Gラブ

今日 G.Love&special sauceの新譜 スーパーヒーローブラザー聴きました。
やっぱり 好きです。
こんなかんじのバンド やりたい!
と 新譜 聞く度に思いますが。
僕が、ドラムセットに座って 最初にパッと叩くのが、Gラブみたいな リズムです。

今回は、ソウルっぽくて 明るい!アーチーベルみたいな曲もあり キーボードがメンバーにはいってて カラフルなサウンドになりました。
しかし やはり こんなバンド 他にはない。
ビッグストライプスや 近いバンドは ありますが こんなにルーズなのに、グルーヴしてるのは、Gラブだけです。
一枚目から 今まで ワン&オンリーな、サウンドです。継続力、凄い!


で 自宅に帰ってから オリンピック見たあと ジェイムステイラーの1998年の アットザベーコンシアターのライブ観てます。何度も観てます。
ここ最近の 歌ものライブの 僕の指針な演奏です。
クラプトンの スティーブジョーダンも凄いけど 僕は、このスティーブジョーダンが 一番好きかも。

で 僕の部屋には、テレビが二台あるのですが、 もう一台は、なでしこジャパンが 三点目 入れました。よっしゃあ!
わあ 4点目がはいった!どうした!なでしこジャパン ここにきて 強すぎ!!
谷本 えかったよ!
目が 眼力すごい。パッツン パッツンの 笑顔です。

内柴のひょうひょう振りに びっくり。北島の(涙)にもらい泣き。
マイケルフェルプスの アメリカのリレーの大逆転の 雄叫びに 感動。

で もう一台のテレビでは、1997年のジェイムステイラーの アメリカのテレビで放映されたスタジオライブ ライブバイリクエスト ニューヨーク。
観てます。
あぁ 忙しい。

これは、 猟銃自殺した、ドラムのカルロスベガの最後のライブ映像ではないでしょうか。

ジェフポーカロ亡き後の アメリカ西海岸の 大切な歌ものドラマーだったのに。
残念。

しかし ジェイムステイラーのバンドは、いつも 最高です。 ベースは、リースクラーからジミージョンソン。ギターは、マイケルランドゥからボブマン。キーボードは、亡きドングロニックからクリフカーター。コーラスには、ウ゛ァレリーカーターやデビッドラズリー。二人とも 名盤残してる シンガーソングライターです。
パーカッションは、レニーカストロ。
ドラムは、カルロスベガからスティーブジョーダン そして西海岸の巨匠ラスカンケル!そして 現在は、これまた東海岸の巨匠スティーブガッド。
メンバーが いつも最高。
で アメリカのミュージシャンは、ステージ 自分の立ち位置に 絨毯ひきます。靴文化なのかな?落ち着くのでしょう。

池袋に デデスタジオという バークリー帰りのドラマー 吉川くんが経営する レコーディング&リハスタジオがありますが そこが 絨毯 敷いてます。
いいかんじでした。
リラックスできます。

で 今は、ボサノバギターの巨匠 ルイスボンファとマリアトレドの1965年にでた Braziliana 聴いてます。
いいわぁ。
ルイスボンファは、黒いオルフェの作曲した人です。

このアルバムは、どれも 2分から3分の 短い曲が14曲 たったの35分ですが 十分 幸せ。
今から 車飛ばして、葉山か逗子あたりの、海辺の深夜のカフェに 軽く飲みに行きたくなる音楽です。
が、しかしー!そう思っても、家族の手前とか、明日の仕事に差し支えるからとか、 してもいいのに できない やんない 自分が、少し情けない。
イメージや想像で 自由を味わっているのです。
実際は、思い立っても なかなか 行動できない 人生。
うーん。

うーん。

永遠の 僕の 小さな 葛藤です。

でも ボサノバ 聴いてると、なんだか 自由味わえるのです。
たそがれ。あり!

おやすみなさい。
[PR]
by to-ru_drum | 2008-08-13 00:48


<< 救急車デビュー 今日は >>