枚目くらいの楽曲のレベルの高さです。勿論、僕の好みの範囲での話ですが。で、なにより、声がいい。 ハスキー哀愁系。でも、あんまり濃くない感じが丁度よし。

ベンズブラザーは5人組のバンドですが、作詞 作曲 ボーカルの ジェイミーハートマンの ほぼワンマンバンドです。
レコーディングに、バンドメンバーは、参加してません。
プロデューサーがらみの人脈で。
なんか 寂しい。あまり バンドの意味ないです。それでは。

というか ソロでやるキャラではないからと判断され、バンドを後付けしたのかも。 あるいは、バンドのメンバーの演奏能力が 低くて レコーディングは無理と判断されたのかも。
シビアです。

僕も かつて バンドで デビューした 最初のアルバムで 音を差し替えられた事がありました。一曲ぐらいだった思いましたが。音色が 駄目で、サンプリングの音に。 ショックでした。タイミングは
僕のタイミングでしたが。 自分は 認められてないと、最初の挫折でした。

ドラマーの 最初のレコーディングは、なかなか 厳しいのです。ドンカマとの戦いもありますが、やはり音色。
ライブ慣れしてて、音が アタック重視で、深みがある音出せないんですね。
ジムケルトナーですら、最初の自分のレコーディングした音聴いて 落ち込んだと言ってましたから。つまって聞こえて。

僕は、23歳の時に バンドデビューしました。アフリカという 関西では わりと ブイブイ言わしてた ドロドロのファンクバンドでしたが。キングレコードから アルバム一枚と12インチシングル一枚。全く売れず 解散。

僕が、バンドとしてだした 唯一のメジャーでのアルバムなのに 自分のドラムの音が 嫌いで その後 全く聞いてないし、今では、持ってもいません。

その次に 録音したアルバムが、まあ 仕事でしたが、 ザバブルガムブラザーズの 非難ゴーゴーという その当時 流行っていた、跳ねた感じの GoGoというリズムをパロッたアルバムでした。

で、 これが、ドラムの音が とても良くて、そうすると、同じ点で叩いてても 全然 グルーヴが出てくるんですね。
自分ながら、誇りに思える録音でした。だから 今でも 聞けるし 恥ずかしくありません。

エンジニアが、河部さんというすばらしい人で、 スネアの下に潜って 必死に チューニングしてくれてたの思い出します。本当は、ドラマーが自分で、出来ないと駄目なんですが。下手くそな僕が、音が良いと こんなに、うまく 聞こえるのだと。

音色は、本当に 大切ですね。


で 昨日、ベースのフクシン、ギターのオグラとも 話してたのですが、 僕が、東京にでてくるまえに、大阪や、神戸でやっていたバンド。
大学の部活でやっていたバンド以外では、4つありました。
ロキシー、アフリカ、パーティージョーク、エクスクラメーション。
その四つのバンドの、メンバー全員が、東京で、いまだにプロとして活動しているんです。ボーカルは別として。
だれひとり 脱落することなく。50歳前後なのに。これって奇跡的では!
僕が携わっていた どのバンドの どのメンバーも。
皆 紆余曲折あっただろうに。 音楽が好き!これしかできへんし、これ以外やりたないねん! 皆 そうなんですね。
結局 お金ではなかったし、いい生活をしたいためだけに、生きてるわけでなく。要は、音楽で、人と結び付くしか、生きる方法がなく、自分の演奏で、誰かが幸せそうになってるのが、嬉しく、やりがいを感じ、音楽は、お金をかせぐ手段ではなかったんだと、気付いた人逹です。、相当 回りの人に 迷惑 悲しい思いさせてるはずなんですが、彼女や家族に。浮き沈みありますからね。この仕事は。それぞれのレベルで。

と 思うと その当時 それだけ根性の据わった メンバーと、あの一番大切な時期に知り合えていたから、今の自分が 駄目ながらも この場所にいれるんだと。 出会いに 感謝!

