<   2007年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ブランドロス

今 ブランドロスの新譜 日本でしかリリースされてないらしい パペット聴いてます。
一枚目も良かったけど これも凄く好きです。一人で パットメセニーとリチャードボナをやり 中性的な声で 透明で深遠で アナーキーです。昨年聴いた パットメセニーとブラッドメルドーのアルバム 少しがっかりしました。今は パットメセニーより ブランドロス!僕は。
フリーフォームな曲と 歌ものが とても自然に共存してます。この感じは 最近のミッシェルウンゲンチェロに近いかも。
ドラムは JTルイス。かつては ハービーハンコックのバンドで シモンズ叩いてた人です。あの頃は 僕の中でニューヨークのナウ!なドラマーと言えば スティーウ゛ガッドやリックマロッタではなく ヨギホートン、アントンフィアー、そしてJTルイスでした。
でも スティングのライブのJTルイスは全然良くなかった。 でも ブランドロスでの演奏は好きです。ソリッドで 軽くて アバンギャルドで。普通こういうフリーキーなドラムな人は 密度が濃くて もっとドロドロしちゃうのに、 JTルイスのドラムには 風が常にヒューッと吹いてます。トータスのジョンマッケンタイアーにも似たもの感じます。

ブランドロス聴いてて、僕は 中性的な声が好きなんだなと つくづくおもいます。
男なら、チェットベイカー、ジミースコット、最近なら アントニーアンドザジヨアンソンズ、ジェフハンソン、ルクテンプル。
逆に女性なら 低声の サラボーン、ニーナシモン、ミッシェルウンゲンチェロ。
おそらく人より多いであろう僕の中の 中性的な部分が 関係してるのではと。
僕は 別に男色家ではないのですが どこか しぐさが女々しいのです。ピアノを弾いたり マイクを持つと 基本は 小指が立ちます。うんこ指 たらこ指 つちのこ指 といわれるぐらい太い太い指なんですが。
あと 足は基本的に閉じてます。電車で座ってても 膝そろってしまいます。 カバンは膝の上にちょこんと。たまに 歩いてたり ご飯食べてる時 箸持ってないほうの手が 完璧にペンギンのように 外側にたってたりします。

そうなんです!

基本は、いやーん いやーん なんです。

対外的には 黒や灰色 紺色 青な感じを装っていても、心の中は 本当は 赤 黄色 緑 水色。

僕の部屋に来た人はわかると思いますが、カーテンは黄色、ソファーは赤、あとは緑と茶色。

乙女なんだす!わては。
かつては そういう自分が嫌で 隠してたんですが。もうこの年になれば関係ないわい!

好きなキャラは ガスパード&リサ。可愛い!シャーペンも定規もノート、メモ帳、すべて ガスパード&リサです。
うっふーん ぅっーふーん きゃいーん きゃいーん。

だんだん収拾つかなくなってきたんで このあたりでやめないと。

ここ、二三日、聴いたアルバムは、
ショーンレノンの新譜。メチャ好みだす。メランコリック!
クリススティルスの新譜。フランスでしかでてないみたいです。ファーストは最高!でしたが これも良いです。アーシーからフォーキーになりました。ドラムのマットジョンソン。いいです。マットチェンバレンかと思うほど 完璧に音色と全体の結果 想定してドラム叩けてます。自分と全体を 遊体離脱して 見れてるだな。うらやましい。自分をちゃんとプロデュースできてるドラマーです。

あとは 最近オールマンブラザースにはまってるので シーレベルのベスト盤。高校時代バンドで、コピーしてました。僕はギターでしたが。
ロキシーミュージックの1975年のサイレン。この中の曲も 高校時代コピーしてました。

2003年のボナルーフェスティバルのライブ盤。
昨年でたチョコレートジニアスのブラックヤンキーロック。プロデュースはクレイグストリート。            スモールフェイセズの1996年にでたトリビュートアルバム。でも やっぱり スティーウ゛マリオットじゃないと物足りない!

