大阪

c0088941_2142845.jpg

昨晩は 大阪にて ライヴでした。
リラックスしてやりたかったのですが、ビデオ撮りが入っていて やはり緊張しました。
残りますから、音も 絵も。

で セットはこんな感じです。

色が バラバラです。
赤と オレンジと 黒。
最初持ってきた時には 舞台監督、絶句してました。

メーカーも、カノウプスのバスドラ、ヤマハのタム、パールのタム。

スネアは ヤマハにソナーにパールにラディック。

シンバルは、クラッシュは、18インチのパイステ2002に、16インチのイスタンブール。シズルシンバルとして、20インチの古いパイステディキシー。ハットは、16インチのKジィルジャンのボトムに、トップはセイビアンの古いクラッシユ。ここ5年くらい、ライブの時には16インチの大きなハイハットが僕のメインです。
あとは22インチのセイビアンのカチカチなトップ。
巨大で分厚いトップシンバルを 軽いメイプル材質のスティックで、繊細に叩く!が、僕にとっては好きな音になります。

シンバルの音は、アメリカ西海岸の白人ドラマーを意識しています。故カルロス・ベガ、故ジェフ・ポーカロ、ラス・カンケル皆、パイステ系ですね。ドン・ヘンリーモ好き。あとは、ヨーロッパジャズ系列、ECM、あとは、ピーター・アースキンに、アメリカですがCTIレーベルのシンバルの音。
シンバルの音は、録音の仕方によって劇的に変わりますもんね。
エンジニアが大事。

あと、ドラムセットには、タンバリンが2つセットしてあり、カウベルに 鐘が3つに、ウッド・ブロックにウィンド・チャイムに、たまにスネアに鈴を乗せています。スネアを叩くとかすかに鈴の音が聞こえるな感じです。

ヤマハの12インチのスネアには タンバリン付きの木のリムが装着してあり、これは かなりの音量でスネアの音と同時にタンバリンの音がします。
なにしろ 僕は パーッカッションの音が好きなのです。
それも わりとポピュラー音楽で使われるありきたりの音。
エスニックなパーッカッションにはあんまり興味がありません。


てな感じで 財津和男さんのツアー 無事終わりました。
また ブログで 財津さんのことや メンバーのこと書こうと思います。


で、今日は、兵庫県伊丹市、母に会いに行きました。

母は、毎日曜日 午前中は教会に行くので 早く伊丹についた僕は、昼御飯 関西B級グルメ巡りしました。

こういうのが 楽しいのです。

まずは、阪急伊丹駅近所の 餃子の大阪王に。
滅茶苦茶おいしいのです。
メニューはビールと焼き餃子のみ。
カウンター9席の小さな店。
だいたい いつも 行列できています。

あんまり 東京で餃子食べに行かないので 値段の相場はわかりませんが、二人前12個で 480円。安くないですか?働いている人も、超忙しいのに、客に喋りかけるときは、必ず微笑みながら!素晴らしい!作りの微笑みではなく、人が好き!な微笑み。

で、お次は 母の住んでいるマンション近くのたこ焼きやさんへ!
ここも 超美味しい店。
店のつくりは 海の家みたいで 家族経営の地元密着な店。
客も働いている人も みんな知り合いのよう。僕のみ部外者です。
この感じ 自分的には 大好きな設定。
皆のたわいない話 大阪弁で、なんとかちゃんの娘さんのなんとかちゃん、なんとかで、頑張ってるらしいでー!な話し、横で聞いていると、 すごく 僕も幸せになってきます。

何度もこの店、来ていますが 人を悪く言う会話聞いたことないような。

で、常に子供が溢れています。ドヤドヤ、6人くらい小学生くらいの男の子たち、ただいまー!て帰ってきて、何か叫びながら二階に上がっていきました。
あと今日は、マスターのお孫さんかな? 入り口の横で 赤ちゃんが ベビーカーの中で スヤスヤ眠っていました。

あまり値段の話し やらしいのですが、たこ焼き10個で200円。東京ではほとんど たこ焼き食べないので わかりませんが、安くないですか?

伊丹は、物価も安く、人も温かく、本当に住みよい街なのです。

で、母に会い、少し喋り、昼寝しました。
実家というか 母のいる場所、側で、昼寝しているとき、ぼくは、一番リラックスしていると、最近 確信しました。
超 疲れがとれるというか、心身ともに 休まるのです。

皆もそうでないですか?
僕は、マザコンとは程遠い 人間です。たまにしか電話しないし、20代、30代は、殆んど実家には寄り付かない感じでした。まぁ それには理由もあったんですが。
でも やはり、親は子供のことが大好きで、子供も親のことが大切なのです。
そんな二人が一緒にいるんだから いやがおうにも 暖かい気持ちになれますね。
特に 喋っていないときに 感じます。

休まります。

ベランダにでたら、七夕の短冊があり、母がどうも自分で作ったみたいなのですが、そこには願い事の短冊が。僕のことや、姉たちのこと、姪っ子達の出産が無事に!とか、勿論 母のことですから、アフガンに平和を!とか、世界平和!そんな短冊に混じって、
これは意外だったのですが、もういない父の名前を書き、天国から見守っていてね、とか、母の父母や亡くなった母の兄の名前を書き、やはり 私を見守っていてね、とか。

普段は、世界平和!なんて走り回っていて、強そうだけど、違う母の一面が見えた気がして、ホロッとしてしまいました。


で、今は帰りの新幹線です。
後ろに ハマの番長が座っています。
横浜の三浦投手です。

さっき 駅のキオスクで一緒になりましたが、三浦投手、細いイメージありますが、腰というか、おしりのでかいこと、てかいこと!

いゃあ 野球選手やサッカー選手 近くで見るとビックリしますね。
下半身のガッチリさ加減に。

し、しかし、
そろそろ寝たいので座席を倒したいのですが、なんだか言いづらい。
うーん。有名人には、弱い僕なのです。
[PR]
by to-ru_drum | 2010-07-11 21:42


<< なんだか 佐世保 >>