若い頃の、少しのマイナスのトラウマと、その後に、音楽にガツン!とやられ、救われた感じ、やりてぇ!な初期衝動と、 で、最後は、出会いです。
この 3つがないと なかなか やり続けるのは難しいですね。音楽は。


で 今は ウ゛ィニシウス・カントゥリアの新譜 シンハルズ聴いてます。前作同様 マークリボーやブラッドメルドー参加しています。
歌詞は、メロウで、ロマンチック。ドラムセットらしきものはなく、低音は、おそらく スルド的なものを 手で叩き、あとは、シンバル パーカションを多重録音。
リムショッも スネアも タムもない ボサノバ。だから新しいし 原始的。エリカバドゥ的、新しいし センス感じます。

ドラムセットって やっぱり 世界つくりすぎるきらいあります。
その 縛りがまたいいんですが。

明日も また 叩きます。
おやすみなさい。
[PR]
by to-ru_drum | 2008-06-27 00:00

最近グッときたリズム

まずは、The Killsの今年でた三枚目 ミッドナイトブーム。 こんな かっこいい8ビート久しぶりです。
打ち込みと 生ドラム?と、パーカッションいろんな打楽器 ダビング 重ねまくりなのですが。
密室感ありながら、暴力的 チープなのに深い。
印象はシンプル。

バンドは、男女二人組の パンキッシュ ロックンロール!バンドです。
これ僕っぽい!できる!先を越された! こんなバンドやりたい!

まぁ、この気持ちが いつも 僕のやる気の源泉なのですが。

次は、エリカバドゥの新作 New Amerykah part one 4th。
僕が思う ファンク精神満載です。
最初から いききってる リズム。
曲の頭から 終わりまで、 太い 太い グループが 途切れない。

バラードでも 変わりません。

奇妙なリズムトラックです。ヒスノイズが乗りまくった サンプリングビート。でもその ヒスノイズの 大小、途切れ具合が 息みたいで、 グループしてます。
微妙にずれたり リズムのよれてる パーカッションやドラム。
土台は サンプリングのリズムに、 生物の めくりめくる 鳴り物逹。

これからは これですな!
というか これまた 僕が 数年前まで はまっていた世界なのです。
夜な夜な あらゆる音源から サンプリングしまくり、それらを テンポや キー 合わして 曲にする。
ボイス。エスニックなパーカッション。あらゆる音楽を
自分の勘で重ね編集する。大切なのは、グルーヴと、喜びがあること。
そして 常に 裏を行く。裏街道を走るのです。

その当時の 僕の唯一の、メジャー作品が、実はあります。
宣伝しちゃおう!
2003年にでた Hi Hats という 女性二人組のバンドです。自分で言うのもなんですが 今聴いても かっこいい!
生ドラムは 一切叩いてませんが、すべてのサンプリング、リズム、ベース つくりました。
また やろかな!マックでも買って。


つぎは ラカンターズの 新譜 Consolers Of The Lonely!
これは 僕の思う所の ロックの喜びに溢れたリズム満載です。切れ 切れ です・ 音よし!ロックのアルバムではとても大切!
録音のセンスが無いと、どんなにいい演奏してても 伝わらなくなります。特にシンプルな音楽は。

ラストは、 ロジャーマニングの 変名 テクノプロジェクト Malibu の 昨年でた RoboSapiens。
エレポップです。ただ ただ きもちいい、打ち込み テクノ。薄っぺらなようで この域までいくのは、深い 。
で 昨年 一番 感動した 打ち込みサウンドは、 the Bird & the beeでした。
80年代 テクノや打ち込みサウンドをくぐった人なら 皆 グッときたはずです。
こんなに 丁寧に作られて 品がある エレポップは 久しぶりでした。
演奏 一人でやってる グレッグカースティンは、ジョンブライオンの域です。
で どこか 西海岸 ロスな空気感が、 日本やイギリスのバンドには 真似できない 突き抜け感 あります。
虚構なのに 教育されてる感じ。

コーネリアスなら、もっと 湿ってる。

カラカラです。

わぁ 寝なきゃあ!
おやすみなさい。
[PR]
by to-ru_drum | 2008-06-25 01:43

ギタリストのGabor Szabo

の 1971年にでたアルバム ハイコントラスト。聴いてます。
ドラムが、ジムケルトナー わりと こんな ギターインストでの ジムケルトナーは珍しい。2拍 4拍が、常に感じさす フュージョンどらみんぐ!
さすが。音色は、今とは違い軽めですが、タイミングは 重たく、なんせ音符が長い。そして 前につんのめることは 全くなく、ゆったり、堂々としてます。
この 重戦車のようなビートに 繊細なロールや 破壊的なフィル やはり ジムケルトナーは どんなに好きでも 真似 出来ません。

このアルバムには、ジョージベンソンで 有名な ブリージンの オリジナルバージョンがはいってます。
ブリージンって ボビーウーマックの曲なんだったんですね。知りませんでした。