あと車で 槇原のりゆきのファーマシー。槇原君には、一時、とてもはまりました。とりあえず泣けてくるんです。久しぶりに聴きましたが、でも やっぱりさすがです。日本語っていいな!
で今は ブロッサムディアリーの1959年にでた マイジェントルマンフレンド。ケニーバレルにレイブラウンにエドシグペン、に本人のピアノと歌です。
たまりまへん。
シャンソン、フランス語で歌っている曲が三曲はいってますが、これが はまりまくりです。僕の琴線に。
心は ニューヨークとパリと東京。

幸せ            寝ます。
[PR]
by to-ru_drum | 2007-01-19 02:26

今日はすでに

酔っ払ってます。
ながら リチャードトンプソンの最近 輸入盤で出た 2001年のライブフロムオースティンテキサス観てます。
動きが あまりにブルーススプリングスティーンに似てます。
僕は、ライクーダーとか ソニーランドレスとか このリチャードトンプソンとか 変わったチューニングをして 右手 すべて駆使して 普通じゃないギター弾く人 好きです。でも、でてくる音楽はアーシーで暖かい。デレクトラックスも そうでした。

ここ二日は DVDで、スティーリーダンのメイキングオブ エイジャ。
ザルーツの2004年の ライブDVD.クエストラブかっこいい!ラブラブです。
音響系?の.BOARDS OF CANADAの昨年でた TRANS CANADA HIGHWAY。
ロバートパーマーの1974年のファーストアルバム SNEAKIN SALLY THE ALLEY,ローウェルジョージが からみまくってて まるでリトルフィートかミーターズ!こういうニューオリンズファンク、ロックは 僕には全然古く聞こえません。
アラントゥーサン、リードーシー、ミーターズ。リズムがやっぱり洗練されてる音楽は いつ聴いても新しい!スティーリーダンのエイジャやガウチョ、マディウォーターズ、ナットキングコール、みんな リズムはソリッドでシンプル。そして暖かい。
これは 僕のドラムのテーマです。シンプル ソリッド&タイト でも ハートフル あたたかい。

あとは 死語? ドラムンベースの第一人者 スクエアプッシャーの年末に出た新譜、ハローエブリシング。
エイモスリーの昨年でた二枚目 SUPPLY AND DEMAND, 一枚目もいいけど 僕はこっちが好き。
でも ノラジョーンズにしても エイモスリーにしても みんな どんどん ザバンド化してるよな気がします。

あとは ジェイムステイラーの2002年のオクトーバーロード。スティーウ゛ガッドのブラシは もう誰にも真似できない すごい境地にきてます。
ロジャーマニングJrのTHE LAND OF PURE IMAGINATION。
ずごく 好きなんだけど このての ビートルズやぶらいあんうぃるそん命 的な ひねくれポップの人たちのメロディーって もっと素直にいきつく場所に行ってほしいと いつもおもいます。小田和正ばりに。あたりまえに。そこで そう行かず もっと普通にしてくれれば 伝わるのに!すくなくとも僕には。サウンドが とてつもなくかっこいいのに。惜しい。
そんな中でも 僕的に素直で、好きなのは エミットローズ、エリックカルメン、ドッドラングレン。

で 今から 今日ラスト ジェシーハリスの昨年の頭に出た ミネラル 聴いてから寝ます。
無茶苦茶いいですよ。このアルバム。キーボードトリオ!ベースレス。ラリーゴールディングスのキーボード。ケニーウォルセンのドラム。そして ジェシーハリスのギターと歌。それだけですが とても雄弁で ホーリーです。歌詞は 奥田民夫か 宮沢和史か 阿久悠か、松本隆か!というくらいに バキバキ日本人の僕の琴線震わせてくれます。
僕が 今 一番 やりたいサウンド、歌詞の世界が このアルバムにはあります。
メランコリックで 深々として、アーシーで。どれもが クリスマスソングのようで。 春先の若葉な匂いあり。梅雨のおわりと、海開き前の 短くも人気のない いい感じの海辺。あるいは、狂騒が去った九月の海辺。晩秋の枯葉敷き詰めた公園。でも、まだ数枚が、木にしがみついてて、風に吹かれて、ぎりぎり揺らいでる。15分ぐらい、僕がそこに、ぼっーとしてれる余裕あるなら、 一枚落ちてくる。死んだんだ。でも それを見届けるくらい ゆっくり構えて生きようよ!って ジェシーハリスの音楽は語ります。スローライフの薦め?

