正月スタジオにて

c0088941_459525.jpg

今年は、正に 寝正月でした。

朝方寝て 昼過ぎに起きて、夕方まで 音楽聞いたり コピーしたり、夜は、ドラムの練習行き、また 11時くらいから 朝まで 音楽聞いたり テレビみたり、曲のコピーしたり。

家族が 家にいなくて、仕事がないと 駄目ですね。
あっという間に 昼夜 逆転します。

おかげで、ブクブク太ってしまい、明日から ウォーキング 実施! 予定?です。

写真は、4日から空いた 下北沢屋根裏スタジオの 個人リハーサル時の写真。
この日は、まずは、マイルスのカインド・オブ・ブルーに合わせて 練習。

うーん、落ち着きます。

このアルバムは、なんでしょう。
クール。はしゃがない。
ジャズですが、僕には テクノのようでもあり、ミニマルミュージックでもあり、素晴らしいウタモノでもあり。

カインド・オブ・ブルーが持つ、世界観、ミュージシャンの演奏姿勢、僕が やはり 最後に戻りたい場所なのかも。。

Blue in Green に なると いつも スティック置いて じっと 耳すまして ただ ただ 音を 聞きたくなります。

こんな中で 自分は、どんな音を出すのか!?

音色が いかに 大切か。
隙間が 空間の息づかいが いかに 必要か 大切か。
で、自分が、何故 こういうのが 好きなのか。

寂しくて 少し 消え入りそうで。


次曲 All Blues!

ただ、ただ、気持ちいい。
永遠に続け 三拍子!


そして またまた 出ました!

Flamenco Sketches の 津々たる 美しさ。。

ここで また 僕は スティック スネアに置き 正座もので 聞き惚れてしまいます。


そんな 2013年 1月4日の 下北のスタジオでした。

今年は、高尾山のスタジオにて、恒例のドラム合宿できず。宿泊満杯で。残念。。

なので 近場のスタジオにての、音楽漬けでした。

元旦から 三日までは 若林カフェシャンディスタジオにて。

ミーターズに燃えあがり? ミッシェル・ンゲェンチェロの ジョー・ヘンリー プロデュースの 2011年作品 Weatherに 好きな音感と納得。

MayerHawthormeの ソウルお宅度に 共感!

Susan Tedeschiに 惚れ惚れし。

Trashcan Sinatras 大好き!

須藤薫さんの あの時代の 松任谷正隆 杉真理さんタッグの作品群の完成度に 感激!


そんな 正月でした。


あとは、スポーツですね!

高校ラグビーに 高校サッカーに 釘付け!

一昨日は、僕の母校 関学と オービックとの アメフトの日本一決定戦 ライスボウルに 一喜一憂。
凄い試合でした。

関学ファイターズは、甲子園ボウルも 法政大学と凄い試合しましたが、いつも ドキドキさせてくれます。

テレビで ファイターズの試合観ていると 実は 僕も 五年間は、ファイターズの一員だったんだなと、不思議な気持ちになります。

あんなに アメフト漬けだったのに なんだか 夢の世界みたいに 感じます。

多分 僕は 東京に出てきた時、いや、就職しないと決めたときから、音楽で生きるな気持ちになった時から、どこか、生まれ変わったかのように生きたかったのかも。

ヘルメットも ジャージも 部屋に飾ってたのに 今はどこにあるんだろう?

中高時代の仲間とは 一切 連絡とらず、というか 大学の音楽仲間とも 積極的には接しないように。。

な 生き方 正直 してきました。

そうしないと、音楽に集中できない気がして。

でも この年、51歳になり、フェイスブックやりはじめたりして、で、 昔の仲間の写真みたりすると。。。

たいした ミュージシャンになれてない無力な自分が、この年で 音楽で生きていける事に 感謝。 ありがたいと 感じだし。。

そう考えると あの時代の仲間が、先輩 後輩 先生 師匠 バイト先の店長 仲間まで。

皆に 会いたくなります。
その人達のおかげで いや、おかげでしかない気がします。


昨年 先輩のドラマー 芳垣さんに言われました。

徹は、愛校精神 全くないからなぁ!って、バッサリ。。

芳垣さんは、本当に日本の誇る トップドラマーになられましたが、とても 昔の仲間の集まり大切にします。

僕も この年になって やっと わかってきましたよ。

芳垣さん。

関学軽音の四年間。

ファイターズの五年間。
僕が、人生で、たった一度の日本一になれた 中3の甲子園ボウル。

何より KGボーイ?死語?だった 10年間。


今だから そろそろ 声を大にして 恥ずかしがらずに 昔のなかまの輪に 飛び込んでいこうかなって 。

ライスボウル見ながら ファイターズの青いジャージ見ながら しんみり 考えた 正月でした。

おやすみなさい。
[PR]
by to-ru_drum | 2013-01-06 04:59


明けまして >>