そして このアルバムには 全編 ボビーウーマックが、サイドギターで参加しています。
随所に まさに!なボビーウーマックのカッティング聞けます。
なので このアルバムは 相当 ファンキーで ソウルです。踊れます。

僕は ボビーウーマックの昔も好きなのですが、一番 琴線に触れたのは、1980年代前半の the Poet 3部作でした。
デシタルシンセや エレドラなど 登場して、やや危ない サウンドに なりかけてた時代でしたが、今 聴いても 品があり、曲が粒揃い、いいブラコン!です。
勿論 生ドラムで 主にジェイムスギャドゥスン!!が叩いてます。そして ジェイムスギャドゥスンが、プロデューサーでもあるのです。

僕は ボックスで このボビーウーマックの三枚は持ってます。宝。ブラコン好きな人、是非聞いてみてください。
話が それましたが ガボールスザーボの アルバムの プロデューサーは、さすがの トミーリピューマ!やっぱり 昔から いい仕事してます。
でも トミーリピューマが プロデュースしてる作品の中で、僕が一番好きなのは、やはり 初期のマイケルフランクスです。
そんな風に思っている人たち きっと 一杯いると思います。

フィルラモーンならポールサイモンの時の流れに。。
レニーワーロンカー&ラスタイトルマンならランディニューマンか、リッキーリージョーンズの初期。
ジョンサイモンなら、ザバンドの初期。
ジョンボイドは、ニックドレイク。 ルーアドラーは キャロルキングの 綴れ織り。
アリフマーディンなら 僕的には初期のホール&オーツだったんですが、死ぬ間際で ノラジョーンズで またまた やってくれました。

要は 自分が 好きなアルバムです。

で 今 レイディオヘッドのスタジオライブ MTVでみてて 釘付け。あまりの カッコヨさ。勢いと、ストイックさと 心がある、三位一体? 僕の中の 大切な 3つです。

今日の ラストは クリスコナーの1962年にでた フリースピリッツ。
この時代は ジャズ界は、フリージャズや、ファンキージャズ、世の中は、ビートルズや、リズム&ブルース、ソウルミュージック、が 流行りだした時代。
いよいよ ジャズボーカル受難の時代です。

このアルバムでは クリスコナーは、オーネットコールマンの曲に歌詞 つけて歌ったりして 実験的なことをしていますが、これがまた かっこいい!不協和音と、王道のジャズボーカルが 絶妙な、雰囲気つくってます。
昔の 日本の不条理映画の音楽みたいです。

最近のジャズボーカルは、聴きやすく、ノスタルジックでソフトなものが 多いですが。
ダイアナクラールやノラジョーンズ以降 特に。
僕が大好きな 世界ではありますが、もっと 新しく 斬新な ジャズボーカル 聞きたくもあります。
ジャズ歌手が、最近では、レイディオヘッドの曲とりあげたりしますが、レイディオヘッドぐらいなサウンドの中で、オリジナルの曲で歌うよなアルバム聴きたい!
でも もう それはジャズではないのかも。

最近の ノラジョーンズの 迷走ぶり。映画出たり、パンクバンド組んでみたり、ただ昔懐かしいサウンドのバンド、リトルウィリーズにはいったり。
でも なんだか 気持ちは、わかります。
皆 あの一枚目みたいなアルバム聞きたがってるの 見え見えなんだから。
彼女は 反抗してるのでしょう。
しかし、ノラジョーンズには
最初の感じに戻って来て欲しいな。 かつて ニルソンが ランディニューマンを歌う という名盤を 1970年にだしましたが、
僕の希望は、 ノラジョーンズ、ジェシーハリスを歌う! というアルバム つくってほしい。 同時代の人同士の コラボレーション。 勿論 今まで何曲も、二人はからんでますが、徹底的にやってほしい。音感は、あの一枚目
二枚目な感じで。 プロデューサーは アリフマーディンの息子 ジョーマーディンと、ノラジョーンズの彼氏のリーアレキサンダーできまり。
そう、僕は、見え見えな、おじさん趣味丸出しのファンなのでした。
よろしく よろしく つくづく よろしくです。是非!
おやすみなさい。
[PR]
by to-ru_drum | 2008-06-24 02:13

体調

ここ 一週間 体調崩してました。
いきなり プール行きだし 無理したかも。
風邪ひきました。プールは カルキ 塩素 たっぷりなので 游いだ後は しっかり、うがいしないと 喉やられるみたいです。
また 勉強しました。