最近、寒いですが 空が とても青かったり 富士山がみえたり、夜みる月が とてもおおきかったりで。ちょっと、自然と交信するには いい時期です。
おやすみなさい。
[PR]
by to-ru_drum | 2007-01-13 03:42

オールマン

今 オールマンブラザーズのイートアピーチを聴いてます。
昨年でたデラックスエディションです。 正月期間 暇で下北に 毎日 スタジオに練習しに行ってました。最近は元旦から スタジオ営業してるんですね。一月一日、朝 九時から 叩き初め! 気持ちよかった!
で スタジオの帰りに ほぼ、毎日 下北の服屋に 寄り道してました。バーゲンだったりもしてたんで。あと、去年してたマフラーと帽子と手袋達が、見つかんなくて。で、僕の行くような服屋は ジャムバンドばかり、流れてるんです。グレイトフルデッド、ギャラクティック、オールマン、フィッシユ、新旧とわず。
そんなこともあって 急に昔 アナログ盤で持ってたイートアピーチ聴きたくなって 買いました。

よみがえります!中高校時代。僕的には 中学からシンリジィを追っ掛けてましたが、高校の頃には だんだん 読む雑誌が、ガッツ、ヤングセンス、ミュージックライフや音楽専科から ニューミュージックマガジン、ライトミュージック、ポパイ、創刊したてのキーボードマガジンへと移行してきたました。アコギで アリスやかぐや姫、拓郎、サイモンとガーファンクル、エレキなら、ダウンタウンブギウギバンド、キャロル、イーグルス、ドゥビー、クィーンをコピーしてたのが、高校時代の最初はサザンロックとプログレが旬。 レイナードのフリーバード、、ボストンや初期のジャーニー カンサス、スティクスなどのアメリカンプログレ。キャメルやフォーカスなどの 裏プログレ。日本人なら 外道、クリエイション。それが高校後半は、高中、ナベサダ、ネイティブサン。時代は クロスオーバーとパンクとテクノ。それがナウ!
パンクなら セックスピストルズ ジャム トムロビンソンバンド、ストラングラーズ、ポリス、コステロ。 このあたりをバンドでやってました。
あと ロキシーミュージック。

無茶苦茶です。

見た目は、頭はテクノカットにして、Tシャツはわざと破いて、ピンの一つくらいはつけて、でも、ジーパンはヨーロピアンなサッスーンやマッキンリーなどのスリムタイプ。足元は アメリカンな心忘れず コンバースのバッシュ。

その頃は シンセも好きで、ヤマハのY8?.コルグのMいくつか? ローランドのオルガンとストリングスが両方でるやつ。あと リズムボックス ローランドの808が二台!15万ぐらいしたのに どこにそんなお金があったんだろう!高三で。
オタクです。
で 部屋には なぜかサーフボード。波乗りしたことないのに!
で 風呂場では ビールで頭洗ったり、オキシドールに髪の毛浸けたりして。とりあえず茶髪にしたかった一心で。

アホでした。

と オールマンブラザーズ聴いてると そんな昔話したくなりました。

僕は普段 あまり自分のこと話さず、相手のことばかり根掘り葉掘り聞くタイプらしいので。自分ではあまり意識したことないのですが。人はそういいます。 いいようにいえば 聞き上手。悪く言えば 大阪人の暑苦しい プライベートまで土足で入り込んでくる感じ。

 友達からは このブログで 徹の知らない一面わかっておもしろい!普段、自分のことしゃべんないから、なんて 言ってもらえたりします。だから ついつい いい気になって、僕の昔ばはしや 自慢ぽい話ばかりになってしまってるような。すみません。
あと 基本は酔っ払ってかいてるので 特に後半はほんと すみません!

文章が 時間とともに どんどん 崩れていくのも ぜひ笑ってやってください。

ちなみに 僕の中学時代の自慢のスタイルは 冬はビッグジョンのパンタロン型の伸びるカラージーンズ、夏はサッカー地のぴちぴちのバミューダにハイソックスをソックタッチで、脱ぐときすね毛がいっしょに抜けて痛い。あとはサンバイザー、場合によっては 嘘じゃなく 真っ白なタオルケットのホットパンツ。ヘアバンドもかかせません。
あと ベイシティローラーズ好きだったんで 折り返しがタータンチェックのちんちくりんのズボン。くるぶしは見せます。

いま考えると恐すぎますが その当時 そんな感じでしたよね?
1974 1975年あたりは。

それとも 僕だけ!?

おやすみなさい。
[PR]
by to-ru_drum | 2007-01-11 03:14

正月

正月も ほぼ終わりました。ここ 二、三日 娘が風邪ひいてしまってて、僕もなんだか テンション下がってます。やっぱり 自分も含めて 身近な人が 健康なことが なにより嬉しいことです。
そう考えると 重い病気をかかえた家族がいる人たちの 大変さ おもいます。
今 ジョンハイアットの2005年にでたマスターオブディザイスター聴いてます。この辺りの音は きっと日本人には かっこいい感じじゃないのかな? でも 僕はなんだか こういう アメリカンルーツロックやカントリーが 自然に好きになってしまいます。英語も苦手で 海外旅行にまったく興味ないのに。きっと歌ってる歌詞の匂いが 好きなのかな。
どこかで 実生活では、白人に対しての憧れや 別世界なもの 踏み込めない一線を僕は感じてしまいます。だけど音楽や 文学や 映画で なーんだ!一緒じゃない!と思えるのが好きなんです。恥ずかしいけど、他の国の人とコミュニケートヤッパリしたい。 ここ最近 いとおしいなーと思ってしまってる アメリカの白人の世界は 映画なら サイドウェイ。絵は ここ15年くらい ホッパー。本はレイモンドカーウ゛ァー。
18歳ぐらいの時 サリンジャーのライ麦畑でつかまえてをよんだんですが 引っ繰り返るくらいにおもしろかった記憶があります。しばらくはずーと宙に浮いてるかんじでした。で サリンジャーの他の作品を読むと ちょっと難しいというか ダイナミックに展開しないのに とてもドキドキする。はまりました。あともう少し古いんだけど、フィッツラルド。
サリンジャーを読む前までは
どこかで 文学青年気取りで ヘッセやゲーテ、ヨーロッパがすべて!な感じだったのが サリンジャーで、アメリカ人って 以外と わびさび、何も起こんないのに 心は深々と 落ちていく、それを 楽しむ 大切にする心持ってるんだ!イケイケだけじゃない人いるんだ。 僕と一緒だー!と思えました。
なんだか 自由にしていいんだ!的な 勇気づけを ぼくは サリンジャー フィッツラルドから もらいました。高三から大学一年の頃です。一番ふらふらしてたけど、今から思えば 大切な期間でした。