今日は 夕方から何もなかったので のんびりしました。
空いた時間があれば ついつい スタジオに 個人練習に行ってしまう僕なのですが、 風邪気味だったこともあり ドラムから 見事な離れた 今晩でした。

プロ野球 テレビでみながら、うたた寝してしまい、 飲んでると あて がほしくなり ブラッと コンビニに歩いていき、風が気持ち良かった! また帰ってきてから ドラマのラストフレンズの最終回を見て 少し(涙)。アメトークをみて 笑って、で さすがに 音楽に触れようと 今は ジョスストーンのライブDVD見てます。

ジョスストーンのバンドのドラマー 巨体の黒人ドラマーが バカテクで ぶっ叩いてます。タイム感も完璧。
でも、僕は 最近 このてのドラマー駄目です。
ステージ映えするし 華やかなんですが、 音色に色気がない、 タイミングに 湿気がない。

メイシーグレイも アースも どうして そういうドラマーで ライブやっちゃうんだろう?
強く叩き過ぎて失われるもの。テクニカルすぎて 無意味なもの。キッチリし過ぎて 匂いが消える事。

これは 自分に対しての 後悔 反省でもあります。
僕は そこそこキッチリしてることは やめられませんが、 テクニカルなこと パワードラマーであることは、あまり興味が無くなりました。
ドラムって 弱く叩くと なかなかいい音します。
素朴なタカトゥンなフィルって 何回やっても 深い。

で 逆説ですが、弱くていい音だすには 実は パワフルに叩けてこそ。
シンプルなドラムを極めるには、本当は 底知れないテクニックがあってこそ。

要は バランスを保つ事なんだなと。

真逆な世界を認めて 好きになれたりすると いいなと。

スレイヤーに血が騒ぎ ノラジョーンズに(涙)すること。

ヨレヨレのユニクロのTシャツで ベンツに乗る。
ビシッとアルマーニのスーツ着て マーチに乗ってる。

どっちも 僕は大好きです。で、しかめっ面では意味ありません。
嘘のない少しの微笑みがあれば、それがいい。それていい。

てな感じで 今晩 見事に音楽から離脱した自分に 許しをこう モードなのでした。

で ジョスストーンは ほんと 観てて 嬉しくなりますね。
ジョスストーンもきっと大好きであろう アレサフランクリン の1971年の キングカーテスバンド従えた お宝ライフ映像゛今観てます。最近 僕が一番 感動したブツです。
アレサフランクリンは ライブで観ると ほんと その凄さ わかります。
マービンゲイも凄いのですが彼は 僕の内面 見てくれよ!目をつむって 歌ってるけど、わかるでしょ、僕の気持ち!な歌。
アレサフランクリンは 観客に 直に目を合わせて歌ってる
個人に対して 歌いながら 実は それが 全体に 同じ 共感感じさせる。
開いてます。
閉じてる自分を音楽で表現して 説得力 共感生む音楽が、僕はすきなのですが、アレサフランクリンぐらい 開いてると 涙します。

ソウルの女王とか言われて 僕もずっーと聞いてきて アルバム何枚も持ってるですが、 このライブ観て やっとわかりました。その凄さが。
寝ます。おやすみなさい。
[PR]
by to-ru_drum | 2008-06-20 02:05

リチャードジュリアン

リチャードジュリアンのライブ 先日 丸の内コットンクラブに見に行って来ました。
こないだも ベンシドランとジョージフェイムの共演ライブ コットンクラブで観たのですが、実にいいライブホールです。
大きさが 丁度いい。
ブルーノートみたいに ガチャガチャしてなくて、 どの席に座っても ミュージシャン達の表情がみてとれて、で 何より他のライブホールと違うのは、 客が 他の客を見て暖かい気持ちになれる おそらく ステージに立っているミュージシャンも 客の表情が見える 見たくなるよな 不思議なオーラ コットンクラブは持ってます。

言葉では 説明しにくいのですが、実際 行くと解ると思います。
一体感あります。
東京の中心なのに 夜はひっそりしてること。
店の内装が 暖かいこと。ホッパーの絵画みたいです。 茶色がたくさんに、緑と赤 少し 黄色。
店員が 感じいいこと。
ブルーノート系と 曼陀羅系は ほんと すばらしい!