話が飛びましたが あと今日聴いたのは、マイルスデイビスのウォーキン。あとは、ジュールズシアーのドリームスドントカウント、ジェシーハリスのミネラル、マデリンペルーのハーフザパーフェクトワールド、キャレシコ&アイアンワインのインザレインズ、トータス&ボニープリンスビリーのザブレイブアンドザボルド、これらのアルバムは 昨年の僕の歌もの大好きアルバムです。そしてミッシェルウゲンチェロの2002年のクッキー、インディゴガールズ2004年のオールザットウイレットイン、ビートルズのラブは車に乗ると ずーと聴いてます。リンゴ凄い!こないだ見に行った ザバーウ゛スのスティーウ゛ジョーダンは ほぼリンゴでした。
で今は 今日ラストになるだろう ファイブフォーファイティングのライツ聴いてます。ダニエルパウダーも大好きですが これも素晴らしい!ファイブフォーファイティングは JOHNONDRASIKという ピアノ弾き語りシンガーソングライターの一人バンドの別名です。なんしか!大阪弁、曲がいいから皆さん聞いてみてください。甘甘かもしれませんが、僕は好き好きです。
わー幸せ。           もう少し飲んで ねーます。おやすみなさい。
[PR]
by to-ru_drum | 2007-01-07 02:55

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます!昨年はありがとうございました。今年もよろしくお願いします!

と 誰がこのブログを読んでくれてるかは、わかんないのですが。でも、きっと お世話になった人ばかりだと思います。

年末は 30日に 最後の 飲み会があり その日は何の失敗もなく 自宅にもどってきました。

正月は 嫁さんの大阪の城東区の実家に帰ることがおおいのですが、今年は東京で過ごしてます。のんびりしてます。嫁さんの実家は 質屋、レンタル業、コインランドリー、なんたら金融など、を営んでます。家の中では お金の話が 当たり前のように飛びかいます。あれ いくらやと思う?これ、いくらで買ったと思う?最初は、抵抗ありましたが、よくよく考えてみると、仕事柄、当たり前なんです。最初 嫁さんのお父さんに会った時は 紫のスーツに 真っ赤な花柄のネクタイに サングラス だったんで 少し びびりました。ほぼ そっちの世界の人に。
でも 本当は、とても かわいい人で やり手で そして人生楽しんでます。 北新地のクラブ 京都の芸者遊び。 ゴルフ、家の中にバーがあって、凄いスピード、勢いで酒を飲みます。車を運転する時は 常に ノーズトゥーテイル! 5センチぐらいしかあいてないんじゃないかと。 でも アコーディオン弾いてます。
とりあえず 僕の家とは正反対。ぼくの育った環境は 普通のサラリーマン家庭。父も母も、酒は飲まないし、車は無い。酒は クリスマスの赤玉ポートワインと 正月のおとそのみ。それ以外は 一切なし! 父の趣味は 花いじりと 昆虫採集。夜は 帰ってきたら ご飯食べて 風呂はいって すぐに寝る。そして 毎日 本当に 毎日 春夏秋冬 朝 5時前には起きて 庭にでて、花の水やり。そして 会社には誰よりも早く行く。ラッシュが嫌だったみたいですが。で 風邪をひいたことが 一度もない! 会社休んだのは 盲腸の時のみという おそるべし 大正の人。飲み会は 絶対 行かない。友達が 家に来たことは 一度もない。付き合い 一切なし。生前 自分は 人間嫌いで 虫が友人だと 言ってました。他人から見れば、超変人なんだろうけど 僕達 家族にとっては 超聖人でした。と 少しおのろけ?

僕は、四人兄弟で、上の姉は高校と大学が 私立の音楽学校、兄が私立高校、僕が中高大10年間私立学校。下の姉のみ 中高大ずっと国立。偉い!親孝行!
本当に ただのサラリーマンだったから、きっと お金、厳しかったったと思います。でも 一度たりと お金がないから的な 話は親から聞いたことがありません。
母は 専業主婦だったので 父は たいへんだったと思います。
父母は、自分達の洋服を買ったことほとんど無かったように思います。でも 随所に 貧しさは でてしまうもので 外食は一年に 一回あるかないか。僕の服は 全部お古。四人とも 制服はテカテカ。ちんちくりん。つぎはぎ 直しは当たり前。子供心に セーターの肘の部分が いつも穴 空いてしまい そこに違う生地を丸く あてがわれるのが 恥ずかしかったの覚えてます。僕なりに、片方だけだと いかにもだから、両方にして!とか、次は四角くしてとか、皮にしてとか言ってました。今なら 逆にお洒落なんだけど。
靴下も穴空いたら つぎはぎ!かかと 指先 ゴワゴワしてて気持ち悪かったな。
どんどん 思い出してきた。
弁当は 本当に 日の丸弁当。それに キャベツ炒めがついてるんだけど。 学校に着いてそれが 見事に 半分に寄っている。  いつも 昼休み 弁当箱のフタ開けるの恐かった。手と体で 隠しながら食べてました。
今でも 東京に住んでいる下の姉と こんな話で 泣き笑いで 盛り上がります。
だいこんの葉っぱ、卵掛けご飯、お味噌汁かけご飯、 バターはありえなくて 生協のマーガリン。
でも今となっては 親になった今となっては そんな思い出は 嬉しい思い出です。感謝の気持ちでいっぱいです。
正月と いえば お年玉ですが 父はずーと 末っ子の僕が大学四年になるまで 必ず僕達にくれてました。 後から聞いた話ですが 僕達のがっかりする顔みたくなくて サラ金に借り手までして、お年玉作ってくれてたみたいです。そういう欲しがる匂いだす自分達も情けなく思いますが、無理してくれた父に涙。

と 正月から しんみりしてしまいましたが 言いたかったのは 僕の実家と 嫁さんの実家との あまりのギャップです。

真逆です。 マーガリンはありえないし コーヒーは豆から。元旦の夜は、毎年、松阪牛食い切れないほどの、すき焼き。デパ地下の惣菜当たり前。

うーん! でも、どっちもすばらしい! ありです。環境の違いは しょうがない。
今年 亡くなった丹波哲郎さんが言ってました。人生の最大の苦行は結婚だ。嫁さんほど 自分と 正反対な人はいない。そんな 天敵と一生 一緒に 別れずに生きる人が、我慢した人こそが 頑張った人こそが 天国に行ける的な話をしてました。
極端だけど 確かに、とも 思います。
 神様が巡りあわせてくれた 世界一大好きな人!って言って結婚しても、そもそも バリバリの他人だったんです。とても嫌なくせ 許せない発言 態度。一緒に住んでたら わんさか出て来ます。よね?
それでも 続けるのか やめるのか。これも、また どっちもいいと思います。
僕も この先わかりませんが。でも なんとか 結婚して19回め 知り合ってからは26回めの正月です。
おりゃあ!また一年!

で 昨日 今日 聞いてたアルバムは マイルスデイビスのディグ。アートブレイキーは原始衝動的な勢い感じます。ホワイトストライプスのジャックホワイトが ブレンダベンソンと組んだバンド THE RACONTEURS。少し柔らかい。バッドリードロウンボーイズの新譜。アルグリーンのベスト。ビートルズのラバーソウルを 曲順どおりにカバーしたTHE MUSIC COMPANYの ラバーソウルジャズ。ハルブレイン叩いてます。小粋。ジョージデュークの1980年の ブラジリアンラブアフェアー。僕のラテンの入り口はこのあたりです。歌ものの曲が どれも素晴らしい!槇原のりゆきの1990年の 君が笑うとき。最近でた ニールヤングとクレイジーホースの1970年のライブアットザフィルモアイースト。一杯 ヒント、感じます。イギリスの女性シンガーソングライター、ケイティータンストールのデビュー盤 アイトゥザテレスコープ。最初は また シェリルクロウの イギリス版 二番煎かと思いましたが 三曲目から引き込まれました。陰りがあって い
い感じです。で 今は ボブディランの1974年の BLOOD ON THE TRACKS聴いてます。
では 寝よかな。また 一年 このプログよろしくです。
[PR]
by to-ru_drum | 2007-01-03 03:09