あと 飲み物 食べ物 高いのですが とてもちゃんとしていること。

まぁ すばらしい 夜でした。
で リチャードジュリアン 相変わらず 媚びがなく 男気ありました。
ジェシーハリスの曲の方が 僕は好きですが、 ステージでみたいと思わせる 花 があるのは リチャードジュリアンの方です。

で またまた ドラムの DanReiserに やられました。
歌いまくり!ほぼブラシでしたが、 なのに リズム滅茶苦茶タイト、おやっ?っていう瞬間全くなし!
これみよがしな技 いっさいなし!
そして あまりの 曲への 集中力 大正解の解釈 遊び心 ジャズマンの自由に レボンヘルムな歌心、僕は釘付けでした。
で あらためて 思ったのは リズムはタイトであるべきで タイムキープはしっかり、そして ミスは醜いということです。

どんなに ハートがあっても そこは 失ってはいけない! ドラマーの仕事です。
再確認!

で 今 会場で買った リチャードジュリアン本人 持ち込みの メジャーデビュー前の インディーズ ファーストアルバム 2002年にでた Good Life 聴いてます。
ぶれてません。

プロデュースは ブラッドジョーンズ!さずがに しっかりしてます。
少し ポップロックなアレンジもあり。
明るい。
いい曲いっぱい 入ってます。


で 昨日 久々にプールに行って 游いできました。
最近 無性に 体 動かしたいのです。

ブヨブヨした 自分の体が ホント ダサく感じ、醜いと!
ここ数年、男たるもの、見た目より 中身でしょ!
と思っていたのですが、やはり 見かけも大事!
何より 自分が 自分の見かけが嫌いなんだから!
それは 治さないと 精神上 よくないと!

しばらく がんばります。歩く、自転車、泳ぐ、この3つだけですが。ガソリンも高いし。で、 運動すると 素直に 気持ちいいし、前向きになれますね。
そして 水の中は、僕の居場所だと 昨日 潜った瞬間に感じました。
自転車に乗るように 泳ぐ事は とても 自然で 下手になっておらず いつでも 僕の心を無邪気にさせてくれます。
やはり 前世は〓かも。
アメンボくらいだと思いますが。

今日も游いできました。 泳ぐと 今 自分のどこが 悪いのかと 教えてくれます。
膝 肘 腰 背中 心臓?

長時間 泳いでると、 自分が 今 一番 弱ってる場所が、 疲れてきたり 痛み出します。

泳ぎは 体の不調箇所を知らせる、いい警告灯の役目にもなってくれます。

おやすみなさい。
[PR]
by to-ru_drum | 2008-06-11 02:17

きたー!ベニーシングス!

滅茶苦茶 好みな 人 見つけました。
ベニーシングス。 オランダのシンガーソングライターです。
最新アルバム、ベニーアットホーム。基本的には 自宅での録音ですが、生楽器も うまくからんでます。
このかんじは 最近 僕が サウンドに 感動した エリカバドゥに近い。

ベニーシングスは 2005年にでた ライブアルバム アイラブユーで知ったのですが、それは またライブとは思えないような不思議な音質 音場感で マックスウェルや スティーリーダン的でした。

今回のアルバムは マイケルフランクス的な歌いかた、ブラジル色はありませんが。
あと スティーブンビショップに バートバカラックに ポールに プリンスの密室感に、どこまでも ハッピーな フリーキー感に 薬やってるでしょ と言いたくなるよな ぶっ飛んだコード感。
そして、リズムが凄い!
アメリカの ヒップホップのサウンドメーカー達からも 相当リスペクトされてれみたいです。

一昨日 キリンジのライブ見に行ったのですが 彼らもまた 複雑なコードなのに、アバンギャルドにならず、 グルービーなビートに そして どこまでもハッピーな爽快感。オタクで 宅録的で マニアな引用いっぱいあるのに なんだか天然な人柄に感服。
極めると 物真似の寄せ集めでも 美しい!
そこに 人間性の臭みが入れば それはもう立派な1ジヤンルです。
キリンジも ベニーシングスも そんな 凄み感じます。

ホント 最近 僕好みのアルバム 多くて!

で 極めつけは ジェイソンムラーズの新譜!ブルーアイドソウルの最高峰です。
絶対 ライブ行くぞー!

あと やられたのが ザラカンターズの新譜。
勢いが、他のバンドとはこ比べようがありません。ウィザーの新譜ですら、ザラカンターズに比べれば、落ち着いて聞けてしまいます。
最近の イギリス アメリカの ロックな バンドのCD 片っ端しから試聴した日があったのですが、 ザラカンターズを聞いたときに 嫌でも 血和気肉踊る? 別格の音質、スピード感、切羽詰まった感、僕の好きなロックとはこれだと。

さすが ジャックホワイト!ホワイトストライプも原始衝動な凄さありますが、さすが まとめ上手なキャッチー 職人 ブレンダンベンソンと組むと 僕には丁度いい。

で 最近の 僕のテーマは、
絶対 破綻のないメロディーに 凝ったコードに ファンキーだけど ストイックなリズムに 少しエスニックでエレクトニカ、
心は、密閉してて でも愛に溢れ ポールの初期のソロアルバムな手触り、音はデッドだけど 生なパーカッションが変なタイミングで入ってきて、いろんな楽器が、玉手箱のように散りばめられてる。そして トッドラングレン級に マニアックであること。

です。

僕が酔っぱらってきて 支離滅裂になってきました。
わぁ どうでもいいや!

おやすみなはれー!
[PR]
by to-ru_drum | 2008-06-06 02:20

ヤエルナイム

ここ半年 買うCDが 当たりが多く、嬉しい!

今 聴いている ヤエルナイムのファーストアルバムも 実に僕好みでした。
マックのCMで流れてる曲 ニューソウル でブレイクした彼女ですが、他の曲も フレンチで メランコリックで 悲しげで エスニックで たまりません。
しかし 三曲目の ニューソウルは 見事な3分40秒の ポップソングです。
楽器の出し入れ 展開素晴らしく、 喜怒哀楽 すべて 詰め込まれて 感動!

で、
最近 老眼きました。一気に。
今も 目がしんどい。
目つむってると 楽になります。
おじいさんです。
そんな気持ちで おでこ見ると 髪の毛 スカスカです。
そういえば 昨日 散髪したのですが。
僕が 髪に メッシュ入れヨかな!とか 金髪にしよかな!とか言うと マスターが大反対。かつては 徹ちゃんは ミュージシャンなんだから派手な頭しなきゃぁ!てな感じで しきりに 染めよう!メッシュ入れよう!パーマかけよう!
なのに 昨日は
駄目!駄目!もう こんなに細くて 弱いんだから いたわらないと!と 泣き顔で絶叫!染めたりしたら
お店的には 儲かるのに。採算度外視で、人としてマスターは大反対!アシスタントの男の子が シャンプーの時に なんと15分くらい マッサージ。頼んでないのに。

少し 寂しい 老いる自分を 感じる 今日この頃だす。

おやすみなさい。
[PR]
by to-ru_drum | 2008-06-05 20:11

話しの途中でした。

間違って 話しの途中で 送信ボタン押してしまいました。
老眼 太い指 酔い そして携帯で書いているブログということで このような事が起こるのでした。


で、僕は、マヌカッチェには 全くなれませんでした。
彼は 浮遊感のある 宇宙的なドラム叩きますが、僕が同じ事をしても もっとベッタリした 地を這うような 農耕民族だす!なリズムになってしまいます。
ウキウキしたいのですが、 いかんせん 根クラなんでしょうね。僕は。
まあ いいや!


で 今日は 娘の運動会でした。
おそらく 高校の運動会は行かないだろうから 今日が 娘の走る姿を見る最後の運動会です。13回目くらいです。
運動会自体 次 行くのは、 生きていればですが 孫の 保育園か幼稚園の時です。
そう考えると 感慨深いものがありました。

まぁまぁ 皆 大きくなったなぁ が 第一印象です。
保育園 小学校 中学校 ずーと 地元が変わらないので 娘だけではなく 友達が びっくりするぐらい大きくなってて。
皆 あんなに小さかったのに!自宅でやった誕生会や 学校帰りに、娘の友達が僕の家に来て、おやつだしたり、シルバニア!一緒にやったり、子供達が人生ゲームしてたの横で見てた事、銀行やってあげたり。夏の近所の公園のプールの休憩時間、僕の一番好きな瞬間ですが、あっちむいてほい!なんかして大笑いしたこと。 お祭りの時の事。一緒に映画に行ったり。

正直 娘が世界一 大好きで、大切なのですが、 ずーと 一緒に大きくなってきた 娘の友達も
とても大切なのです。

娘も いろいろあるでしょうから その時期、時期で、昔からの友達の悪口言っても、僕は ついつい そんなことないよ!ホントは悪気ないんだから。と 友達のフォローに回ってしまいます。

でも 地元があるっていうのは なんだかいいですね。

みんな 事故にあわないように! 犯罪にあわないように!
つくづく 願います。

おやすみなさい。
[PR]
by to-ru_drum | 2008-06-02 00:39